ホーム > 手法の実際 > 仄めかし


手法の実際メニュー

[仄めかし]

 ターゲット付近で24時間365日意図的な会話を連続実施し、ターゲットが疎外されていたり嫌
 われているような環境や場を仕立て上げる行為です。別名音声送信とも呼びます。監視されている
 事を刷り込んだり、神経を逆なでする要素を持っています。また長期に渡る数千人規模に及ぶ仄め
 かしの場や状況を作り上げることにより、ターゲットをマインドコントロールすることが可能です。
 これを「仄めかしテクノロジー」と呼び、集団ストーカーの最も主たる攻撃方法です。ターゲット
 の職場で実施されるものは、「モビング」のページに掲載してあります。多数の仄めかしによって
 ターゲットを操り人形のように操作しようともします。

 宗教学会員の仄めかしは一般人の言葉は異なり、集会などで訓練された洗脳手法です。ターゲット
 の事を悪いように誘導したり、自らの組織力を強大化したり、付きまとい行為を合法化するような
 姿勢を取るのが特徴です。

 ターゲットを「自己愛性人格障害」と一方的に診断し、「見過ごされた神経症」を治療する等とい
 う大義名分で、「社会的拒絶」「脳の錯覚」を引き起こすことが最適と頑なに信じている組織があ
 るのです。 仄めかしはこの錯覚を引き起こすの必要というのが彼らの主張です。

[仄めかしの概要]

 仄めかしは最も主たる攻撃手法であり、最も効果があるものです。工作員による会話、音声を利用
 してターゲットに対しあらゆる感情や思想を連続的に入力することで、ターゲットの気分を陥れた
 りコントロールしたりします。日常光景において、ターゲットは周りにいる人々を知らないはずな
 のに、周囲の人間がいかにもターゲットを知っているような状況で、かつターゲットを悪意のある
 人間のような捉え方をする風評被害的な状況の場を作り出します。もちろんターゲット知ってる理
 由は工作員だからです。ターゲット一人に対して百人、千人、一万人を動員して仄めかし、無理矢
 理意図的な場を作り上げることで、その人物の持っている思想を変化させたりマインドコントロー
 ルしたります。

 ターゲットが仄めかし内容に反論するような思想を持つと、ターゲットを尾行しなければ知り得な
 い情報や、ターゲットが悪人であるような理由を仕立て上げ、ターゲットを精神的に追い詰める場
 を作り出します。こうして首謀者が尾行、待ち伏せ行為を実施し、プライバシーマークを取得して
 いる会社が集団ストーカーと名のつくパワーハラスメント行為に参加したとしても、社会通念上許
 容されるような場を作り出します。こうして首謀者、加害者の行為が不道徳極まりないという認識
 を消し去ることが可能です。

 仄めかしには以下があり、それぞれ役割が異なります。

 1.プロ市民による仄めかし
   ターゲットを追いつめる目的で実施します。

 2.従業員工作員による仄めかし
   ターゲットを追いつめる目的で実施します。「モビング」のページに掲載してあります。

 3.一般市民工作員による仄めかし
   緩衝としての役割です。首謀者、加害者の行為が不道徳極まりないという認識を消すためです。

1.仄めかし手法の解説

 <実例1> 屋内型仄めかし
  ターゲットがいる室内にて、個人情報ならびにそれに順ずるような事を仄めかす行為を実施しま
  す。ごくスタンダードな手法です。

 <実例2> 擦れ違いざま型仄めかし
  ・工作員1とターゲットの擦れ違い様に、工作員1が仄めかしを行います。
   ・10m位離れた工作員2とターゲットの擦れ違い様に、工作員2がターゲットの顔色を見ます。
  ・更に10m位離れた工作員3とターゲット擦れ違い様に、工作員3が仄めかしを行います。
  ・更に10m位離れた工作員4とターゲット擦れ違い様に、工作員4がターゲットの顔を見ます。
  ※工作員は連続しています。

 <実例3> 乗客型仄めかし
  一駅で降りてしまう列車乗客が仄めかしを行います。ターゲット付近の乗客は一切仄めかしをせ
  ず、ターゲットから目の届かない位置にいる工作員のみが仄めかしを実施する手法です。
  ※満員電車(誰が痴漢するのかわからない環境)での痴漢行為と類似しており、誰が仄めかしを
   するのか解らないような、陰湿性を伴う行動です。

