ホーム > 手法の実際 > 言い訳ストーカー


手法の実際メニュー

[言い訳ストーカー]

 政治案件が絡まない企業系の一般社員、一般市民などに対して集団ストーカー犯罪を終了させる場
 合、火消しのために「言い訳ストーカー」というストーカーを実施することがあります(ターゲッ
 トが有名人等ケースでは、これが実施されずに自殺してしまうことがあります)。

 本HPは言い訳ストーカーのシナリオについて大して言及せず、その手法でとらえます。ターゲッ
 トに対しては「言い訳ストーカー」であることを一切通知しないほか、理由も知らせず、嫌がるタ
 ーゲットに対しそのシナリオを「強制、強要」します。ターゲットが決して望まないようなことを
 刷り込んだり、強制したりし、被害者が何をしても工作されるルートが作られる“出来レース”に
 なっているのが特徴です。一般社会的には容認され易いような理由を探し出し、巧妙な手段を使っ
 て以下のような「ごまかし(もみ消し)」「やらせ」にあたる偽善工作を実施します。

  ・自殺強要ストーキング、不正の隠蔽、常習性工作であることの覆い隠し(隠蔽工作)
  ・首謀者側、請負団体の社会存在性を暗にアピールする手段(水面下の宣伝工作)
  ・ターゲットが首謀者に近づかないという、ターゲットの悪評化(同情工作)

 集団ストーカー“犯罪”を、集団ストーカー“手法”、つまり「天から見てた神の声システム」に
 変える目的で、カルト(とそれを利用する組織)は知識人の考える以上に法律上、社会通念上の盲
 点を突いたような工作を実施し、暗黙的に自らの社会的存在意義(強さ)をアピールします。これ
 が真の目的ですが、隔離すべき被害者よりも協力者に対する洗脳の意味合いが強い常習性の工作で
 す。茶番のように仕立て上げますが、ターゲットの神経を逆撫でする要素を刷り込みます。

 宗教工作員の“超大量動員”がその基本手法で、ターゲットに対する社会阻害行為を「被害妄想」
 とする為、徹底的に煽る様な音声送信や仕立て上げ場、記憶操作による洗脳行為、子供を利用して
 まで各種嫌がらせ行為を実施させます。駅や列車が工作員で埋まるような感じ(尾行同乗パターン)
 というのが工作の特徴で、最後は「絶対にどこにも言うな!どこにも書くな!」等と煽ったり、騒
 音を立てたり、それらしき行動を取る輩がどこにでも出現するというのが、この手法になります。

 一方で協力してもらう一般人に対しては、あたかも「伝言ゲーム」を実施しているような環境を作
 り、元気付ける、祭り騒ぎする等という納得のいきそうな理由を仕立て上げます。ターゲットによ
 ってパターンが異なり、いい訳ストーカー自体がない人もいますが、防犯パトロールと呼ばれる組
 織人員を利用するのが工作の特徴で、例えば(宗教に加入している)警察官も関与(例として職務
 質問の連続実施)することが度々報告されています。

[覆い隠すためのストーカー]

 一旦集団ストーカー行為が失敗に終わった場合、工作員が火消しのために「言い訳ストーカー」を
  実施します。特に「統合失調症を意図的に作り出す工作」に気付いた場合の言い訳は相当すさま
  じく、連日一日百人程度の仄めかしを実施することも多々あります。気付けば周り全てが集団ス
  トーカー工作員だったりします。これらは多くの被害者が共通して証言していることで、洗脳的
  とも言える行為です。

 集団ストーカー行為を依頼した首謀者は、それをあまり隠そうとしない傾向があります。むしろ工
  作員の所属する組織自体が悪質性の隠ぺい工作を積極的に推進します。何故ならば、過去からこの
 犯罪を実行してきたように、他のターゲットにも同じ手法を永遠と繰り返すからです。集団ストー
 カーを実行するのが商売だから一度手法を知られると困るのです。そのためには、集団ストーカー
 手法を集団ストーカー犯罪と見せない必要があるのです。
 そのためならどんな手段をも行使します。

 多数の工作員による「架空状況の仕立て上げ、演出」を実施するのが特徴で、これらをターゲット
  を取り巻く全環境的に実施することで、首謀者が集団ストーカーを実施した行為が、当初から話を
  作り上げたということを、一般工作員・ターゲットに認識させ、実施した「加害」行為を無効化さ
  せる手法です。別名「劇場型ストーカー」と言います。

