ホーム > 裁判と事例 > 対策


裁判と事例メニュー

[集団ストーカーの対策]

 万が一、集団ストーカーを受けた場合の対策一覧です。なお、某宗教学会員によると、対策は「耐
 えるしかない」ということらしいですが、多くの被害者からの情報を元に有効的な対策を示します。

 なお、「やられた加害をやり返す」ことは対策としてあまりお勧めしません。相手が少数の場合は
 その場での一時的な効果がありますが、多数の場合は集団(全体)の意見を持ってターゲットを精
 神疾患の疑いがあると主張し、精神鑑定を経て統合失調症を仕立て上げる例が存在するからです。

 なお、この手法によって物理的な被害(殴られる、突かれる、刺される)を受けることは極めて少
 数で、ほとんど皆無と考えてください。仄めかしを聞かない限りは、普通に生活が可能です。ただ
 し政治が絡む案件のみ、何らかの策略によって逮捕されたり、訴訟を起こされたりすることがあり
 ます。

初期段階

 加害が存在しない初期段階(具体的には尾行、待ち伏せ等の行為のみ)での対策は、基本的には早
 めに察知することです。ターゲットは誰であれ手法は同じなのです。この段階では、まだ集団スト
 ーカーという認識を持てません。このような段階では探偵等に調査を依頼することをお勧めします。
 電話でのやり取りは相手に気付かれるため、依頼は電子メールやFAXにしましょう。また、依頼
 は身内にも内緒で実施しましょう。

 1.尾行対策
   カルト学生を利用した尾行があります。ターゲットをあだ名で呼ぶ事象が発生したら、要注意
   です。また、通勤経路を変更したり、夜間静かな公園を経由して帰宅するなどしてみます。本
   来人がいない場所に人が多くいるような状況があれば、要注意です。

 2.待ち伏せ対策
   店員が関与しない店舗型ストーカーが発生します。様々な店で以下のような状況が発生したら
   要注意です。
   ・ガラガラの飲食店に行くと、次から次へと客(工作員)が入ってくる現象
   ・混雑している飲食店に行くと、食べている途中に客(工作員)が一斉に帰る現象
   ・監視視線を気にして、隣の客をジロジロと見ると、隣の客が「もうばれたかもしれない」等
    とヒソヒソ話をする現象

中期段階

 加害がハッキリしてきた中期段階(仄めかし、ノイズキャンペーン等の実施)での対策を以下に記
 します。集団ストーカーに強い探偵等に調査を依頼することをお勧めします。電話でのやり取りは
 相手に気付かれるため、依頼は電子メールやFAXにしましょう。また、依頼は身内にも内緒で実
 施しましょう。

 1.集団ストーカー事前啓蒙
   いよいよ加害が本格的になりそうな雰囲気が出てきた場合、事前に本HPのような現象が存在
   することをさりげなく話題にし、予防線を張りましょう。

 2.撮影、録音(ビデオ、写真、音声)
   加害行為の記録を撮ります。以下の妨害はあるかもしれませんが、加害者側のパターンなので
   気にしないようにしましょう。

   列車内で撮影した場合:
    隣の乗客等、「何してるんだ!」と叫ぶ人が出てくる。

   道路で撮影した場合:
    後に「盗撮情報は消さなければいけない」と仄めかす集団が百人ほど湧いて出てくる。

 3.攻撃のカウントを取る。
   社内モビング等、集計を取りやすい場所では、アンカリング、ノイズキャンペーン、仄めかし
   種別にカウントを取り、1日の攻撃数を集計しましょう。

 4.加害者の隣で「専門用語」をつぶやく
   ・尾行者に対しては、「1日7千円貰って人を尾行する人間の屑」と言う。
   ・待伏者に対しては、「宗教学会は、女性に対して集団ストーカーする変態」と言う。
   ・アンカリング、ストリートシアター行為に対しては、「ストリートシアターだ!」と言う。
   いくら集団ストーカー請負組織を攻撃しても、組織が巨大すぎて一被害者には到底立ちうちで
   きません。末端の工作員を攻撃するのが最適です。彼らの隣で「彼らの行為が如何に人間とし
   て恥ずかしい行為であるかを指摘する」ような独り言を言いましょう。尾行、待伏者は大抵一
   人では何もできない臆病者です。