 <実例4> 店舗型仄めかし(店舗が関与しない場合)
  ターゲット付近の店舗(飲食店等)に工作員が多数配置されていています。ターゲットが飲食店
  に入ると工作員が次々に同店舗に入店し、工作員によって仄めかし行為が実施されます。

 <実例5> 店舗型仄めかし(店舗が関与する場合)
  「今度、ある風貌の人(ターゲット)が来たら『ABと言って』」というパターンで、ターゲッ
  トが店に来たら、予め依頼した仄めかしを実施するよう店には事前に連絡しておきます。店内、
  店外にも工作員が配置されています。ターゲットが店舗に入った後、特定工作員が店に入ること
  でターゲットが来店したことを店に合図します。店員工作員によって仄めかし行為が実施されま
  す。

2.仄めかし場の変遷

 仄めかしは「聞かせ言葉」であり、過去に発言したその内容がいとも簡単に覆されます。内容がよ
 く変遷しますが、以下のようなパターンで場を仕立て上げるのが特徴です。いい加減に仄めかして
 いるわけではなく、指令部隊によって指示された内容を組織的に仄めかします。

 <実例1> 持ち上げて、落とす
  ターゲットに対して、皆で「お金がもらえたり、何か利益がある」ような場を仕立て上げます。
  仄めかしは少数の工作員で連続実施します。その後、ターゲットに「こいつは図に乗る」「こい
  つは調子に乗る」等とターゲットを非難する場を仕立てあげます。

 <実例2> 不法行為の覆い隠し
  ターゲットが集団ストーカー行為に対して、法律上の問題を提起したり、子供を利用することを
  責めたり、この行為によって大量退職が発生したり、過去の事例を調べたりすると、「懐疑心を
  取るためにやっている」「ABしてはいけない」「もう時効」等と仄めかし、大勢でターゲット
  を責めます。

 <実例3> 同情を買う
  「ターゲットの為に費用をかけた」「ここまで声を届けた」等、大勢でターゲットの同情を引く
  仄めかしを実施します。これは町ぐるみで実施するパターンが多いです。

 <実例4> 場に乗せる、挑発させる
  それでも効果がない場合、「何故ここまでやった」「何故ここまで人を使った」等と声を荒げる
  ニート工作員を派遣し、ストーカー行為をストーカーと思わせず、あたかもターゲットに悪意が
  あるような仄めかし工作を実施します。効果がなければ、<事例1>へ戻ります。基本的にこの
  繰り返しで仄めかしを実施します。

  <事例1>に戻る頃には、加害人員が増加します。偶然を装って増加していくように見えますが、
  裏では宗教工作員による加害インフラを利用しているだけです。集団ストーカーが辞められなく
  なったケースでは一般人を巻き込んだ言い訳ストーカーを実施します。

3.仄めかし場の作り方

 多数のエキストラ(実態は工作員)をターゲット周辺に配置し、ターゲットがどこに行っても工作
 員が何らかの音声入力(仄めかし)を実行できるようにします。そしてあたかも何らかの場(世界)
 が仕立て上げられているような環境にします。吹聴するような抑揚の発音が多く、よく聞くと同一
 人物による仄めかしであったりします。
 
 <実例1> 職場モビング等
 予めターゲットの周りを工作員で取り囲みます。そしてターゲットを一人疎外するような仄めかし
 を実施します。例として、ターゲットから見えない位置で「ちぇっ」などという言葉を吐いたり、
 ターゲットの名前を省略して悪口を言ったりする手法です。

 <実例2> 飲み屋街での仄めかし
 予め「集団ストーカー」を実施し、ターゲットが人間不信に陥り孤立していることを周囲に見せし
 めます。ターゲットが行きそうな飲み屋周辺に工作員を大量配置し、わざと騒ぎ立てるような場を
  仕立てあげます。ターゲットが飲み屋街に出向くと、そこは工作員で一杯です。「やっぱり全体な
  んだよね」とか、「誰々に相談しないといけないよね」など、それとなく「一人でいるのはよくな
  い的な」内容を入れておきます。これをミスリード手法と言います。集団ストーカーを合法化させ
  るための手段です。いつも間にか、ターゲットが悪い方向に進むようなことを示唆する仄めかしも
  入ります。