  言い訳ストーカーは大規模型が多く、日本全国型の言い訳ストーカーさえ存在します。
 (「裁判と事例」ページを参照下さい)

 大して驚くに足らず、全て過去に行われてきた手法で、仮にそれを大規模に実行したところでそ
  の手法を焼き直したにすぎません。頭を下げて学校関係者にも依頼しながら、一方でふてぶてし仄
  めかしを入れ、集団ストーカーであることを否定したい旨を世間(またはターゲット)に露呈さた
  いのみで、目新しいことは何一つありません。何が現実で、何が仮想(言い訳ストーカー)かを解
  らなくさせる手法が特徴です。この言い訳ストーカーもまた、統合失調症を作り出す仕組みを利用
  しています。多数の悪評や仄めかしによってターゲットを操り人形のように操作しようとします。

 集団ストーカー首謀者は、「ターゲットに対してあえて嫌いになることをした(注:ただし自分達
  の行為を「集団ストーカー」とは決して明かしません)」と周囲(加害者達)に周知します。そし
  てターゲットが人間不信に陥り孤立していることを周囲に見せしめます。ここでターゲットに対し
  て「周りには仲間がいる」と仄めかし、「周囲にコンタクトしないのはおかしい」、「集団ストー
  カー等と言うのは視点がおかしい」等と周知させるような場を仕立て上げます。これをミスリード
  手法と言います。

「言い訳ストーカーって何?」

 当方は請負側の人間ではないので本工作の意義は不明ですが、新世紀エヴァンゲリオンというアニ
 メに似ている現象で、このシナリオを遂行すれば人生が開眼できると信じている組織の工作です。
 貴方が主人公の碇シンジという役柄とします。
  1.ある日突然、セカンドインパクトという大爆発(集団ストーカーの発動)が起こる
  2.使徒という敵(宗教工作員)が出現する
  3.使徒と戦うため、ネルフという特務機関に入れさせられる(集団ストーカーへ引きずり込む)
  4.初号機に乗せられ、使徒と死ぬ気で戦わされる(自殺強要モビング等の実施)
  5.零号機、弐号機という仲間ができる(孤立させない目的)
  6.様々なパターンの敵が出てくる(ストーリーが作られる)
  7.主人公は「僕はこの世界にいていいんだ!」と気づく(この頃には不正が消滅する)
  8.最後は、皆で「おめでとう」等という不可解な終焉を迎える
 この7〜8に該当する段階が言い訳ストーカーとなります。集団ストーカー“犯罪”を“手法”、
 つまり「天から見てた神の声システム」に変える目的で、尾行、待ち伏せ、盗聴等の陰湿性を覆い
 隠す目的で実施される常習性の工作になります。この“脚本”が請負側の商売になっており、集団
 ストーカー加害に加担する工作員は自らをキャスト(≒英雄)と思い込んでいます。このように、
 アニメには集団ストーカーシナリオの一部のような題材があることが報告されており、アニメ業界
 は宗教学会の資本になっていることもあります。

[言い訳ストーカー工作員の特徴]

 言い訳ストーカー工作員の特徴を以下に示します。焦る工作員はプロ市民です。一般市民工作員は
 事情を知らないので、焦る必要などありません。

 <事例1> プロ市民の場合(※妙に焦ったりしています)
  通行人や列車乗客を装った工作員であることが多く、ターゲットとのすれ違いに妙に急ぎ足で歩
    いたりするのが特徴です。
    ※列車内、喫茶店で聞こえる会話は全て工作用の会話です。

 <事例2> 店員による「店舗型ストーカー」
  宗教組織が関与しない店で、レジ支払い時等に店員が関与する場合。これは言い訳ストーカーを
    実施しています。一般店舗にて実施することで、あたかも尾行が社会的に容認されるような場を
  作り出します。※別名企業ストーカーと言います。

 <事例3> 一般市民の場合(学生)
  宗教組織が関与する学生に多く、主に二人組で活動します。

 <事例4> 中高生の場合
  中高生を工作に巻き込みます。これは多くの被害者から報告されている例です。このように、未
  成年の子供を工作に使うのは、日本(とその影響を強く受けた韓国)位で、世界の非常識行為と
  なっています。連絡は携帯電話で実施します。

[言い訳ストーカーの事例]

