ホーム > 活動の現実 > 利用法


活動の現実メニュー

[集団ストーカーの利用法]

 集団ストーカーの利用法は、自殺強要ストーキングによる「不正隠蔽」「有名人撲殺」「宗教迫害」
 等ですが、もう一つの利用法の一つとして、「一番苦しい時に、人は何をするか(何ができるか)
 ?」というのがあります。この状況下こそ、人の真の価値が読み取れると主張するのです。その状
 況を作り上げるというのも、言い訳ストーカーの理由の一つになります。その背景を作り出すため
 には、ターゲットに「脳の錯覚」「社会的拒絶」「脅迫概念」等を引き起こすことが必要というの
 が請負団体の手法です。いずれもパターン化されており、ターゲットが最も追い詰められるような
 工作が実施されることが多いです。

 工作員により「(こいつを)治す」「(精神病の)治療」「性格を変える」等と周知され、以下の
 加害メカニズムを使って一般人への協力を仰ぐのが手段です。このために宗教学会所属の精神科医
 の名を使います。そしてターゲットに対して多数の加害を仕掛け、その反論を大勢で責めることに
 より、ターゲットの行動、視点がいかに狭いという論理をもって、ターゲットの信頼性をそぎ落と
 します(そのような仕組みを構築します)。そして、時には「(加害しているターゲットを)宗教
 が守っている」等と周知します。

 <請負側宗教学会は、ターゲットを以下のような反論視点を持っている欠点人間と定義します>
  1)他人、環境、会社、社会、宗教等の欠点ばかり指摘する人間
  2)常に言い訳をして、何の努力もしない人間
  3)周囲への復讐ばかり育てている人間
  4)周囲に気配りせず、自分からコンタクトを試みない人間

 欠点人間の一例として、「集団ストーカーのHPを作成している」「集団ストーカーを激しく憎む」
 「宗教学会に反対する」「偽被害者を叩く」「(不良)在日外国人に排除思想を持つ」等がそれに
 該当すると主張します。そして「未だABと考えているから、CDできなくする」等と言って、タ
 ーゲット行動を妨害します。理由は何でもよく、最も追い詰められる概念を利用して追求します。
 そして最後は「自分の心が加害者だ」等と洗脳するのが黄金パターンになります。ABに相当する
 概念(加害メカニズム)で、主な攻撃手法(利用法)を以下欄に記載します。

 注)これらは単なる建前(協力者への大義名分)であり、真の理由はターゲットを精神的に追い詰
   める目的に過ぎません。あたかもターゲットを聖人のように仕立て上げるような工作なのが特
   徴で、ターゲットの欠点を責めるという手法です。欠点のない人間はいませんので、理由は何
   でもよいのです。家族や会社組織としてやるべき仕事をしていない、しかも恩を仇で返してい
   る、という事項を探して実施背景にしたりします。

「自己愛性症候群」の仕立てあげ

 集団ストーカーは以下のような理論を利用して、尾行・待ち伏せ・仄めかしを実施します。ターゲ
 ットが自身に気づかない精神病になっていると仕立て上げ、それを気付かせる目的で治療している
 等と主張します。精神科医の名の元に、以下のパターンで人格を分類するのが定石となっています。

 <分類1> すべてを他人のせいにするという責任転嫁型人間
  ターゲットは、自分に起きた不遇を他人、社会等のせいにするという責任転嫁型人間と一方的に
  定義し、「自分は悪くない」と思う強い自己愛の信念に問題があると断定します。そして意図的
  なトラブル(集団ストーカーによる仄めかし(悪意の刷り込み))を作り出し、洗脳によって変
  化できると主張します。

 <分類2> 特別扱いして育ったことが原因である、愛のない人間
  一歩社会へ出れば、限界や努力ではどうにもならない理不尽さに直面するため、自己愛が強い人
  ほど自分を受け入れられずに、成功を煽ってきた周囲への恨みが強くなると断定します。そして
  意図的なトラブル(集団ストーカーによる理不尽さ(社会断絶等))を作り出し、洗脳によって
  変化できると主張します。

