ホーム > 活動の現実 > 考え方の違い


活動の現実メニュー

[集団ストーカー手法における、首謀者と請負側、加害者、被害者の考え方の違いについて]

 本項目は、集団ストーカー、特に企業を首謀とした手法についての考察です。

 まず首謀者(依頼組織)側の考えですが、『対象となる人物(従業員)をおとなしくさせよう』と
 いう意図を持っています。首謀者はこの手法の効果を充分知っており、ターゲットが集団ストーカ
 ーについての知識を持ち合わせず、近辺に有力者がいないことを充分確認してから実行するという
 巧妙性があげられます。首謀者は過去にも同行為を依頼した経歴があることが多く、この時点で集
 団ストーカー依存症になっています。つまり、工作実行前には『集団ストーカーで物事が解決でき
 る』または『解決しなければならない』と信じ切っているのです。そして最後まで集団ストーカー
 手法に固執し、その延長線上のみでしか計画を実行しません。

 請負側は、この手法を『商売』にしているため常にターゲットを求めており、嫌がらせを目的とし
 て糧を得る人員を日本全国から集めることができます。特に携帯電話による連絡が容易になった9
 0年代以降はその報告数が増加しています。工作ルートは確立されており、周辺近隣、警察、行政
 を巻き込んだ工作システムが組みあがっています。ボランティア(という言葉を彼らはよく使う)
 と主張する、尾行、待ち伏せ工作員は宗教学会組織に入信している者が多く、参加が義務づけられ
 ているとの報告を受けています。これら多数の工作員でターゲットの周りを取り囲み、この仕立て
 上げられた場を“一般社会”として作り上げるのです。請負側は『集団ストーカーと言う犯罪』を
 全否定し、診断もなしにターゲットが精神病を患っていると定義します。精神病とは、境界型人格
 障害、自己愛性人格障害、回避性人格障害、統合失調質人格障害等があげられます。そして断続的
 な嫌がらせ手法がターゲットの精神病を治療する(注:これを主張するなら、医師でもない人間が
 治療に当たる医師法違反です)のに最適であると主張し、ターゲットがキレたり、怒鳴ったり、苦
 情を申し出るよう促します。実際には周囲は何もしていないという環境を仕立て上げ、ターゲット
 のみが騒ぎ立てるような場を作り上げますが、手法については該当項目を参照下さい。よく「集団
 ストーカーされているというやつは統合失調症だから病院へ行け」等と書き込まれたり、言われた
 りする根拠はここにあります。ただしこのような乱暴な言葉は個別診断を一切せず、請負側の“商
 売”が妨害されること困るので、このように主張しているだけです。このような事を言う工作員は
 宗教学会組織に入信している者が多く、自分の思想(このような行為)が常に正しいと盲信的にな
 っています。まるで集団ストーカー活動が宗教教義のような状況です。

 ※請負側は、ターゲット(の意思とは無関係に、ターゲット)を病人と断定します。特に、『本人
  が気づかない見過ごされた神経症』という病状を仕立てあげるパターンが多く報告されています。
  そして断続的な嫌がらせ手法がターゲットの精神病を治療するのに最適であると主張します。こ
  のHPに記載している情報を『将来の患者(=潜在顧客)に対する「アンカリング(心への反社
  会的意識の植え付け行為)」』と攻撃したりします。具体的に言うと、「一般人が過去の集団ス
  トーカー被害者の証言した『手法の解説』を読んだ時点で、彼らに“マインドコントロール”さ
  れ、同手法による“治療”が効かなくなる(=商売ができなくなる)」と主張するのです。リス
  トラストーカーによって、どう見ても普通の従業員が強制拉致入院させられる現状に対しても、
  請負側は「自分を精神病と認めたくない人の病気は、どんどん進行する」等と主張します。しか
    し本当の治療とは、本人が自分の意思で通院することです。現代医学では『カウンセリング(相
    談援助)』という手法を用います。この“治療”方法は違法そのものなのです。