 ターゲットに聞かせる目的の吹聴性をもった仄めかしですが、あくまで工作員による工作員内の会
 話です。ターゲット側はあくまで他人の会話であると一切無視していると、数字の順に被害を進め
 ていきます。言い訳ストーカー工作実施には、一般市民を大量に動員することがあります。

  ターゲットが列車に乗車すると「周りの乗客が全て話しこむ状況」にもなり、連日一日数百人程度
 の仄めかしが入ります。基本的に列車内は静かであることが基本です。近隣で話されている内容は、
 全て「言い訳ストーカー用の工作」です。集団ストーカーの攻撃性をもった会話内容とは異なり、
 集団ストーカー行為を覆い隠す、または忘れさすような場を仕立て上げる内容が主となります。言
 葉のニュアンスとしては「見方が悪い」「もういいじゃん」「違うよ」「みんなでやったんだよ」
 等というものです。これを永遠、一日数百回に及ぶ仄めかしによって実施します。

 主な内容を以下に記します。

 <事例1> 集団ストーカー否定型
  インターネット掲示板、ホームページに「集団ストーカー」について書き込むと、「妄想だ」
  「集団ストーカーなどない」「集団ストーカーされてると書き込むやつは統合失調症である」
  と即座(1分以内)に書き込まれます。そのような内容を記載したページが、プロバイダ等か
  らの圧力により削除されることもあります。
  (例)Wikipedia の「集団ストーカー」項は削除されています。

 <事例2> 「我々は人を作っている」ことにする手法(神になるという手法)
  たいそうな理由ですが、その言い訳はすぐに消えました。自ら実施した集団ストーカー行為が陰
  湿な手法であると判断したからなのでしょうか。

 <事例3> 世の中にはそのような手法があることを教えるという型
  「このようなことを教えてあげるのがボーナスだ」
  「企業はこのようにやってくると教えてあげるのが目的だ」
  ※何のボーナスで、どこの企業がやってくるのかわかりませんが、企業ストーカー等、企業組織
   が首謀に関与していることを示唆する仄めかしです。

 <事例4> 尾行行為を正当化するような仄めかし
  「これだけ予算を使った」「ここまで追ってくるのはいない」「普通はここまでしない」
  ※何にどれだけ予算を使い、何をしたのかわかりませんが、企業団体、宗教団体が組織的尾行行
   為に関与したことを示唆する仄めかしです。

 <事例5> 「もう何してるかわからない?」と仄めかす
  仄めかしに効果がない場合、いらついた工作員がそのように発言します。

 <事例6> 「もはや人間ではない」「機械だ」と仄めかす
  音楽を聴いていたり、耳栓をしていると、苛立った工作員が確認できます。

 <事例7> 「視点が悪い」と仄めかす
  何が悪いのかわかりませんが、工作員が行っているのは「言い訳ストーカー」であって、「集団
  ストーカー」として捉えるのがいかにも悪い事であると示唆するような内容です。

 <事例8> 列車内で場を作る
  予め集団ストーカーによって意図的にターゲットを孤立させた環境を作り出したうえで、ターゲ
  ットの乗車した車両に多数の工作員を乗せ、孤立していることはよくない等というような何らか
  の場を作り出し、「尾行は不道徳行為である」という考えを真っ向から否定する場を作りだしま
  す。

 <事例9> 「全員でやった」ことにする(わざとやったことにする)
  一般人をも巻き込んだ仄めかしを実施して、一般社会的に許容される行為という場を作り出し、
  責任の所在を無効化させます。「集団ストーカー」に反論するような思想を持つと、「トゲを取
  るために行っている」等と仄めします。一方、皆の知らない所ではプロ市民による挑発的仄めか
  し行為を永遠と継続します。

 <事例10> ターゲットを有名人に仕立てあげ、尾行、待ち伏せ行為を「演出」とする 
  トゥルーマンショー型集団ストーカー犯罪です。「話を作った」「舞台を作った」「映画を作っ
  た」「セットした」等と仄めかしを入れ、ターゲットがその場にいるように仕立てあげ、それを
  ターゲットの意思に関係なく無理やり認識させるのが目的です。事情を何も知らない一般の通行
  人から苦情、問い合わせが来ると、「有名会社の社長が来る」「スターが来た」「VIPが来る」
  等と発言し、上記行為を容認されるべき行為と一方的に主張します。これら行為を連続的、多人
  数で行い費用をかけることで、容認される場を作り出します。
  ※5〜10年に1回サイクルで発生する劇場型ストーカーです。