 <分類3> パーソナリティ障害、うつ病
  ターゲットは自身が特別で賞賛に値する人物だと思いこみ、他人への共感性に乏しく、他人を平
  気で利用するパーソナリティ(人格)障害と一方的に定義します。最近の若い人には「新型うつ
  病」が多く発症しており、薬物療法や社会常識、規律生活を強制させて、自己中心的な認知を変
  容させるのが必要と主張します。そして意図的なトラブル(集団ストーカーによる場の仕立てあ
  げ(アンカリング))を作り出し、洗脳によって変化できると主張します。

 自己愛性症候群に仕立て上げられたターゲットが、上記のような視点で物を見ることは一切ありま
 せんが、周囲(特に首謀者)が精神病発見、自己改革のきっかけを作った(尾行、待ち伏せ、盗聴
 による悪質性、陰湿性の覆い隠し)ことにするため、(システムを知らない)周囲の一般人を利用
 して工作します。

 <言い訳例1> 人の話を良く聞く訓練(仄めかし)
  自己愛性症候群の人は、他人を認めて共感したり褒めたりする習慣が身についていないため、人
  の話を最後まで聞く傾聴や、グループワークを総括するファシリテーションの訓練が必要と一方
  的に定義し、(尾行・待ち伏せを利用した)「仄めかしが必要」と主張します。こうして連帯感
  が生まれ、人には様々な価値観があり、色々な境遇の人が真剣に考えて人生を送っていることを
  理解することが、自分の自己中心的な思考や行動を振り返るきっかけになるという仕組みです。
  ※宗教学会員は、これを「社会を見せる」行為と表現します。(アンカリング例:手を組んだ厭
   らしそうな男女が路上に現れる)

 <言い訳例2> 思いを伝える訓練(反論)
  自己愛性症候群の人は身勝手であり、いつも振り回される存在であり、周囲が我慢してしまうこ
  とがターゲットの自己中心性を助長させ、「裸の王様」になってしまうと定義します。そしてタ
  ーゲットに対して一方的に仄めかし、ノイズキャンペーン等の不快な迷惑行為を実施させ、ター
  ゲットからの反論を期待します。ターゲットの反論に「周囲(宗教学会を含む)に原因がある」
  という内容が含まれている場合は、加害を継続します。
  ※宗教学会員は、これを「まだ疑念がある」等と表現します。(仄めかし例:「まだ刃を持って
   る」「まだナイフを持ってる」)このように仄めかす工作員が出てきます。

 <言い訳例3> 愛のあるつき離し訓練(社会的疎外)
  自己愛性症候群の人は幸福が当たり前の環境で育ってきたため、感謝の気持ちが足りず、与えて
  きた環境を断つことが必要と一方的に定義します。(集団ストーカーによる理不尽さ(社会断絶
  等))を作り出し、洗脳によって変化できると主張します。ただつき離すのではなく、成り行き
  を見守る(尾行、待ち伏せ、盗聴の覆い隠し)必要があると主張し、第三者への協力(学校機関
  を巻き込んだ子供を利用した待ち伏せ行為)の依頼も実施します。「世の中にはすれ違い、タイ
  ミングのずれ等によってリストラ等されたとしても、優秀な人が沢山いる」等と啓蒙されるパタ
  ーンはこの工作の一つです。
  ※宗教学会員は、これを「社会の目」等と表現します。(仄めかし例:「まだ集団ストーカーと
   思ってる」「見方が悪い」)このように仄めかす工作員が出てきます。

 これらは全て大義名分の大嘘です。屋外を練り歩くのは防犯パトロールを名乗った宗教工
 作員であり、独特の似たような顔立ち、雰囲気を醸し出しています。彼らはこの教えを信じており、
 個別工作員はターゲットが誰で何をしているのか解らないため、本当に病人だと思っています。そ
 して似たような加害(仄めかしやそれを示唆するような異常行動)が永遠と実施されます。「集団
 ストーカー犯罪など存在しない」というのが表向きの定義であり、彼らは決して名乗ることはなく、
 毎日異常行動(彼らの視点は防犯パトロール)を繰り返します。

