ホーム > 活動の現実 > 対象外行為


活動の現実メニュー

[集団ストーカーの対象外行為]

 工作員が決して実施しない仄めかしがあります。これは意図的な仄めかし事項のみをピックアップし、
  自ら不利になる情報は決して触れないようにしているからです。つまり、集団ストーカーは攻撃性を
  意味し、自らの保身しか考えていないことに他なりません。

[集団ストーカーを実施しない事項]

 1.ターゲットが集団ストーカーのメカニズムを声に出して読みあげる
 2.ターゲットが集団ストーカーの他人事象について声に出して読みあげる
 3.ターゲットが集団ストーカーで裁判が起きていることを声に出して読みあげる
 4.ターゲットが他の集団ストーカー被害者と電話する
 5.ターゲットが集団ストーカーに関する問題点を読み上げる
 6.ターゲットが某宗教の悪口を言う
 7.ターゲットが某政党の悪口を言う

 工作員は「ターゲットが集団ストーカーやその背景について指摘した」という仄めかしは決してしま
 せん。集団ストーカーが本当にターゲットのためになるのであれば、その件についても仄めかしがあ
 るはずです。ターゲットがそのようなことを言った契機で突如工作員の態度ががらりと変わり、攻撃
 的だった集団ストーカー工作員の活動は一挙に静かになります。プロ市民工作員は本部に御伺いをた
 て、様子を見守ります。(指示を受けることしかできない程度の人間です)そして問題なければ再び
 集団ストーカーに走り、組織の身が危ういと感じると言い訳ストーカーへと変化します。

 まれに、工作員管理者が下っ端工作員に対して、
 「AB(ターゲットが知っているキーワード)のことは決して言うな!」
 と怒鳴りながら指示する姿も見られます。