 <事例11> 海外の付きまとい
  海外にまで付きまとい「私達はここまで“してあげた”」という主張し、許容される行為という
    場を作り出します。 ※海外事例は案外多く、米国出張の際に尾行されるケースがあります。

 <事例12> ひたすら叩く
  仄めかしの効果がない場合、ひたすら叩きつける行為を実施します。

 <事例13> 伝言ゲームをする
  トゥルーマンショー型集団ストーカー犯罪です。各店舗等に協力を要請し、ターゲットに対して
  「伝言ゲーム」をしていると周知し、協力を依頼します。実は自殺強要ストーキングの覆い隠し
  であることを一切周知しません。小規模店舗等では路上に周回する工作員が携帯電話で本部へ連
  絡を取り、商工会経由で依頼することが多いです。大型店、チェーン店、飲食店は携帯電話を持
  った工作員が張り込んでいる仕組みです。もちろんそのようなインフラが出来ているわけです。

 いずれもターゲットが仄めかし内容を聞かないのと、あたかも悪であるような場を仕立てあげるの
 が特徴の一つです。また聞かなくても、ターゲットが聞いたかのような場をも仕立て上げます。

[言い訳ストーカーの場面]

 以下のような場面で、言い訳ストーカーを仕立てあげます。

 <事例1> 一般店舗(待ち伏せ行為)
  予めターゲットが行きそうな店舗に工作員を配置します。この場合、一対のカップルが工作員で
  あることが多いです。店員も工作へ巻き込みます。そして工作を「全員でやった」等と仄めかし、
  自ら実施した、尾行、待ち伏せ、盗聴行為を無効化させます。

  いづれも多数の仄めかしや仕立て上げた場によって、ターゲットの精神を操り人形のように操作
  しようとする仕組みです。集団ストーカー行為がうまくいかなかった際、ターゲットや協力加害
  者(一般人工作員)に言い訳するため、実行します。

 (1)「忘れさせる」という場
     突然ターゲット周囲の見知らぬ者が高笑い工作を実施し、仲良くなったような場を作り出
     します。

 (2)「笑わせる」という場
     ターゲットを笑わせるという理由を仕立て上げ、店員が特徴的な独特の冗談を言う等の場
     を仕立て上げます。

 (3)「やるからには徹底的にやる」という場
     可能な限りの店舗で実施します。店舗数が多ければ、「我々ここまでやっている」という
     理由でもって協力加害者(一般人工作員)を納得させることができます。

 (4)「もうやだと思わせる」という場
     ターゲットを嫌にさせるというを理由をつくります。主に何かを叩き付けたり等、不快な
     ノイズキャノペーンで構成されます。迷惑防止条例違反です。

 (5)「(首謀者の元へ)来させる」という場
     ターゲットを嫌にさせるというを理由をつくります。主に何かを叩き付けたり等、不快な
     ノイズキャノペーンで構成されます。こうして嫌になったターゲットが首謀者の元へ来る
     という仕組みです。面会強要行為にあたり、迷惑防止条例違反です。

 (6)「ちゃちを入れる」という場
     ターゲットが集団ストーカーであると指摘すると、ターゲットの見えない位置(これが重
     要)にいる工作員が、茶化したように「キャハハ」と笑い、「こんなにやってるのに」等
     と仄めかし、集団ストーカーを覆い隠すためにターゲットの精神を操り人形のように操作
     しようとする仕組みです。

 (7)「こうなっちゃう」という場
     ネズミ講のように加害者が増えていく仕組みを取る集団ストーカーを意図的に実施し、あ
     たかもターゲットの行動が悪いという場をでっちあげ、「こういう事をすると、こうなっ
     ちゃう」等と仄めかす行為。これにより、犯罪有名人のように仕立て上げることができま
     す。

 (8)「繋がってるの」という場
     そのような場を作り出しますが、逆効果になります。「本人(ターゲット)には絶対言っ
     てはいけない」等と周知させ、集団ストーカー首謀者(加害者)はターゲットを可能な限
     り孤立させ、あたかもその人物1件のみの事象として処理しようと、あの手この手を使っ
     て工作します。この結果、条例違反したり、プライバシーマークをだまし取ったり、隠し
     通したりする事項が存在します。このような隠し犯罪者と関わらないというのが、ターゲ
     ット被害者の考えになります。

