ホーム > 活動の現実 > 工作員の本音


活動の現実メニュー

[集団ストーカー工作員の本音] と その事例

 いくらプロ市民と言えども、工作員は人間です。工作用の仄めかしとは別に本音を言うことも多々あ
  ります。一人では何もできないようなみじめな工作員です。集団になると愚かになる日本人の典型的
  なパターンにすぎません。

1.「引っかからなかった……」

 ターゲットが仄めかしを一切無視している時に見られる工作員のつぶやき。これは工作員が複数回の
  尾行に慣れていて、ターゲットを引っかける目的で付近を歩いてることを意味します。プロ市民
  (男子大学生工作員)に多く見られる発言で、工作を依頼されたのみの一般人工作員はあまりに言わ
  ないことです。

2.「こいつは強い……」

 ターゲットが仄めかしを一切無視している時に見られる工作員のつぶやき。これは工作員が複数回の
  尾行に慣れていることを意味します。「強い」という意は、過去にストーカーを実施した「弱い」
  人間を知っていることで、手法として確立されていることの解釈ができます。プロ市民(ニートの男、
  男子大学生工作員)に多く見られる発言で、工作を依頼されたのみの一般人工作員は絶対に言わない
  ことです。

3.「怯まない……」

 仄めかしの効果が一切ない時に見られる工作員のつぶやき。プロ市民(主婦)に多く見られる発言で、
  工作を依頼されたのみの一般人工作員は絶対に言わないことです。
  ※特に一般人を巻き込んだ大規模な言い訳ストーカーを実施しても、熟年主婦工作員がこのようにつ
    ぶやくことがあります。これは組織的な工作を意味します。

4.「あのイヤホンが邪魔!」

 ターゲットが音楽を聴きながら歩いている時に見られる工作員のつぶやき。工作員が「仄めかしを目
 的とするため」に通行していることを意味します。プロ市民(若い女性ストーカー)に多く見られる
 発言で、他人に依頼された工作員は絶対に言いません。そもそも通行の邪魔です。そんな目的で道を
 歩かないでください。

5.「いつ落ちるんだ……」 と、唇を噛みしめ焦る。

 仄めかしにまったく効果がない場合、いらついた工作員がそのように発言します。工作員が自分の能
 力に限界を感じた際に見られるつぶやきです。

6.「もう言えなくなった……」 と下を向く。

 仄めかしができなくなった場合、焦ったり残念がる工作員がそのように発言します。工作員が自分の
 行動に制限が出た際に見られるつぶやきです。

7.「全て現実の事しか見てない!」

 言い訳ストーカー実施に失敗した際の反応の一種です。現実と仮想(仄めかしの世界)をごちゃごちゃ
  にする目的で集団ストーカーを実施したことを意味します。これこそ統合失調症を作り出す仕組みそ
  のものです。工作を依頼されたのみの一般人工作員は絶対に言わないことです。

8.「……」 (暗い顔をしながら下を向いて何も言わない)

 その日の工作に失敗した際の反応の一種です。通常工作員はあるグループに属しています。しかし他
  グループとの連携はほとんど存在しません。工作員は確信的な事情、状況を知らされずに動いている
  ため、同じような仄めかしが永遠と繰り返されます。ターゲットが精神的に追い込まれるのも、事情
  を知らない工作員が同じことを言い続ける仕組みがあるからです。一日の終わりにこのような顔
  をした工作員一人に出会うことがありますが、背景と事情を知っている工作員です。

9.「失敗した……」 (暗い顔をしながら下を向く)

 集団ストーカー工作が最終的に失敗した際の反応の一種です。事情と背景を全て知っている工作員で
 す。

10.「まだだめか……」 (薄笑いする)

 一旦集団ストーカー行為によって人間関係が破たんしたことを集団ストーカーを使って近づけようと
 画策している中、未だターゲットが近づかないことに対して感想を述べています。大規模型集団スト
 ーカーを実施することで、一般人加害者とターゲットの同情を買い、「我々はここまで追っている」
 と思わせる工作がうまくいかない時にこのように本音を言います。

11.「何のためにこれだけパワーをかけた……」

 ターゲットは集団ストーカーに対して一切関与をしたことがない状態で、首謀者、請負側が一方的に
 ねずみ講のように集団ストーカー加害者を増やしたことを示唆するような発言です。両者は被害者か
 ら人間として見切られている状態にも関わらず、尾行、待ち伏せを続けるような事情があるようです。

12.「もうバレてる……」

 ターゲットは集団ストーカーの仕組みをよく理解している状態で、首謀者、請負側が一方的にねずみ
 講のように集団ストーカー加害者を増やし、これ以上増やせない状態になった時に発言する内容です。
 両者は被害者から人間として見切られている状態にも関わらず、尾行、待ち伏せを続けるような事情
 があるようです。

13.「こいつの人間関係壊してしまった……」

 集団ストーカーは人間関係(対人関係)を破壊します。簡単にいうと、カルトに対する嫌悪感、違法
 行為に対する拒否感等からくるものです。それを知りながら実施するわけですが、末端の工作員はよ
 くその仕組みを理解していないのです。ターゲットの不信感等を修正?するために、集団ストーカー
 を実施することがあります(言い訳ストーカーと言います)。一般人に工作範囲が広がった場合、一
 般人を洗脳、感化する仕組みを仕立て上げます。手法は「同情」をかきたてます。

【解説】

 上記は集団ストーカー行為が失敗して悔しい、もしくは集団ストーカー行為であることを覆い隠した
 い一心としか思えない発言です。そんな思いをするのであれば、集団ストーカー行為などやめればい
 いわけです。ここから解ることは、工作員は「ある組織」に属しており、工作しなければいけない
 事情があるわけです。上記工作員の本音を聞く限り、良い意味でのストーカーは一切感じません。

 つまり、この工作員達は「プロ市民」です。通常の生活環境とは異なる非常に特殊な集団です。

 一般人をも巻き込んだ仄めかしさえ実施して、一般的に許容される行為という場を作り出します。そ
 もそも一般市民はターゲットにあまり興味を持ちませんし、ターゲットが窃盗氾などの犯罪者ではな
 い限り大して関心がないのです。善意ある人は上記のようなことを一切言いませんし、遠く離れた場
 所に住んでいるターゲットを「あら、いるのね」程度にしか思いません。

 一般人の知らない所でプロ市民による挑発的仄めかし行為が永遠と継続されるわけです。この手法こ
 そ「集団ストーカー」です。

 これら輩は、散々こんな顔をして、散々こんな声を出し、
 最後には「集団ストーカーではない」と主張します。