 <実例3> 行楽地での仄めかし
 ターゲットが行楽地に出向くと、そこは工作員で一杯です。例えば夜桜を見に寂しい公園に行くと、
 偶然を装った工作員が徐々に集まってきます。「やっぱり全体なんだよね」とか、「誰々に相談し
 ないといけないよね」など、会話にそれとなく怪しげな仄めかしを入れながら歩くグループが多数
 見られるようになります。彼らはターゲットがこの公園に出向いたことを知っていて、仄めかしの
 場を作り出す目的で来園しているのです。例えばターゲットが男性一人の場合、男性一人で来てい
 る客全てに対して仄めかしを実行するので、公園全体が仄めかしという怪しげな場に包まれます。
 本来の行楽地の基本は無音で、ここから「花が美しい」とか「来てよかった」などという会話が発
 展していくはずですが、この工作員によって異常な世界が作り出されていきます。この公園で茶店
 を営んでいる店主は、少し嫌そうな顔をしながらその怪しげな雰囲気に「何にしているの?」等と
 ヒソヒソ話をしたりします。そしてターゲットの帰り際、男性工作員が「帰りもやるからな!」と
 ドスの強い怒りの言葉で仄めかします。

 <実例4> 列車内の仄めかし1
 若い男女を利用し、それとなくターゲットを疎外させるような言葉を言います。これを複数の場所
 で実施することでターゲットがキレるのを確認します。

 女性工作員「きゃはは、コイツだよ、コイツ」
 男性工作員「馬っ鹿じゃねぇの。お前だけだよ知らないの」
 女性工作員「でもさぁ、何で解らないだよねぇ」
 男性工作員「さぁ、知らないんじゃないかな」

  次の駅に到着すると、この工作員は列車を降りてしまいます。仄めかし目的での乗車だからです。
 次の列車では、次のストーリーが待っていたりします。

 <実例5> 列車内の仄めかし2
 終電列車を利用し、超満員の列車内に工作員を大量に詰め込みます。そして大勢で宴会場のような
 雰囲気になります。隣の車両と比べてと異常なテンションです。そして次の駅に到着すると、この
 工作員集団は列車を降りてしまいます。仄めかし目的での乗車だからです。仄めかしは次の通り。
 「気をつけないと、列車に乗り遅れるよー」

 <実例6> 大量退職の覆い隠し手法
 集団ストーカー手法を利用した会社は、大抵数割の退職者が発生することが、多くの被害者から報
 告されています。そして、ターゲットが行った店先で一般客を装った工作員が「入ったばかりの新
 人、ほとんど辞めちゃったよ」等という笑い話を含めた会話を実施します。それにより大量退職が
 一般的に起こりうる環境であるような事を示唆します。また、ターゲットが転職する際等、面接官
 により「うちもある程度の離職率はある」という仄めかしを依頼することがあります。

 <実例7> ターゲット居住地
 あたかも周囲全てで嫌がらせが発生しているような場が仕立て上げられますが、よく発音を聞くと、
 ターゲット居住地での仄めかしは同一人物による工作であることが確認できます。攻撃的仄めかし
 はプロ市民による十人程度のグループで構成され、吹聴するような聞かせ言葉になっています。
 ・同一人物による仄めかし(母、娘)
 ・声の通りは良いが、ボソボソした発音のサラリーマン

 最近増えた事例ですが、オーケストラ演奏の最後に、「ブラボー!」と称賛する男性がいます。や
 けに声の通りが野太いのが感じられます。以前の日本では、「とても静かに終わるオーケストラ」
 として海外でも評判だったのですが、最近では、この「ブラボー」が多発することで知られていま
 す。これは、プロの「ブラボー」屋さんに依頼している(1回五千円程度)ことを意味しているの
 ですが、この居住地仄めかしもブラボーと同じメカニズムです。