 ※自称、防犯パトロール組合員を名乗っている加害者側(特に宗教学会工作員)は、この集団スト
  ーカー手法が全能であると(宗教)指導者からマインドコントロールされ、この手法への参加が
  信仰の証のような位置づけになっています。そして出所のわからないデータを用いて、ネット(
  HPやブログ作成者)やゲーム、アニメに熱中してあまり外に出ないような人々に対し、自らの
  視点のみで「精神病である」と断定(※確かに一般的観点からそのようなイメージはありますが、
  アニメ制作業界も某宗教学会を信じる人で占められているのが現状です)し、「我々の仲間に入
  れ」(※筆者はお断ります(笑))という意味のアンカリング行為を連続実行します。ターゲッ
  トが気付かないでいると、工作員がネズミ講のように増えていくのが特徴です。まさしくカルト
  手法です。驚くべきことに、彼らはこのような尾行行為が『治療』であり、集団ストーカーとい
  う視点を変えないと「治らない」と『心から信じている』のです。

 集団ストーカーが社内モビングを超えて屋外型に発展する場合、一般企業の従業員が外部工作員(
 例として、店員や学生等)となり、加害行為に加わることになります。当初は付近の宗教学会員を
 利用しますが、効果がないと一般人の利用が多くなります。この外部工作員達は、そのターゲット
 が誰で、何をしている人なのか、もちろん背景にある状況まで一切知りません。あくまで「今度、
 ある風貌の人(ターゲット)が来たら『ABと言って』『CDをして』」という業務(一般従業員
 は業務命令として実行することが多い)を忠実に実行するのみです。そして、その行為が『ターゲ
 ットを精神病や二重人格にして追いつめる工作』であることも知りません。少々知っていても、「
 (ターゲットが)危ない人だから仕方がない」という言葉の元に覆い隠されます。店舗型ストーカ
 ーの場合、『以前当店でクレームを出した要注意人物』としか処理されず、疑問に思う従業員に対
 して店の経営者は「それでいいの」と一言言うのみです。今でこそおとなしくなりましたが、新聞
 購読を半強制させたり同手法によって顧客を奪う等の行動に出るような請負団体の圧力が怖く、一
 斉に口をつぐむのです。経営者も店をやっていくのには必要な行動と認識しており、個別の加害理
 由に触れたりはしません。つまり小規模店舗は『被害者になることを防ぐために加害者に加担して
 いる』という構造になっています。首謀者側、請負側はこれら一般店舗を利用することにより、自
 らの尾行、待ち伏せがあたかも社会的に認められているような環境を作り出すことが可能で、一種
 のプロパガンダになっています。

 ※一般人工作員、特に個人経営店舗等は独自の組織(コミュニティー)を持っています。そして、
  自らの保身(営業妨害、収入妨害からの防衛)や価値観を第一に考えるため、口をつぐんだり、
  加害(この人々は、治療ではなく加害と認識しています)に加わったりします。このコミュニテ
  ィーは、同じような考えを持つ人々で構成されるコロニー化(悪く言えばカルト化)が短所にな
  ります。ゆえに「皆がやっているから……」という判断で物事が動いたりする傾向は見られます。
  自らの加害行為(集団ストーカー)1件のみで判断し、過去どんな使われ方をし、社会状況的に
  裁判が発生している手法であることを考慮しない(というか、そのような概念を持たない)組織
  です。

 さて、話を首謀者側に戻しますが、彼らは集団ストーカーを『自分を写す鏡』と表現します。鏡と
 は、『ターゲットの思考をターゲットに考えさせる試練』であり、「我々はわざわざ工数をかけて
 ターゲットに“試練を与えてあげた”」と主張するのです。その後の周辺影響や環境(条例で禁止
 されている行為等)の考慮はしません。過去に集団ストーカーを実施して成功したという慢心が首
 謀者の中にあるのです。この慢心は、この嫌がらせ行為自体を『従業員に対するボーナス』等と主
 張したりする例にも見られます。また、ターゲットのみならず協力加害者側も、この集団ストーカ
 ーという『マインドコントロール』によって常識が覆され、いつの間にか首謀者側の不正が消え去
 り、いつの間にかターゲット自身が悪人に仕立て上げられる状況に陥ります。

 ここでターゲットの思想、状況によっていくつかのパターンに分かれます。一つ目はターゲットが
 自身を病気と思いこむ(思いこませられる)パターン、二つ目は自分を見つめ直すパターン、三つ
 目は反抗するパターンです。

 一つ目は、文字通りターゲットが入院する(させられる)ことです。これは、多く首謀者が望む選
 択です。ターゲットが首謀者の指定した病院へ行くと、驚くことに病院側がこの手法に加担するこ
 とも報告されています。そして精神科の医師によって統合失調症と診断され、何らかの投薬治療が
 なされます。あくまで筆者の主観ですが、統合失調症と言っても上記に挙げた病状によって治療方
 法が異なるのではないかと思います。しかし被害者の報告を聞く限り、これら病状種はあまり重要
 視されず、診断書も見せられずに統合失調症治療薬を飲まされるという事例が多々存在します。そ
 して一回限りの入院では終わらせず、断続的な嫌がらせを複数回実施して通院を継続させます。