 以下の条例に違反する行為です。
 『何人も、みだりに、特定の者に対し、追随、待ち伏せ又は住居、勤務場所若しくは学校の訪問を
 反復して行い、かつ、威迫して面談その他義務のないことを行うよう要求してはならない』

 集団ストーカーを利用する組織はこれを、自分を見つめ直す機会を与えてあげた「ボーナス、自己
 改革、社会の目」などと主張します。一方でこのような行為を実施した組織に大量の退職者が出た
 り、組織を売却したりします。社会的な理不尽さを教えることこそ目的という言い訳を元に、「本
 人には決して言わないことが本人のためである。決して言ってはいけない、書いてはいけない」と
 (敢えて)不祥事を覆い隠し、その後一方的に「ターゲットが不審に思っている。まだ懐疑心があ
 る」等と吹聴し、工作員を利用して同じような加害をネチネチと繰り返すのがパターンになります。
 (仄めかし例:「まだ消えない、まだ消えない」「過去は水に流す」「もう時効」、またはそれに
 相当するアンカリング)。

 洗脳したり、尾行するのが目的なので、理由は幾らでも作り出します。ターゲットが懐疑心を持つ
 ようなことを敢えて実施し、反発することを期待します。そしてその反発を大勢で責め、これを繰
 り返すことによって自己改革できると信じているのが、集団ストーカーの手口です。「私達の尾行
 は正しかった」となるまで継続されることが多いのです。

 補足しておきますが、一番の問題は「尾行、盗聴」(宗教学会とそれを利用する首謀者)です。本
 システムを解体しない限り、問題が解決することはありません。いづれも一般市民にはまったく必
 要のないものです。これを必要とする「統制」(もしくは隠ぺいしたい事実があるような)組織に
 問題があります。こう指摘すると、他人のせいにするという責任転嫁人間と定義されますが、世の
 中の探偵業はこの宗教(もしくは防犯パトロール)を利用しているのが実態です。

加害のメカニズム1 (脳の錯覚)

 建前:脳に錯覚を引き起こすことが必要であると主張する
 目的:ターゲットに「被害」を植え付けるために加害を実施する

 1.尾行
   どこに行っても若い男が付けてくる
   どこに行っても赤い眼鏡の女が付けてくる
   どこに行っても馬鹿ップルが付けてくる

 2.待ち伏せ
   どの駅に行ってもニートが立っている
   どの列車に乗っても日本人の顔立ちをしていない人がいる
   どの店に行っても同じような風貌(汚い、怪しい、宗教的)の客が多くいる

 3.アンカリング
   どこに行っても同じ色の服を着ている人がいる
   どこに行っても同じ香水をつけている人がいる
   どこに行ってもゾロ目ナンバーの車両が走っている
   どこに行ってもニヤニヤ笑う人がいる
   どこに行っても浮浪者がいる

 4.ノイズキャンペーン
   どこに行っても咳払いする人がいる
   どこに行っても高笑いする人がいる
   どこに行っても水道を流す人がいる
   どこに行っても掃除機を使う人がいる

 5.仄めかし
   どこに行っても同じことを言う人がいる
   どの列車に乗っても騒がしいことを言う人がいる
   どこに行っても突然携帯電話を取り出す人がいる

 どれも日常における行為です。日常生活には気にも留めないような事をターゲットに対して意図的
 に集中実施します。そしてターゲットが日常風景を「被害」と捉えるようになるまで継続実施する
 のです。ターゲットに被害を刷り込めなければ、集団ストーカーは失敗になります。

