ホーム > 活動の現実 > 子供の利用


活動の現実メニュー

[子供を利用する集団ストーカー] と その事例

 子供を利用した工作活動は集団ストーカーの手段の一つです。醜い集団ストーカーの歴史と背景を
 教えず、限定された情報のみで子供に仄めかし行為を強要させます。教育現場においても、某宗教
 を介したネットワークを利用して依頼実施するのです。
 ※この工作に活動する大学生は基本的に知能が低い人間なので、子供に位置付けます。

 彼ら子供にとって集団ストーカーとは、加害行為なのではなくコミュニケーションの一部であると
 「心から正しいと信じている」のです。自分の意思を伝える目的で、言葉を自由に話せるようにな
 る4才頃には仄めかし行為に参加し、それが当たり前である世界に生まれてきた人達です。この人
 達に何を言っても、集団ストーカーを辞めないでしょう。辞めれば自分達を否定することになる構
 造のようです。

  集団ストーカー 資料映像 子供を使った加害工作
 
 この国が非常に特殊な環境であり、GDPは高いにも関わらず幸せ指数が低いことがうなずけます。

1.ターゲットが外出すると、その契機で仄めかす高校生(待ち伏せ型)

 ターゲットが玄関から先、少々出歩いた契機にて、通行人を装った女子高生工作員が仄めかしを実
 施します。これは仄めかしを実施する目的で、ターゲットが出歩くのを待っている待ち伏せ型の行
 為です。この高校生の発言(仄めかし内容)を、後にプライバシーマーク取得会社が知っているこ
 とがあります。そしてこの会社がターゲットの事を何でも知っているというような場を仕立てあげ
 ます。ターゲットがいる町の生徒に、待ち伏せ目的でぶらつかせる工作です。

2.ターゲット付近をスクーターで徘徊する少年(尾行型)

 ターゲット付近にて、工作員の少年がスクーターで徘徊します。もちろん 30km/h を超える速度で
 す。ターゲットが深夜外出すると、この少年が活躍します。これは尾行型の行為です。

3.階段を意図的に強く歩く大学生(アンカリング・ノイズキャンペーン型)

 ターゲットが階段を上ったり下りたりする契機にて、通行人を装った大学生工作員が「階段、階段」
 と呼びながら、階段を駆け下りたりするアンカリング型行為です。また、ターゲットが階段を移動
 しなくても、付近に階段があればターゲットに聞こえるように意図的に強く踏みしめたりする行為
 です。これはノイズキャンペーン型になります。

4.二人組になった大学生(アンカリング型)

 ターゲットがどこへ行っても、工作員大学生がターゲットを同じあだ名で呼ぶパターンです。これ
 はアンカリング型の行為です。(ターゲットをあだ名で呼ぶのは大学生が多く、高校生・中学生は
 あだ名で呼びません)

5.無理にいちゃつくカップル(アンカリング型)

 ターゲットの移動する契機にて、いかにも無理矢理くっつけたような格好をしたカップルが町をう
 ろつきます。もはや現代ではそのような男女は少ないですが、異常な数の馬鹿ップルが繁殖します。
 ターゲットのすれ違いで何かを仄めかしたりもします。

6.バスの乗客(待ち伏せ型)

 ターゲットの乗車したバスにて、途中から乗車してくる親子が仄めかしを実施します。子供(5歳
 程度)が走行中のバス社内を走り回り、親に指示されたであろう言葉を仄めかします。

7.ベビーカーを走らせる若い主婦(アンカリング型)

 ターゲットの移動する契機にて、ベビーカーを走らせる若い主婦を出現させます。これら主婦は無
 言で歩いたり、電車・バスに乗車してくるのみの行動です。アンカリングとしての位置づけです。

8.自転車の荷台に子供を乗せる母親(待ち伏せ型)

 ターゲットとすれ違う契機にて、自転車の荷台に子供を乗せた母親が、タイミングよく子供に何か
 を仄めかすよう依頼します。

9.ターゲット住居付近にて、子供が騒ぎながら遊ぶ(アンカリング型)

 ターゲットの付近にて、子供が遊びながらターゲットの個人情報並びにそれに準ずるような「キー
 ワード」を仄めかします。子供は小学生低学年までの小さな子で、近くには母親が待機しています。
 遊び場は公園だけでなく、ターゲット住居に聞こえるよう道路上で実施します。

10.観光地に次々と出現する親子連れ(待ち伏せ型)

 ターゲットの付近にて、子供連れを装った親子がターゲットの個人情報並びにそれに準ずるような
 「キーワード」を仄めかします。特徴的なのは子供の人数が多い傾向にあり、子供が3人以上いる
 ケースも多々あります。ターゲットが帰ろうとしても、続々と観光地に集結してくる工作員達がい
 ます。彼らに駐車場で遭遇した場合、ドア閉めノイズキャンペーンが実施される傾向があります。

11.アルバイト店員による加害行動(待ち伏せ型)

 ターゲットが店舗に出向いた契機にて、アルバイト店員(いかにも朝鮮系という顔立ちをしている)
 が厨房等の見えない位置から何かを叩きつける条例違反行為を実施します。憤慨型のパターンは、
 宗教学会員の仕業です。「来たよ」と合図を受けて当該行動を実施します。ちなみに工作員の顔と
 行動は、どこに行っても同じのため、訓練されているものと判断しています。

【解説】

 上記はいずれも複数の被害者から報告されている例で、子供や老人を利用するのは集団ストーカー
 手法の定石となっています。

 この親は、子供に対して「ターゲットこそが悪い人間だからそれを正す」という名目と伝えて「気
 付かせる目的で」集団ストーカーを実施します。しかしこれが加害行為であることを一切伝えませ
 ん。これらは親、そして社会の犯罪です。これら子供の将来が心配されますが、既にカルト宗教に
 よって洗脳されているため心配するのは無用です。言葉を自由に話せるようになる4才頃には仄め
 かし行為に参加し、それが当たり前である世界に生まれてきた人達です。集団ストーカーを実施す
 る子供は、嫌がらせ目的の「演技」として実施しているのではなく、本当の嫌がらせとして実施し
 ていることが多いのがわかります。子供は嘘をつきません。その態度でその子がカルト家庭に属し
 ているかどうか判別できます。

 これら輩は、散々こんな顔をして、散々こんな声を出し、
 最後には「集団ストーカーではない」と主張します。