 5.外出時は常時ヘッドフォンをして音楽を聴く
   仄めかしが実施される場合、ヘッドフォンをして音楽を聴くのが最適です。可能であれば、少
   々高価なノイズキャンセリングヘッドフォンを利用し、周囲の雑音を遮断するのが良いでしょ
   う。工作員の仄めかしは、以前仄めかしていた内容が「簡単に変遷」するほど意味のないもの
   です。ターゲットに興味を持たせるか、気を引かせたかを確認する仄めかしも含まれます。そ
   れで注意を引けたかどうかを確認し、思考盗聴なる技術を用いて次なる仄めかしが実施される
   のです。

 6.耳にパチンコ玉を入れる
   パチンコ玉を強く耳につめると耳の穴がふさがれるため、比較的dB(騒音値)の大きい隣の
   人の話し声や生活に必要な音は拾え、dBの小さな工作員のいやらしい仄めかしやかすかな音
   は聞こえなくなります。(耳栓と同じ効果があります。金属はスポンジより音を通さない物質
   なので有効です)

 7.仄めかしには反応しない、もしくは仄めかしの逆を取る。
   仄めかしをそのまま聞いていると、マインドコントロールされてしまいます。仄めかしが実施
   された場合、その逆の思想を取る位の気持ちで行動し、仄めかし内容は一切排除して生活しま
   しょう。集団ストーカーを実施すれば、首謀者、請負側の意図とは逆の行動が取られてしまう
   仕組みを構築することが被害者の防衛策です。そしてその集大成こそが、集団ストーカーシス
   テム崩壊への道なのです。

 8.引っ越し
   よく言われるのですが、引っ越しをして集団ストーカー被害が軽減されることはありません。
   具体的な対策にはならないのですが、もし引っ越しする場合は近隣に挨拶する際、事前に集団
   ストーカーのような被害が存在し、そのような加害依頼が来た場合はすぐに連絡くれるように
   要請することが被害軽減につながる可能性はあります。

 9.警察に相談
   警察に相談する場合、「集団ストーカーを受けている」とは決して言ってはいけません。あく
   まで「日常生活において支障をきたすような付きまといがあり、毎日不安で仕方がない」とい
   う趣旨で相談することにしましょう。

 10.自分だけの被害と思わない
   この手法は、日本全国津々浦々で起きている犯罪です。犯罪である根拠は、「集団ストーカー
   の関係法律」を参照ください。手法は確立されているのです。次にくる攻撃を予想することも
   対策の一つとなります。

後期段階

 集団ストーカーは、偶然を装ってねずみ講のように加害者が増えていく仕組みになります。この段
 階になると、カルト工作員を超えて一般人の利用が増えていきます。加害が大規模になった場合、
 もしくは加害者側が手を引きそうな段階での対策を以下に記します。
 (言い訳ストーカーを含んだ対策です)

 1.集団ストーカーの首謀者、請負団体とは一生涯関わらない意思を持つ。
   表題の通りです。首謀者はカルトに堕ちた人間です。公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行
   為等の防止に関する条例に違反する行為の連続実施に何の価値もありません。ちなみに社内モ
   ビングに至っては、刑法、民法違反行為です。このような組織に未来はありません。

 2.ターゲットからは首謀者、請負団体に歩み寄らないよう心掛ける。
   集団ストーカーは、ターゲットに「首謀者の元へ来させる」目的もあります。そして、継続的
   な嫌がらせを実施(依頼)し、ターゲットが精神的に嫌になることで事実上の面会行為を強要
   する行為があります。このためには未成年をも利用します。これに対抗するには、「刑法、民
   法、条例に違反した者は、相当の償いをすべきで、ターゲットは決して戻ってこない」という
   ような意思を持つことです。

