ホーム > 活動の現実 > 店舗型の考察


活動の現実メニュー

[店舗型集団ストーカーの考察]

 一般店舗が集団ストーカーに参加することがあります。商店街が集団ストーカーを実施すると、そ
 の中で数軒の店が潰れます。いくつかの商店街で確認されている共通現象です。このような報告は
 元加害者から届いています。後味だけが悪く残ったと……。

 何故、店舗が集団ストーカーに参加するのでしょうか。結論を出すと、回答は「定石となっている
 手法」だからですが、これでは説明が足りません。少し紐解いて行きましょう。

 まずは、世間一般で有名な店舗で実施します。日本人なら誰でも知っているコンビニエンスストア、
 スーパーマーケット、電気店、ハンバーガーショップ等。これは某宗教学会系の資本が注入されて
 いる店舗です。チェーン店ともなると、大きな店舗数となります。次に一般系店舗で実施するので
 すが、某宗教学会系得意の風評被害手法によって「仕立て上げられた」理由と、賛同企業リストの
 多さを見せつけて依頼されます。警察、行政を巻き込めれば完了です。商工会等から依頼が降りて
 くる場合、「皆がやっていることだからと断われない」環境になります。そして最後に、これは特
 に飲食店の場合が多いのですが、工作員常駐による売上向上が見込めます。

 特にターゲットがよく行く店舗は、待ち伏せ工作員による異常行為が発生します。仄めかし、ノイ
 ズキャンペーン、日本人離れした風貌客が多数いる環境等。これにより、何も知らない一般人が店
 から逃げていきます。加害行為と評判が合間って、店から一般客が離れていくのです。当方が確認
 した商店街では、二軒が潰れて二軒がリニューアルしています。このリニューアル店は工作員が常
 時たむろしており、店員の異常行動も目立つ店でした。リニューアルするということは、改装しな
 ければ客が入らない状態なのです。

 飲食店のケースですが、本当においしい店は集団ストーカーに参加しません。依頼工作員に対して
 「うちはお客にそんなことはしない」と断ることが多く、やったとしてもお触り程度で、人(店主)
 の感じはとても良いのです。アルバイトを雇っている店舗は最悪です。彼らは目先の時給にしか視
 線がなく、店舗の将来運営には関係ありません。『食い逃げされてもバイトを雇うな』という本が
 ありますが、まさにその通りです。

 なお、都道府県により内容は異なりますが、各県に「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等
 の防止に関する条例」が存在します。

  何人も、道路、公園、広場、駅、興行場、飲食店その他の公共の場所(以下「公共の場所」とい
  う。)又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、航空機その他の公共の乗物(以下「公共の乗物」と
  いう。)において、集団をなし、又は集団ではいかいし、かつ、通行人、入場者、乗客等の公衆
  に対し、威圧する言動をしてはならない。

 最低限の条例さえ守れない店舗は、短期的な「工作員常駐による売上向上」しか見えません。その
 結果どうなるのかは、集団ストーカーの歴史が証明するのです。加害者団体が一般店舗に集団スト
 ーカーを依頼する際、これら副作用(長期的な売上減少)や統合失調症工作等を一切知らせません。
 そして、これまで圧力をかけてまで集団ストーカー報道を葬ってきました。これがこの「システム」
 の正体なのです。

 そして、たいそうな理由を仕立てあげます。
 『「○○の言葉が届かない……」それを伝えるためにやっている』
 この手法も何度となく報告されている内容です。

 そして店舗型ストーカー行為は、以下の企業リストとかぶることが多いことで知られています。
 学会の息のかかった企業リスト一覧(タレントリスト含む)

迷惑行為実施店舗の傾向

 ターゲットが加害店舗とは知らずに店舗に買い物へ出向くと、店舗型集団ストーカーでは店員によ
 る攻撃を受けることがあります。このような店は、2ちゃんねるの掲示板等に「店員に対する苦情」
 が書かれていることが多いです。普段から苦情が絶えない店であることが分かります。

 ・北海道札幌市の某ラーメン店(加害行為:ノイズキャンペーン)
  2ちゃんねるを見ていると、札幌のラーメン店に対して何度も苦情が書かれていました。苦情と
  言うより悪口に見えました。その程度の質なのでしょう。

 ・北海道札幌市の某電気店(加害行為:仄めかし)
  2ちゃんねるを見ていると、札幌の電気店で店員による店舗型集団ストーカーが発生していた旨
  が書かれていました。以前も同行為があったので、慢性的に実施している工作なのでしょう。

 ・東京都中野区の某ハンバーガーショップ(加害行為:ノイズキャンペーン)
  2ちゃんねるを見ていると、中野のハンバーガーショップ店員に対して苦情が書かれていました。
  もちろん私が出向いた以前の日付です。元々そのような店舗であるのでしょう。

 ・神奈川県小田原市の某ネットカフェ(加害行為:ノイズキャンペーン)
  2ちゃんねるを見ていると、小田原のネットカフェ店員に対して何度も苦情が書かれていました。
  書き込みは私が出向いた以前の日付になっています。元々そのような店舗であるのでしょう。

 ・千葉県市川市の某パチンコ店(加害行為:アンカリング)
  2ちゃんねるを見ていると、市川のパチンコ店に対して苦情が書かれていました。苦情内容は、
  「男性店員が客をギロギロ見て気持ち悪い」というものです。確かに私もそのような店員を見か
  けたことがあります。集団ストーカーターゲットを探しているような目つきでした。その後、こ
  の店の本部は脱税してました。

 ・千葉県市川市の某焼肉店(加害行為:ノイズキャンペーン)
  mixiを見ていたら、市川の焼肉店で集団ストーカー加害が発生したと書かれていました。この人
  は、私が出向いた2年前に受けているのです。元々そのような店舗であるのでしょう。

 Google または Yahoo! にて、『店員 態度 2ch.net』等と検索してみてください。ここでヒットす
  る店舗と集団ストーカー積極企業は一致します。これは店員の態度が悪いだけではなく、集団スト
 ーカー行為が多いことを意味します。店員は誰がターゲットがよく知らず、ある時間に入ってきた
 男性客/女性客に対して工作を実施するよう指令を受けていたりします。一般客は、このとばっち
 りを受けるわけです。そして県によっては条例で禁止されている行為、統合失調症を生み出す行為
 を時給労働の店員に実行させるのが、日本の社会の実態なのです。

その後

 そして「加害証拠を取ればよい」「後から話を作り上げた」というのが定石手段となっています。