 ターゲットが被害と認識するようになると、今度は仄めかし等によってターゲットが誰かに相談し
 ようと仕向けます。相談をすると、「そんな日常生活にあることを気にする方がおかしい」等と指
 摘されます。確かに相談者から見たその一場面では、日常生活において当たり前のことです。しか
 しターゲットから見れば、千回見た光景(受けた被害)の一つになります。ここで相談側周囲(一
 般社会)とターゲットとの間にギャップが生まれるわけです。

 相談側周囲は大勢(ネズミ講式に増えた人数)でターゲットを囲い込み、ターゲットの指摘を、そ
 の人のみの「脳の錯覚(ターゲットの妄想)」と処理し、統合失調症に追い込むのがこの手法です。

 ターゲットによっては精神病院に送られて入院を余儀なくされます。そして退院後、1、2ヵ月は
 被害を発生させずに様子を見ます。ターゲットが何らかの反感を持つようになると、再び加害を加
 え、入院を促します。ターゲットが衰弱するか、「薬の効果で治った」と認識するまで継続します。

加害のメカニズム2 (社会的拒絶)

 建前:社会的拒絶を引き起こすことが必要であると主張する
 目的:ターゲットを孤立化するために加害を実施する

 1.転職妨害
   どこに行っても面接官が咳払いする
   どこに行っても面接場でノイズが発生する
   どこに行っても面接場付近に監視員が立っている

 2.就業妨害
   どこに行っても嫌がらせをする従業員がいる
   どこに行っても悪そうな評判が出回る
   どこに行っても危ない環境になる

 どれも日常にありそうな光景ではあります。日常生活では気にも留めないような事をターゲットに
 対して意図的に不定期実施します。そしてターゲットに「妨害」と捉えるようになるまで実施する
 のです。ターゲットに被害を刷り込めなければ、集団ストーカーは失敗になります。

 ターゲットが被害と認識するようになると、今度は仄めかし等によってターゲットが誰かに相談し
 ようと仕向けます。相談をすると、「そんな日常生活にあることを気にする方がおかしい」等と指
 摘されます。確かに相談者から見たその一面接では、日常生活において当たり前のことです。しか
 しターゲットから見れば、十回見た光景(受けた被害)の一つになります。ここで相談側周囲(一
 般社会)とターゲットとの間にギャップが生まれるわけです。

加害のメカニズム3 (強迫性障害)

 建前:強迫性障害を乗り越えることが必要であると主張する
 目的:ターゲットを脅迫するために加害を実施する

 1.強迫観念
   どこに行っても誰かに嫌われたり無視されたりする
   どこに行っても悪口を言われる
   どこに行っても誰かに狙われている

 2.将来不安
   どこに行っても「将来がない」というような仄めかしがある
   どこに行っても「どこにも行けない」というような仄めかしがある

 どれも見知らぬ人からの攻撃です。ターゲットが良く行く場等を利用し、行動や仄めかしによって
 ターゲットが悪意のある人間だったり、将来がないような不安要素を刷り込みます。
 ターゲットに被害を刷り込めなければ、集団ストーカーは失敗になります。

 ターゲットが被害と認識するようになると、今度は仄めかし等によってターゲットが誰かに相談し
 ようと仕向けます。相談をすると、「見知らぬ人がそんなことを言うことを気にする方がおかしい」
 等と指摘されます。相談者から見たその一場面では少々の異変ですが、ターゲットから見れば一万
 回※見た異変(受けた被害)の一つになります。ここで相談側周囲(一般社会)とターゲットとの
 間にギャップが生まれるわけです。そして上記が「強迫性障害」の症状であるという根拠を元に、
 精神鑑定を実施させ入院に追い込みます。

 ※この攻撃は、一日百人以上の仄めかしを数年に渡って実施する規模の大きい被害になります。

加害のメカニズム4 (人間不信)

 建前:人間不信(孤立状態)では何も出来ない、組織協和が必要であることを教えると主張する
 目的:ターゲットを人間不信に追い込み孤立させる

 1.孤立工作
   親しい人から阻害されている感覚を受ける(もしくは仄めかしを受ける)
   周囲から阻害されている感覚を受ける(もしくは騒音加害を受ける)