 3.被害にならない(被害感を持たない)ような鉄の意思を持つ。
   集団ストーカーは、ターゲットに「社会的拒絶」「脳の錯覚」を引き起こすことが必要な工作
   というのが彼らの主張です。しかし、「ターゲットに被害を刷り込めなければ、集団ストーカ
   ーは失敗」になります。自ら失敗例を作りあげる鉄の意志を持つことが対策になります。仄め
   かしは釣りであり、いかにも世界が変化するという内容も含まれますが、一切何も変わりませ
   ん。

 4.HP等を作成し、被害状況(公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関す
   る条例に違反する行為の連続実施)を実名で掲載する。
   集団ストーカーはすでに認知されてきました。以前の被害者は、プロバイダ等から消されない
   ように会社名を伏してHPに記載していました。そのためよく理解できない文章がダラダラと
   続き、曖昧な被害状況でした。しかしここ最近では、実名暴露が主たる流行になっています。

   例えば以下のような例が好ましいです。
   「@き家豊洲店の陳という中国人店員が、注文するなりコップをガチャガチャ鳴らしはじめ、
   録音機を作動させようとしたタイミングで、『とるならとれよ!』と店で大声で叫んだ」

   「豊洲のつけ麺屋@とうにいる店員が、飲食している最中に何らかの暴言的な発言をしていた」

   これら事象のみを記載してください。そしてこれら「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行
      為等の防止に関する条例」第5条2(東京都の場合)の違反行為が連続で発生した事実を補足
   しましょう。あくまで「条例違反の連続実施における一」として記載し、間違っても「カルト
   と関係している集団ストーカー」等と書きこんではいけません。店舗が関与する店舗型ストー
   カーの場合、企業系列での伝播のためにこれは事実ではないので名誉棄損にあたります。店と
   してもカルトとは関係したくないのですが、何らかの事情があります。地名を記載しない集団
   ストーカー被害のHP、ブログを作成してもまったく意味がなく、効果もありません。むしろ、
   偽被害者のHPと判断されてしまい、逆効果となります。

 5.手口を実名で公開する。
   被害報告から一歩進んで、集団ストーカーの手口を公開することが被害縮小への第一歩です。

 6.一人になっても情報を発信できるか。
   一人になって孤立したとしても、質の高い情報を発信できるかがカギです。相手は社会システ
   ムを自称した巨大集合体です。可能な限りターゲットを孤立させ、評判を落とすような行為を
   実施します(実際は良い人であってもわざと悪いように仕立てあげるケースもありますが)。
   これに立ちうちできるような説得力、状況説明、並びに他事例が必要です。現代社会は高度化
   され、オリジナルの事例というのは少ないです。必ず同様な事例がどこかに隠されています。
   一人だけの被害ではなく、多くの事例を探し出すのも解決のカギとなります。たとえ死刑囚で
   あっても支持者は必ずいます。決して一人ではないのです。

相談窓口

 集団ストーカーの相談窓口を記載します。基本的に解決は難しいです。その理由は「決してターゲ
 ットの言う通りにならないという仕組みを構築する(=解決させない)」のが目的だからです。な
 お「精神病院」が出てきた時点で、解決不能な場所と判断する指標になります。

 1.集団ストーカー被害者の会ネットワーク
   集団ストーカー被害者の会ネットワークによる相談窓口です。

 2.探偵社
   探偵社を雇い調査することは、尾行者の素性を知ることができます。あくまで尾行する相手が
   誰だかわかるのみで、解決自体は困難です(費用は20万円程度かかります)。集団ストーカ
   ー情報が掲載されている探偵社のHPを記します。
   ・ストーカー被害対策相談ネットワーク
   ・SP解決センター
   ・探偵・興信所のT.I.U.総合探偵社
   ・探偵トータルサポート
   ・探偵興信所チェース東京
   ・探偵事務所パーソナルインテイク
   ・総合探偵社(株)MRグループ
   ・ALIVAL探偵社
   ・グローバル探偵事務所
   ・アビリティオフィス
   ・集団ストーカー相談調査センター
   ・ケーシーエム ※ただし精神病院への通院に触れているため、お勧めはしません。
   ※探偵業は集団ストーカーを企画する宗教学会の資本であることが多く、先回り工作されるこ
   とがたびたびあります。
  