 (9)「視点が悪い」という場
     何が悪いのかわかりませんが、工作員が行っているのは「言い訳ストーカー」であって、
     「集団ストーカー」として捉えるのがいかにも悪い事であると示唆するような内容です。
          特にターゲットがマイナスの視点で物を見る(条例違反行為)等とでっち上げ、自ら実施
     した、尾行、待ち伏せ、盗聴行為を無効させます。

 (10)「追っかける」という場
     貴方が必要だ、という理由を仕立て上げて店舗工作を実施します。こうして、自ら実施し
     た、尾行、待ち伏せ、盗聴行為を無効させます。

 (11)迷惑行為の「証拠を取らせる」という場
     迷惑防止条例に違反する行為を集中的に実施し、ターゲットに証拠を取らせるという目的
     で工作を実施します。面会強要行為になります。ターゲットが首謀者に対して人間不信を
     抱いてから始まる工作で、初期段階では発生しません。

 (12)「こんなにみんなでやったのに」という場
     迷惑防止条例に違反する行為を意図的に実施した上で、「ターゲットの為に費用をかけた」
     「ここまで声を届けた」等、大勢でターゲットの同情を引く仄めかしを実施します。これ
     は町ぐるみで実施するパターンが多いです。

 (13)「これでも集団ストーカー?」という場
     迷惑防止条例に違反する行為を意図的に実施した上で、「ターゲットの為に費用をかけた」
     「ここまで声を届けた」等、大勢でターゲットの同情を引く仄めかしを実施します。これ
     は県ぐるみで実施するパターンが多いです。

  いずれもターゲット近辺の店舗に申し出て、時給なしで宗教学会員を働かせてもらうという手法
  とも言われていますが、詳細は不明です。

  <事例2> 路上(待ち伏せ行為)
  通行人を装った工作員がターゲットの周囲を取り囲み、あたかも町人であるような振る舞いをし
  ます。平日昼間等人がいない状況であるにも関わらず、多く人がいる状態であるのが特徴です。
  そして工作を「全員でやった」等と仄めかし、自ら実施した、尾行、待ち伏せ、盗聴行為を無効
  させます。

  いづれも多数の仄めかしや仕立て上げた場によって、ターゲットの精神を操り人形のように操作
  しようとする仕組みです。

 (1)「忘れさせる」という場
     ターゲットが歩く契機にて、通行人を装った集団で歩く大学生等が高笑い工作を実施し、
     仲良くなったような場を作り出します。注意深く観察すると、そんな場所にそんな人物が
     歩かないことがわかります。

 (2)「我々(請負側)の努力が」という場
     ターゲットが歩く契機にて、通行人を装った工作員がこのように仄めかします。ここで、
     このような工作(店舗型ストーカー)を実施するのは費用がかかる等の意味合いを含めま
     す。そして、「私達はここまで“してあげた”」という主張し、あたかもそのターゲット
     1件のみの工作事象として処理しようします。このようにして、ターゲットや協力加害者
     (一般人工作員)を巻き込んだ、ストーカー場面を作り上げます。

 (3)「ハハハ、ここまで尾いてくる」という場
     ターゲットが遠隔地に移動する契機にて、通行人を装った工作員がこのように仄めかしま
     す。ここで、このような工作を実施するのは集団ストーカーではない笑い話等と、言い訳
     を実施し、自ら行った違法集団ストーカーの悪質性を隠ぺいするための工作です。そして、
     「私達はここまで“してあげた”」という主張し、あたかもその工作を漫才のように仕立
     てあげ、ターゲットや協力加害者(一般人工作員)を巻き込んだ、ストーカー場面を作り
     上げます。

 <事例3> 一般企業(待ち伏せ行為)
  ターゲットが面接等に行った契機で、面接官、在籍従業員等による工作行為があります。この場
  合の工作は軽微なアンカリング等で構成されます。

 (1)「咳きこむ」場
     面接官等、ターゲット周囲の者咳きこんだりします。

 (2)「話込む」場
     ターゲットから見えない位置(壁際等)で、何らかのキーワードを含めた仄めかしがあり
     ます。※見えない位置というのがとても重要です。自らの保身を考えています。