 <実例8> スーパー、コンビニ店舗の手法
 最近異常に報告が多い事例です。ターゲットが店に行った契機で、スーパーやコンビニのレジ店舗
 付近で、客と店員が何らかの仄めかし会話を実施します。しかしこれはレジスター等の騒音で、ほ
 とんど内容を聞き取ることができないことが多いです。その後、ニヤニヤした若い工作員が店先を
 周回します。携帯電話を持って通話しているふりをすること多いです。

 <実例9> スーパー、コンビニ店舗の手法2
 何か異常行為を実施した後、次のような会話を実施する手法。よくある常習パターンです。
  店員1「ね、もう言う?」
  店員2「まだ、言わないでおく」
 ターゲットから見ると何かが起きたことを店員が知っているような場を仕立て上げますが、独立し
 た工作です。

 <実例10> 通話型仄めかし手法
 ターゲットが通話している契機にて、通話中の相手や通話者の横にいる者が仄めかしを実施するパ
 ターンです。ターゲットが一度コンタクトを取った業者等(尾行したり、盗聴したりしなければ解
 らない情報です)を相手に、大手企業等の信用や宗教学会員を使って近づき、業者からターゲット
 へ電話する際にこの工作を実施します。そしてその後、関連情報を仄めかす路上工作員が現れ、タ
 ーゲットが話している内容はすべて解ると仄めかす手法です。

 <実例11> タクシーの客待ち手法
 ターゲットが駅前を通行している契機にて、客待ちをしているタクシー運転手が組織的に何かを仄
 めかす行為。無線連絡を受けることもあります。

4.仄めかし時における工作員側対策

 <実例1> 「手に何かを持ってる時はやるな!」(路上)
 路上を歩くターゲットに対して仄めかしを実施する場合、まず横断歩道待ちの女性がターゲットの
 手に持っている物を確認します。そして、ターゲットが何も持っていないことを確認したら、仄め
 かしを実施します。何かで録画、録音されるのを嫌うからです。

 <実例2> 急に被害者ぶる相談電話をかける工作員(電話)
 ターゲットが仄めかしに対抗して同量の逆仄めかし工作を永遠と実施すると、加害者は急に被害者
 ぶった感じでどこかに電話をかけます。
 (1)「ずぅっとしゃべっている人がいて、これはおかしい。強制的に家に入る方法を……」
 (2)「こいつのせいで、(住居侵入の件で)刑事がついちゃうよ」

 <実例3> 全社協定
  事前に集団ストーカーを実施することを各商工会等に通知して防衛を計る手法です。

 (例)集団ストーカーに対する防犯 PART6@防犯・詐欺対策 
    378. 真の被害者 [ sage] 2006/01/15(日) 22:04:15 Y91zUb3DO 
    いったいなんなんですか?これは!@ーソン全店に警戒されてるって何ですか? 
    俺、何もしてないのに。 トゥルーマンショーか?訳が分からないよ。 

5.1 [風評的被害]

 ターゲットが移動する経路、契機にて、工作員に刷り込まれた人達が非連続に「ターゲットのこと
 を悪く扱う」行為です。事前に工作員が、ターゲットの悪人格(社会性の欠如または低さ、対象者
 を子ども扱いする等)を仕立てあげ、ターゲットの対人関係を孤立させます。工作員自身がこの行
 為を実施せず、一般人が実施するため、工作に連続性が薄いのが特徴です。これを訴えると「貴方
 のことを知らない人達なのに、貴方のことを悪く言うはずがないでしょう」と指摘され、自律神経
 失調症や統合失調症等と判断されて、最悪精神病院への入院を余儀なくされる場合があります。

 <実例1> 通勤、通学経路中の乗客
  毎日同じ列車に乗っている乗客が「この人は危ない人かも」等とつぶやき、突然離れていく事象。

 <実例2> 異性と接する会場(出会い系)
  初めて接する人なのにも関わらず、一番魅力的な人のみ陰で「この人は嫌い」と言う事象。初め
  て行く場所で、会ったことがない人達のみの会場でも発生します。

5.2 [悪意の刷り込み]

 ターゲットを尾行しなければ知り得ない情報を入手し、後日仄めかしを行うことにより、一般刑法
 犯に該当する行為であると思わせたり、罪悪感をあおるような行為です。一人に対して工作員側が
 百人集まり、「ターゲットの悪意を正す目的があるからこそ尾行行為を行っている」と主張する場
 を作り出します。それによって、尾行行為そのものが不道徳極まりないという認識を消し去ること
 が可能です。
  