 2.分断工作
   同様の被害者とコンタクトを取ろうとすると、必ず偽被害者(もしくは刷り込み)が出てくる
   同様の被害者と会った後、ノイズキャンペーン等の加害工作が強くなる

 3.遠隔工作
   被害者が何らの相談をすると、別の場所から騒音加害が聞こえてくる

 ネットストーカー班と呼ばれる専門の部隊が、ターゲットが良くアクセスするサイト等で待ち受け、
 特定のキーワードを書き込んだり(刷り込み行為)、茶化したり、宗教学会の攻撃を仄めかしたり、
 各種手法で刷り込みをしてきます。
 ターゲットに被害を刷り込めなければ、集団ストーカーは失敗になります。

 ターゲットが被害と認識するようになると、今度は仄めかし等によってターゲットが誰かに相談し
 たり、反撃するように仕向けます。そしてその反撃が「極度の人間不信」症状であるという根拠を
 元に、ターゲット人格の信憑性を失わせます。
 
 ※筆者は集団ストーカー被害に逢ったという被害者に何人もお会いしましたが、極度の人間不信に
  なっている方はお見かけませんでした。加害者側がそのようにさせたいだけのようです。

加害のメカニズム5 (首謀者)

 建前:首謀者が誰かを教えるために加害行為を実施していると主張する
 目的:ターゲットを首謀者の元へ来させる

 集団ストーカーに多い工作の一つです。路上を練り歩く男子部と呼ばれる工作員によって「誰がや
 ってるのか解ってんのかよ!」等と叫ぶ工作です。首謀者(請負)側の期待とは裏腹に、被害者側
 が考える論理は以下のようになります。

 An Anti-Governmental Stalking Activity Siteより引用
 わたしはこの宗教団体が関与しているかどうかについても、「集団ストーカー」として喧伝されて
 いる証拠のないあらゆる主張にも興味がありません。なぜなら、どの団体が関係しているかという
 問題よりも重要な問題があるからです。それは、警察、検察及び裁判所が、このストーキング犯罪
 を隠蔽し、加担している、つまり、いくら証拠を収集しても、警察が捜査せず、検察が捜査、起訴
 せず、裁判所が事実を認めず事実の捏造までするという、司法の病理です。こうなると、集団スト
 ーカーは表向きの喧伝であり、その実態は国策ストーキングです。警察官の加担については、公開
 している音声記録のとおり、清水由貴子さんも私に訴えていました。どのような犯罪でも、司法が
 放置すれば、ましてや加担すれば、やりたい放題ですし、解決することはありません。そして、公
 務員が加担しているのであれば、それは国家賠償の対象になる違法行為です。この司法の病理が、
 追及すべき重要度の最も高い問題であり、AGSAS サイトが取り組んでいる問題です。この原因(司
 法の病理)を追及しない限り、さらにこれが司法に訴えても無駄だという格好の喧伝となり、被害
 者を追い詰め、国民を萎縮させる結果になります。

加害のメカニズム6 (挫折、断念)

 建前:ターゲットに挫折感、行動を断念する姿勢を与えなければならないと主張する
 目的:ターゲット行動の破綻

 裏には不正の隠蔽目的がありますが、それを周囲に一切知らせずに「ターゲットに挫折感を味わな
 ければいけない」等と周知させます。ここで宗教学会等のネットワークを利用して、就業妨害(勤
 務妨害、転職妨害)工作を実施させます。

 『一度ターゲットを潰さなければいかない』等という思想を持つ組織によって、主導されるハラス
 メントです。実際に潰したいのは企業不正等の情報です。

加害のメカニズム7 (不条理)