 (3)「騒音」場
     面接場の付近において、ターゲットがいる位置に何らかの機微な騒音を作り出します。

大規模交通機関利用型ストーカー

 工作員を大規模で動員し、予めターゲット付近の交通機関に乗車して待ち伏せしていたり、主要駅
 に集団でうろついていたりします。ターゲットに動きがあると工作員がいつでも工作できるように
 配備されている状態になります。この大規模動員は一種のカモフラージュになります。首謀者、請
 負側(雇い側)の「我々はここまでやっている」という意志が、集団ストーカーの陰湿性を覆い隠
 す目的があります。集団ストーカーは、ねずみ講のように加害者が増えていく(増えないと成り立
 たない)システムです。プロ市民のみで加害の効果がないと、(社会人は勤務中のため)学生に依
 頼するしかないのです。未成年の生徒に加害を依頼するケースは日本で多数の被害者から報告され
 ていますが、こういう現象は日本(とその影響を受けた韓国)だけです。

 集団ストーカーは、基本的に人を待ち伏せし、話を盗聴し、行動を監視し、仄めかしという、ちゃ
 ちを入れたり、揶揄したり、アンカリングする行為です。何らかの理由で覆い隠されていますが、
 尾行を「我々は見ていた」「聴いていた」等とすり替えるにすぎません。この者達は「集団ストー
 カー依存症」にかかっており、それが正しいと盲目的に信じているのです。

 客観的(第三者)視点を取ると、加害者という人物は「一般人を装って列車に乗車しながら待ち伏
 せするという」気持ち悪い人達です。被害者が女性の場合、特に心身が擦り減るはずです。このよ
 うな場を見て何か得るものはあるのでしょうか?あるとすれば「カルト手法はいけない」という感
 想のみです。

 女性を見ればその特徴が一目瞭然です。美しい、かわいい、おとなしい、綺麗な女性はこのような
 行為に参加しないため、「多数の生意気そうな男子学生と少数の“特徴的な”女性のみが参加する」
 という、極めて異常な場が見られます。

[言い訳ストーカーの矛盾]

 ここでおかしなことに気づきます。

 <集団ストーカーの場合>……問い詰めると精神病院に送られる
  ターゲットにとって、工作員は見ず知らずの人達です。道端で突然「やる時はやるんだよ!」等
  とドスの効いた挑発性の仄めかしをおかしいと感じて、ターゲットが工作員を追及したとします。
  しかし工作員に「貴方は誰ですか? 言いがかりをつけると警察を呼びますよ」と返され、最悪
  精神病院に送られます。工作員はあくまで自分達で会話してるのです。
 
 <言い訳ストーカーの場合>……無視すると悪い人間にさせられる
  ターゲットにとって、工作員は見ず知らずの人達です。ターゲットに聞かせるような吹聴性をも
  った仄めかしですが、あくまで工作員による自分達内の会話です。それ故ターゲットは他人の会
  話と判断して聞きもせず認知もしません。にも関わらず、工作員は次々と勝手に会話を進めてき
  ます。それどころか勝手に有名人に仕立て上げられたような場が多々見受けられ、上記のような
  会話を、複数の工作員から永遠に“聞かされます”。
  ターゲット側から見れば「貴方は誰ですか?」になります。

 ターゲットと工作員は赤の他人なのですから、その内容を聞いてもいません。言い訳する必要もま
 ったくありません。言い訳するのは、加害者に非があるからと考えられます。小手先の言い訳スト
 ーカー工作の積み重ね自体、「論理に矛盾した」行動なわけです。

 まったく論理に適っていない行為だからこそ、「言い訳ストーカー」なのです。

「体験になった」と仄めかす行為

 ターゲットが何らかの契機にて、誰かと集団ストーカー被害について話をしている際、話し相手が
 「君がその年でそのような体験したことは貴重である」等と仄めかし、諭す者がおります。これは、
 「集団ストーカーを実施することがボーナス」等と思想を持つ常習性の大馬鹿者が、そのように言
 わせる行為です。ハッキリ言いますが、これは日本で数万人が被害を受けている犯罪行為で、論理
 のすり替えになります。騙されないようにしましょう。そしてあらゆる理由を探し出して、さらな
 る集団ストーカーを続けます。