 <実例1> ターゲット側が怪しいと判断して、写真、ビデオで記録した場合
  見知らぬ工作員がターゲットの撮影行為をとがめたり、「何をしてるんだ!」等と大声での脅し
  をかけます。後日、「盗撮は悪い」「持っているのを消さなければならない」等と、いかに撮影
  行為が悪徳であるかという場を仕立て上げるため、一日数十回に及ぶ仄めかし工作を実施します。

 <実例2> ターゲット側が怪しいと判断して、写真、ビデオで撮影するふりをした場合
  「ターゲットが盗撮しているからこそ、それを妨害するためにやっている」等と主張し、ターゲ
  ットに対して特定工作員が連続して叫びだしたり、暴力性を伴う発言、個人情報ならびにそれに
  順ずるような事を仄めかすような事態を発生させます。

5.3 [挑発的仄めかし]

 ターゲット追い込みに効果がない場合、工作員が悪意ある仄めかしを実施します。もちろん表向き
 は工作員による自分達内の会話です。ターゲットに聞かせるような吹聴性をもった発音なのが特徴
 です。

 <実例1> 工作員が「こうやってとるんだよ!」等とドスの効いた言葉で仄めかす
  ターゲットを挑発する目的があります。ターゲットが「何様だと思っているのか」と思うと、工
    作員が「こっちは仕掛けた。次はお前の番」等と仄めかし、あたかもターゲットがその挑発に乗
    ってしまったような場を仕立てあげる方法。
  ※「とる」という言葉に穴があります。取る、撮る、録るなど色んな意味があり、その反応によ
      り次の仄めかしが実施されます。

 <実例2> 工作員が「お前がABしたからだよ!」等とドスの効いた言葉で仄めかす
  ターゲットが一般刑法犯を犯した等と思わせる仄めかしです。そこで何か反応があると、それを
  追いつめるための仄めかし行為が実施されます。

 <実例3> 工作員が「何のためにこれだけ集めた」と挑発するような言葉で仄めかす
  尾行行為の言い訳をする目的があります。原因をターゲットに転嫁する目的の発言の一種です。
  「みんなで尾行をやっているからいいのだ」という意味合いがあります。

 <実例4> 容姿の優れない女子高生の攻撃
  三人組の女子高生がいます。その中で容姿が優れない子が積極的に攻撃を実施します。他の二名
  は「そんなことしていいの?」と心配そうに訊きますが、この女子高生は無視して攻撃します。
  このパターンは日本のどこに行っても同じ手法です。

5.4 [有名人と仕立てあげる方法]

 一向に効果が見られない場合、ターゲットが有名人、もしくは有名人に似ているという場を無理や
 り認識させ、待ち伏せ行為を容認させるような場を仕立てあげます。表向きは工作員による自分達
 内の会話です。ターゲットに聞かせるような吹聴性をもった仄めかしなのが特徴です。ターゲット
 を監視するのが目的ですが、工作員はその背景を知らずに動かされています。

 <実例1>
  工作員とターゲットとの擦れ違いざまに、工作員が「有名人だ!」等と叫びます。工作員は子連
  れの親子であることが多く、子供にそのように言わせるよう予め仕込んであります。

 <実例2>
  ターゲットが建物から出た際などに、工作員が「キャー(嬉しがる悲鳴)」等と叫ぶことでター
  ゲットの気を引きます。工作員は女子高生であることが多く、そのように言わせるよう予め仕込
  んであります。

 <実例3>
  「何故ここまでやっている」「何故みんなでやっていた」等と仄めかし、まるでその場に乗せら
  れたような環境を作り出します。

 <実例4>
  ターゲット付近にいる周囲(の工作員)がターゲットのことを皆知っている場を仕立て上げた後、
  「TVで見た」「記者が来た」等と仄めかし、まるでその場に乗せられたような環境を作り出し
  ます。

5.5 [逆説的仄めかし]