   以下は、まったく解決しない業者です。
   ・情報ガード(集団ストーカーを否定しています)
   ・@G探偵(宗教系と思われます)
   ・ガ@エージェンシー(宗教系と思われます。ガスライティングについては言及あり)

   「心の問題」「思い違い」等と言われた際は、宗教系の可能性が高いです。

 3.社内モビング
   労働相談窓口に対応してもらうことで対処が可能です。被害事例はパワーハラスメント等の脅
   迫性の発言、安全義務違反等です。社内モビング(集団ストーカー)は会社の上部が判断して
   実行する組織犯罪で、組織内労働組合に相談したとしてもほとんど役に立たないのが実情です。
   一度このようなことを実行した組織は、それを引きづって運営していくしかなく、数年後には
   再び同じような行為を繰り返します。これを集団ストーカー依存症と呼びます。

 4.弁護士事務所 ※憤慨型は宗教学会員です。
   まず、対応は難しいと考えてください。弁護士事務所に行くと、事務所から咳きこみや棚を叩
   きつけるような騒音が聞こえたりもします。このケースは事前に手まわしされています。この
   時点で被害者は、この事務所での問題解決を諦めることもあります。このような状態では、弁
   護士と面会しても、的外れな回答しかもらえないことが多いです。面会回数を重ねると、異様
   に弁護士が憤慨し、あたかもターゲットが悪人であるかのように振る舞われることが多々あり
   ます(弁護士は本当に怒っていることが多い)。これもパターン化しており、弁護士をも集団
   ストーカー加害に巻き込みます。勿論理由は仕立て上げ、でっち上げの大嘘で、「皆で疎外す
   ることが精神病の治療になる」と言うのが多い報告です。被害者の相談中には隣部屋から何ら
   かの騒音が出ることも多々あります。本人の前(相談中)では決して騒音は出さず、隣部屋、
   通路等で騒音を出すのが特徴です。この手法が最も効果があると加害組織から指導されますが、
   被害者側から見ると、名乗らず加害に加わる弱い組織となり、実際には逆効果となります。
   ※裁判中も騒音が出たことも報告されています。

 5.警察署 ※対応は難しいです。
   詳細は、警察情報(ストーカー関連)を参照してください。一人で相談しに行き、集団ストー
   カー用語を使ったりすると、集団ストーカー被害者をマルセイ(精神に問題がある)と指摘し、
   ほとんど相手にされない相談になることもあります。この場合は警察署も加害に加担すること
   があります。そして本人の前(相談中)では決して騒音は出さず、隣部屋、通路等で騒音を出 
   すのが特徴です。この手法が加害に最も効果があると指導されますが、被害者側から見ると、
   名乗らず加害に加わる弱い組織となり、実際には逆効果となります。相談を受ける一警察官が
   憤慨することはほとんど聞きません。これが弁護士との違いです。

   良くある警察の回答:
   (1)そんなに大勢で付け回すほど、貴方は重要人物なのか?
   (2)精神病院を勧められるパターン

   相談は集団ストーカー用語を使わないことがよい方法だと言えます。

 6.解決困難な相談窓口
   解決困難な相談窓口にご注意ください。過去に一人も解決したという話を聞かない相談窓口は
   多数あります。事実上機能してないのと同じです。「精神の病気であり適切な治療を施してや
   ることこそ正義」と考えている団体は、集団ストーカー加害者団体の一つと判断できます。
   1)NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク
   2)集スト110番
   3)精神病院を薦められる警察署相談等:事前に手回しされています。
   4)集団ストーカーではないストーカー相談窓口(コミュニケーションサイト等)
     ボランティアを装っていますが、宗教学会の工作員が運営していたりします。そこで集団
     ストーカーについての情報を記載すると、鬼の首を取るような反応を示す窓口は宗教が関
     係しています。