 建前:ターゲットに世の不条理(汚さ)を教えなければならないと主張する
 目的:不正の隠蔽、利権の確保

 不正の隠蔽、もしくは利権の確保が目的です。それを「ターゲットは世の不条理を味わなければい
 けない」等と一方的に周知させて実行する工作です。この理由が発動されると、何らかの政治的背
 景があると考えられます。

 例として市民運動家、オンブスマンと言われる市民に対して、不正の兆候がある役所(内の一組織)
 が攻撃を仕掛ける目的で工作することがあります。攻撃内容として、裏工作では集団ストーカー手
 法で情報収集を実施し、表活動では役所施設の利用を一部妨害する等の違憲行為を実施します。特
 定の政党による常習性の政治手段で、ターゲットが役所に出向いた時には、既に何かによって待ち
 受けられるというのがパターンで、利権確保等の意味合いがある工作となります。

加害のメカニズム8 (懐疑心)

 建前:ターゲットから懐疑心を取らなければならないと主張する
 目的:洗脳による不正の隠蔽

 「ターゲットの心には刃があり、懐疑心を取らなければならない」等と一方的に周知させて実行す
 る工作です。不正の隠蔽には都合のよい流通理由になります。

 一般企業社員に対して実施されることが多い工作で、上層部の不祥事をもみ消そうとする姿勢によ
 って実施されるパターンです。企業間ネットワークで流通することが多い、よくありがちなもみ消
 し理由です。

加害のメカニズム9 (マイナス志向)

 建前:ターゲットにプラス志向を教えなければならないと主張する
 目的:洗脳による不正の隠蔽

 「ターゲットが常にマイナス志向であり、これを変えなければならない」等と一方的に周知させて
 実行する工作です。もみ消し目的である「言い訳ストーカー」において見られる極めて特殊な加害
 で、集団ストーカーが「有難いこと」である等という不可解な概念が強制されます。

加害のメカニズム10 (不正情報)

 建前:不正な情報を持っているから隠蔽したい
 目的:洗脳による不正の隠蔽

 「ターゲットが不正情報持っているため、これを(洗脳によって)消さなければいけない」等と一
 方的に周知させて実行する工作です。もみ消し事例は2つあります。
 (1)不正情報のもみ消し
 (2)集団ストーカーのもみ消し
 集団ストーカーとは不正を隠蔽するために実施しますが、この集団ストーカー自体の陰湿性を隠蔽
 する工作(言い訳ストーカー)もあります。

加害のメカニズム11 (二重人格)

 建前:悪い目を持っているから性格を変えたい
 目的:二重人格の仕立て上げによる不正の隠蔽

 「ターゲットが悪い目を持っているため、これを(洗脳によって)消さなければいけない」等と一
 方的に周知させて実行する工作です。もみ消し事例は2つあります。
 (1)不正情報のもみ消し
 (2)集団ストーカーのもみ消し
 集団ストーカーとは不正を隠蔽するために実施しますが、この集団ストーカー自体の陰湿性を隠蔽
 する工作(言い訳ストーカー)もあります。

加害のメカニズム11 (その他)

 建前:ターゲットの心の問題である
 目的:監視の刷り込み

 ターゲットがよく見る媒体(ネット等)に、意図的に監視キーワード(仄めかし用語)等を埋め込
 み、ターゲットがこれを見て何らかの感情(むかつき等)を抱きます。そしてそれを、ターゲット
 の心に問題があるからだ、等とします。

手口の公開

 請負側はこの手口が公開されるのを嫌います。何故ならば、この仕立て上げられた統合失調症は、
 会社買収、不正発覚時等を契機としてしか起らない“病気”だからです。これが彼らの商売手法な
 のです。集団ストーカーの請負側は、集団ストーカーを一切否定して統合失調症の治療と主張しま
 すが、この治療行為で治ったと報告してくれる人は、誰一人もいません。当たり前の事です。治療
 とは厚生労働省が認可する医療機関において、カウンセリング(相談援助)という手法を用います。
 つまり、この集団ストーカーに何の価値もないのです。人を監視したり、精神的に追いつめるのが
 目的なのです。