 首謀者側がターゲットの過去についてその一部しか詳細を判断してないことを、以降大規模な仄め
 かしや尾行を実施することにより、過去の事も全て知っていると認知させる手法です。仄めかし後
 のターゲットの反応を見ることで、精神状況を分析します。もちろん表向きは工作員による自分達
 内の会話です。ターゲットに聞かせるような吹聴性をもった発音なのが特徴です。

 <実例1>
  工作員がターゲットを多数で取り囲み、「こんなに沢山でお前を見ていたんだぞ」と仄めかしま
  す。尾行、待ち伏せの論点をすり替える目的もあります。

 <実例2>
  多数の場所で、工作員が「ここまでやったからお前が過去にしていること(行動)は全てわかる」
  と同じようなキーワードを仄めかします。

 <実例3>
  (それでも効果がない場合)首謀者が一般店舗に仄めかしを依頼し、店員が個人情報並びにそれ
  に準ずるようなキーワードを発することで、「以前から見てたんだ」とターゲットに思わせます。

5.6 [偶然を装う仄めかし]

 ターゲットが出歩く契機にて、ターゲット行動を実況中継する等のプロ市民工作員が、偶然事象を
 仄めかす行為。

 <実例1>
  偶然にもターゲットが盗難防止用ブザーに引っかかってしまった契機にて、工作員が「うちらが
  通さないために引っかけたんだよ」と仄めかす行為です。偶然事象をあたかもコリジョンキャン
  ペーンのように振る舞うのです。

 <実例2>
  ターゲットが乗車した列車の電光掲示板で、少々疑問視する内容があった契機にて、「あれは俺
  達が入れた。10万円あれば出来るんだよ」等と爆笑しながら仄めかす行為です。

 <実例3>
  ターゲット付近に警察官が偶然歩いてきた契機にて、「俺たちが警察を呼んだ」「警察が関与し
  ている」等と仄めかす行為です。町中の男子学生工作員、ニートが発する傾向があります。警察
  の他に、特定宗教を語る(顕@会、天@教)ケースもありますが、これは嘘をついて他人に罪を
  なすりつけているだけです。

5.7 [位置情報の仄めかし]

 ターゲットが出歩く契機にて、ターゲット行動を実況中継するプロ市民工作員による工作です。

 <実例1> 駅
  ターゲットが駅に到着した契機にて、改札前に立っている工作員が、「今AB駅に来た」と仄め
  かします。

 <実例2> 店
  ターゲットが店に入った契機にて、店舗レジ付近に立っている工作員が、「今CD店に来た」と
  仄めかします。

5.8 [禁止行為の仄めかし]

 ターゲットがいる契機にて、禁止行為仄めかす工作です。

 <実例1> 「ABしてはいけない」
  「ABしてはいけない」とは、大抵集団ストーカーについてインターネット等に記載してはいけ
  ないという首謀者、請負側の意図です。多い時には1日100人程度、数日に渡って洗脳するよ
  う仄めかします。被害はHPに実名でどんどん書き込んで構いません。

 <実例2> 「まったく逆のことを……」
  ターゲットが仄めかしの逆を選択すると、このように仄めかします。
  ※基本的にこの工作は犯罪行為を隠ぺいする目的のため、仄めかしの逆が正しいです。

5.9 [でっち上げ型の仄めかし]

 ターゲットが何もしていないのにも関わらず、ターゲットに問題がある等いう仄めかし工作です。
 ターゲットが集団ストーカー等という視点で物を見ている悪人と仕立て上げ、周囲全員で仄めかし
 を実施すれば洗脳できる等という理由でターゲットを取り囲み、ターゲットを孤立させる手段です。
 実はターゲット何もしていないため、集団ストーカー行為に対して更なる嫌悪感をもたらします。

 <実例1> 「ターゲット周辺にいる他被害者が集団ストーカーについて記載」
  ターゲットがまったく何もしていない状況で、ターゲット周辺にいる面識のない他被害者がイン
  ターネット掲示板等に地名を付与しながら集団ストーカーについて記載した場合、あたかもター
  ゲットがそれを書いた等というような場を仕立て上げる仄めかしを実施したり、ターゲットにそ
  の問題を書かせない、もしくは懐疑心を取る目的で実施している等と仄めかす行為です。(実態
  はターゲットがそれを書いたかどうか調査する工作です)