   当方は1)2)団体に一切関わったことがないため詳細は理解していないのですが、被害を13
   年も認知していながら集団ストーカー相談窓口と名ばかりで、このような仕掛け、メカニズム、
   方式であることを一切説明せず、一般向けのHPには有用な情報提供をしません。事実上請負
   側の宗教学会に乗っ取られ、被害者を隔離する目的の組織とも言われています。そして当サイ
   トのようなカラクリ/加害メカニズムを説明するサイトが登場すると、小出し小出しに情報を
   出してきます。これが集団ストーカーシステムの特徴なのです。よくある加害例、モデルケー
   スさえありません。見えるのはせいぜい概念や個別啓蒙にすぎません。※会、活動を非難して
   いるわけではありません。そのような傾向があることを説明しています。

   またコミュニケーションサイトで「集団ストーカー撲滅」と唄っている方が、一体どれだけの
   情報を提供していますでしょうか?プロフィールにそう書いてあるだけ。「証拠を出せ、証拠
   を出せ」と煽るだけ。良くてもせいぜい(地名、実名を書かない)被害状況の告知に留まって
   います。ただあるのは、加害に参加しながら宗教とは関わりたくないという、都合のよい「臆
   病者の社会システム」だけです。そしてそれを「社会の目」等表現してごまかしてきました。

   これまで世の中には集団ストーカーなど存在しないことになっていました。有志一同の活動に
   よって警察署への陳情等で認知されてきてはいる状態です。そして最近ようやく「統合失調症」
   は工作であることが認知されてきました。これまで何人もの被害者が、精神科医に「完治まで
   に2年程度の期間が必要である」等と診察されたケースもありましたが、これらは全て仕立て
   上げられたシステムです。何でもストレスのせいにするのが、精神科医を利用した常習工作で
   す。正常な人間が、ある日突然幻聴になるのは何故でしょうか?それも一晩だけでなく、毎晩
   続きます。ネットにアクセスしても、それらしき仄めかしキーワードを刷り込んできます。そ
   れは「その必要があるから」、つまり誘き寄せる目的のストーカー、集団ストーカーなのです。

 ※現在、集団ストーカー.info ならびに集団ストーカー被害者有志一同は、被害者が円滑に被害を
  申告できるような仕組みを構築する予定です。多くの被害者は宗教活動とはまったく無関係で、
  特定宗教学会に攻撃される謂われはありません。この被害を受けたが故に特定宗教学会に反発し
  たり、悪行に気付いたり、首謀者との関係を断絶しただけなのです。「ターゲットの精神病の治
  療」等というのはまったくの嘘であり、首謀者・請負団体側にコンプレックス、妬み、違法性が
  あります。ターゲットの「テクノロジー犯罪である」という思想を、皆で「懐疑心を取るために
  洗脳する」という理由を仕立て上げる傾向があります。

証拠を取ったら……

 証拠を取ったら、それだけでは話になりません。以下のように反論される仕組みになっています。

 「何?ゾロ目ナンバー?そんなのどこにでもいるよ」
 「橙の服を着た人?貴方は周囲の人間が、橙色の服を着てはいけないと言うの?」
 「ノイズキャンペーン?そんなに煩ければもっと静かな場所に行けば?」
 「嫌になるまでやれと言ってた?それは別の人の事じゃないの?」

 証拠映像に映った内容は、普段と変わらない日常内容そのものなのです。しかしターゲットから見
 れば一万回※見た異変(受けた被害)の一つになります。ここで周囲(一般社会)とターゲットと
 の間にギャップが生まれるわけです。そして上記“妄想”が「統合失調症」の症状であるという根
 拠を元に、ターゲットに精神鑑定を受けさせ入院に追い込む手はずになっています。

 大事なのは、これら事象(証拠)と攻撃手法、違法行為を紐づけることです。
 ・脅迫系仄めかしの音声:仄めかし手法(刑法違反、条令違反)
 ・ウインカー攻撃の映像:車両ストーカー手法(道路運送車両法違反)
 ・社内モビングの映像 :仄めかし手法(刑法違反、民法違反)

 そして一番大事なのは「集団ストーカー手法は違法行為そのものであり、これを依頼した者とは生
 涯手を切る」事例を作り、広く周知することです。