 二つ目は、ターゲットが退職したり、異動したりすることで、自ら環境を変化させることです。最
 も害がない選択と思われますが、転職しようとすると、ハローワークの場や転職凱旋会社によって
 工作行為が継続されることが多数確認されています。

 三つ目は、徹底的に疑問に思い、戦うことです。「では何故こんなに大量退職したのか?」「こん
 な嫌がらせ手法が社会常識なのか」等、復職のために労働裁判に持ち込んだり、あらゆる疑問を呈
 します。首謀者が最も嫌う選択で、それを防ぐためなら数百、数千、数万の工作員を投入してまで
 もターゲットの周りを取り囲みます。そして、精神工作(追いつめ行為)により、ターゲットが逃
 げ込んだ先まで工作します。逃げ道の一つである弁護士は、請負団体側の圧力を恐れて一斉に口を
 つぐみます。請負側団体から工作を頼まれたら断れないという環境で手を打たれるのも理由ですが、
 自らの保身の目的でこの行為に加担したりもします。誠意ある弁護士は工作にこそ加担しませんが、
 理由を言わずに「この件から降りたい」と申し出ます。

 ここで初めてターゲット側が疑問に思い、最近では本サイトに記載してあるような情報をネットを
 通じて(あくまで)断片的に知ることになります。一つ目は手法についての知識。二つ目は過去の
 被害者についての知識。そして、三つ目は隠ぺい性についての知識です。

 まず一つ目の説明ですが、この手法は尾行、待ち伏せ、仄めかしという、暴力性を含んだ反社会的
 行動であるパワハラ、セクハラ等の嫌がらせによって構成されています。暴力性の根拠は、各都道
 府県が定める『公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(迷惑防止条例)』
 に違反していることであります。県によっては、アンカリングや『集団ストーカー行為によって、
 精神的に弱った者を首謀者の元へ来させる(事実上、強制面会を求める)行為』も禁じています。
 これら条例が何故あるのかと言えば、過去問題になった他ありません。しかし集団ストーカー工作
 員達は、この条例違法行為を“一般大衆”の名の元に、でっちあげられた理由をもって実行します。
 パワーハラスメントが現在刑法、民法に触れる行為であることは社会的に認知されています。

 二つ目ですが、過去様々な集団ストーカーによる工作活動がネット上に掲載されています。このよ
 うな『手法が生んだ影響』が原因となった裁判も多々発生しています。特にリストラストーカーの
 ように、会社買収等において会社が不利に働かないようにする目的での工作が起きていることも指
 摘されています。そして店舗が加担する店舗型ストーカーですが、これも集団ストーカーに協力的
 な組織がはっきりしています。

 三つ目の『マスコミが一切報道しない』という点も大きな特徴の一つです。これまで「マスゴミ」
 と呼ばれ、一般大衆からは異なる視点で報道された内容に反対票を投じる者は多くいました。報道
 各社も自身の番組内で事実上の冤罪を作ってしまった事情から、視聴者等からの意見そのものを番
 組として作り反省する場を設けたり、BROといった放送倫理・人権向上を観点とした活動をされ
 たりしています。これとは別に、『報道しない』ことに疑問を呈する人も多くいます。近年ネット
 の普及とマスコミの利害は反比例することは年々指摘されており、国民が『覆い隠された』社会報
 道の元で生活していること、特に集団ストーカーを請け負う団体、もしくはそれに参加する者が関
 与した行為を意図的に報道しないことは、保守派と呼ばれる人達から指摘をされ続けています。請
 負側は、集団ストーカーの過去を隠すためなら何でも実行してきたのは事実なのです。

 こうしてターゲットは以上三点の視点を持って集団ストーカー手法を捉え、首謀者の意図とは全く
 正反対の考えを持つようになります。ある者は保守派に走り、請負側で名をはせる某宗教学会を反
 対する体制組織に入信したりします。これは何故なのでしょうか。それは被害者が日常の工作活動
 を観察すると、おおよそ一般社会とは異なる「特殊な集団」である工作員から社会常識のなさと胡
 散臭を感じるからです。集団ストーカーは、ある宗教学会に入信している工作員が暗躍していると
 指摘されており、その宗教的なしつこさ、すなわち『カルト』をイメージします。