 この犯罪を分析すると解ることですが、警察署、消防署、警備会社を除いた、「防犯」をうたう組
 織にいる宗教入信者はろくでもないということが多いです。彼らが24時間365日実施する尾行、
 待ち伏せは、「防犯活動の一環」等と理由を仕立て上げます。そしてニートに町を練り歩かせるの
 です。

「この人は良い人」と仄めかす行為

 集団ストーカー手法とは、加害者の工作によってターゲット近辺でおかしなカルト的加害工作を実
 施し、被害者が「何かがおかしい」と思うまで刷り込み、被害者を首謀者の元へ誘き寄せるシステ
 ムです。盗聴、諜報工作を利用して得た情報は一切表ざたにはせず、それを伏せたまま「被害者か
 ら首謀者へコンタクトさせる」という、非常に陰湿な仕掛けとなっています。その目的のためには、
 ターゲットのためになる等と宣伝された「シナリオ」を作ることが報告されています。

 ターゲットが、首謀者や請負側の宗教学会を「常習性反社会的犯罪者集団」等と認知すると、以下
 のような工作を仕掛けるケースがあります。なお、ターゲットは宗教とは一切何の関係もなく、コ
 ンタクトさえしたことがないものとします。

 <事例1>「ターゲットは良い人」
  一般人(特に若い女性)が、「ターゲットは良い人」であると指摘すると、周囲に寄って集った
  宗教工作員が「普段はいい人だが、他では良くない」等と「嘘」を言い、周囲(協力者側)を洗
  脳します。 ※他とは、盗聴したり、諜報しなければわからないようなことです。

 <事例2> 子供に対する周知
  子供に工作を依頼する場合、「良い人だから話を作る」等と言って子供を騙します。宗教学会に
  所属している主婦等を介して子供を説得するのがパターンとなっています。

 <事例3> 反集団ストーカー団体
  『ターゲットは悪くないので、ターゲットの為に反集団ストーカー団体、集団ストーカー情報網
  (メルマガ、ブログ)を作った』等と主張し、「首謀者を訴える、若しくはそれに準ずるような
  場を提供した」等と主張する工作です。組織員が偽(元)被害者になっていることもあります。
  ※反宗教学会メンバー(を装った宗教学会員であることも多い)を利用することもあります。彼
   らはターゲットを引っ張り出そうと、あの手この手を利用します。

 体裁のいいリストラ工作となりますが、「自殺強要ストーキングを継続したい」という意思を持ち
 ながら、「自殺強要ストーキング」の悪質性、陰湿性を覆い隠す目的で、子供をもストーキング行
 為に狩り出すのが定石となっています。このように、「実施した集団ストーカーにおいて違法行為
 があったことを一切自首することができない」というメカニズムで動いています。

参考:大規模型集団ストーカーについて

 「言い訳ストーカー」とは、一般人工作員を巻き込んだ屋外型集団ストーカーを実施したが、ター
 ゲットを追い込む途中に埒が明かない状態になった場合、事前に「全社協定」という他社との関係
 を結び、「これは集団ストーカーではなく、話を作ったセット」等という、「言い訳をするための
 対策」のことです。この言い訳ストーカーを依頼する組織は、過去複数回の集団ストーカー行為を
 実施した経験をもつ、集団ストーカー依存症である傾向があります。

 ターゲット行動を全て否定するような場を仕立て上げ、「全体の力」を使ってターゲットを「マイ
 ンドコントロール」し、本当の集団ストーカー(職場モビング)を実施した経歴や記憶を「消し去
 る」行為です。

 大規模な集団ストーカーを実施すれば、首謀者側の力が大きいと誇示できます。そして、ターゲッ
 トを追跡し続け、「もうどうでもいい」と思わせるのが目的です。また、加害行為を協力してもら
 った工作員に対しても「大規模に実施したので良い行為だろう」と洗脳、感化することができます。

 集団ストーカーは、ほおっておくと、ネズミ講のように加害者(工作員)が増えていく手法です。
 実施規模が大きくなるほど、その首謀者の意図が「伝わらない」ことになります。ようするに、陰
 でコソコソするような胆の小さい組織が依頼することです。大企業(と言われる企業)が実施した
 背景で、その関連会社を買収させたりして所在を消したりします。

 その程度の小さい組織のすることです。こんな組織は「人が離れていく」のです。そしていつまで
 も追跡し続けるのです。

 こうして集団ストーカーを否定され、次なるターゲットが選定されます。
 そして歴史は繰り返されるのです……