 従業員工作員、店舗工作員、学生工作員、プロ市民工作員を見ると、集団ストーカー参加の動機が、
 まったく異なり一貫性がなくバラバラです。そんな動機に説得力はまったくないのです。

 「あぁ、カルト!」その情報のみで価値観※が構築されます。一度価値観が決まれば、その視点を
 変えることは困難です。「あぁ、条例違反!」「あぁ、三国人!」「尾行、待ち伏せ、仄めかし!」
 こうなると、条件反射感情が集団ストーカー拒絶を支配し、首謀者、請負側、加害者、被害者全て
 の関係が破たんします。(被害者を破たんさせるのが目的のため、問題ないでしょうが)

 このような被害者が日本に千人(一説によると二万人)程報告されており、現在の『集団ストーカ
 ー』を取り巻く環境になっています。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ※この『価値観』が非常に重要になります。集団ストーカーを企画する専門家は、ターゲットがこ
  の手法に対してどのように反応するか、集団ストーカー実行の初期の段階から判断します。例え
  ば、ターゲットが早々に「胡散臭い」と感じた時点で、この集団ストーカー手法は意味を持たな
  いことがわかります。この時点で首謀者は『言い訳ストーカー』を実施し、ターゲットをごまか
  し、ある意味、加害者に対してもごまかします。そして自ら企画した、『尾行、待ち伏せ、盗聴
  等』を覆い隠すため、ターゲットが悪人であるという理由であればどんなものでも利用し、あり
  とあらゆる手段を講じます。そして、『自らの失敗を認めることができない』集団ストーカー依
  存症に陥ります。このような企業は、自身の業務の一部で不正が発覚して監督団体から是正措置
  を講じるように命じられたケースで、一度組織内部で是正案を作成して提出したが認められず、
  外部のコンサルタント等から是正されないと自らを変革できない旨を指摘された経験を持つ傾向
  があります。

 ※ターゲットは、“もしかしたら”病気なのかもしれません。しかし大抵の場合、それは社会的に
  何の害もなく、その指摘は余計なお世話であることが多いのです。そしてその“病気”は“偶然”
  にも『会社買収』や『不正発覚』等を契機として発病(『本人が気づかない見過ごされた神経症』
  の潜伏期間が長かったらしい)します。何故でしょうか?

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 集団ストーカーとは、尾行、待ち伏せ、仄めかし、騒音、風評被害等を用いたカルト手法の総称で
 す。「ウソも百辺言えば真実になる」⇒「集団での仄めかし」、「証拠さえ取られなければ何をし
  てもよい」⇒「証拠を取りにくい不特定多数による手法」で構成されています。ネズミ講のように
  加害者が増えていき、気付けばターゲットが悪い人間になるという、すり替えが行われる仕組みに
  なっています。

 屋外型工作員達は、何故か自分達が英雄であると思い込んでいます。「マインドコントロールされ
 ている特殊な思想を持っている」からです。しかし一般人を装って列車に乗車したり、通行人を装
 って町中を出歩いたり、客を装って店に入店したりする人達であることが分かります。陰でコソコ
 ソするような人達です。美人と見られる女性で集団ストーカーに参加する人は皆無に近いです。そ
 んな行為をしなくとも幸せに生きていけるからです。女性から見る「素敵な人」も同様です。

 この行為を依頼する首謀者も同様です。首謀者が企業の場合、常に王道を取る会社はこんな行為は
 依頼しません。そんな行為をしなくとも常に利益を得られるからです。一般社会から見る「素敵な
 会社」も同様です。所詮陰でコソコソするような組織です。退職者が続々出るようなことは一切な
 く、会社を売りに出したりする必要はまったくないのです。そして効果がなければ、言い訳ストー
 カーに切り替わります。

 結論を言うと、ターゲットから見る首謀者や請負側は『犯罪者』なのです。頭が「集団ストーカー
 依存症」になっているのです。常識は通用しません。キリスト教とイスラム教が対立している状態
 で、何を言っても理解できないのです。

 ・モビングというパワーハラスメント(セクシャルハラスメント)行為
 ・裏で機微情報を収集したのにも関わらず、それを知りながら隠してプライバシーマークを申請、
  取得する取得詐欺行為(取得企業のみ)
 ・未成年の工作員に対して、迷惑防止条例を違反させる行為
 ・常習として嫌がらせを繰り返す行為