 <実例2> 「ターゲットが過去の集団ストーカーについて記載」
  ターゲットが過去に発生した集団ストーカーについてインターネット掲示板等に記載した場合で
  も、あたかも今起きている集団ストーカーについて記載しているという場を仕立て上げる仄めか
  しを実施したり、ターゲットにその問題を書かせない、もしくは懐疑心を取る目的で実施してい
  る等と仄めかす行為です。(実態は集団ストーカーの覆い隠し工作です。このような事で尾行す
  ること自体問題なのです)

 <実例3> 「ターゲットが他人の集団ストーカーについて言及」
  ターゲットが同様な被害を持つ集団ストーカー被害者についてインターネット掲示板等に記載し
  た場合でも、あたかもターゲットに起きている集団ストーカーについて記載しているという場を
  仕立て上げる仄めかしを実施したり、ターゲットにその問題を書かせない、もしくは懐疑心を取
  る目的で実施している等と仄めかす行為です。(実態は集団ストーカーの覆い隠し工作です。こ
  のような事で尾行すること自体問題なのです)

6.洗脳手法

 ターゲットがどこに行っても、見知らぬ者がターゲットに対して同じ言葉を仄めかすことにより、
 「キーワードが尾行する」という場を仕立て上げます。仄めかす言葉はターゲット毎によって異な
 ります。故に個別の言葉の解説はあまり意味を持ちませんが、特定の言葉を使うことによって洗脳
 効果を出す手法を以下に記載します。

 「単語」や「一文節」を使い、中途半端な言葉によってターゲットから見えない位置や見知らぬ人
 間によって工作するのが集団ストーカーの特徴です。そしてその仄めかしを聞かなければ社会悪で
 あるという場をも仕立て上げます。こうして工作を長期間、大規模で実施させることにより、あた
 かも社会的に許容される行為であるような場を仕立て上げ、ターゲットを洗脳させます。

 1.あたかもターゲットが悪い人間であるという場を仕立て上げる洗脳手法
  ・ターゲットを追いつめるような言葉をひたすら繰り返す工作です。本人から見えない位置で実
   施されることが多く、通行人を装った工作員が仄めかします。微かに聞こえてくるような音量
   で、録音等が難しい状況で実施されます。
   ⇒実例「この人、ABしたんだって……」「この人がストーカー(の犯人)?」

  ・ターゲットの懐疑心を取るためにやっている等という工作。
   ⇒実例「こいつの疑いを取る」「私達はこれを見て言っているだけ」

  ・ターゲットに疎外感を与え、人間不信に陥れる工作。
   ⇒実例「チッ!」「何で……なんだよ!」

  ・ターゲットが事情を知らないにも関わらず、あたかも知っているような場を仕立てる工作。
   ⇒実例「こいつ知ってるくせに……」 
   ※一般人に対する洗脳、周知も含む

 2.『私達は見ていた』等という場を仕立て上げる洗脳手法
  ・大勢で仄めかしを実施することにより、「尾行した」という概念を覆す工作。多数の人員(タ
   ーゲット周囲を覆い囲む工作員)が嫌がらせを含む仄めかし工作を実施します。そして、あた
   かも「社会の目である」等という場を仕立て上げ、「集団ストーカー犯罪という目で物を見て
   いる限り、(加害を)続ける」という仕掛けです。
   ⇒実例「マイナスの方向で物を見てる」「もうとれない、とれない」「まだついてる」

  ・一般人店舗店員による仄めかし工作
   ※店舗店員にとっては「待ち伏せ」であり、尾行という概念はありません。これを「ストーカ
    ー」であると認識するのは難しいです。防犯パトロールというシステムの悪用です。

  ・警察官による仄めかし工作
   ※警察の信用を利用した工作ですが、宗教学会に入信している警察官が関与したという認識を
    もたれ、警察に対する信用を減らします。

 3.集団ストーカー犯罪ではないと洗脳する手法
  ・路上を歩くヤンキー集団がターゲットとの擦れ違いざまに「視点が悪い」等という意味の単語
   を集中的に吐きます。数カ月〜数年に及ぶ工作です。
   ⇒実例「サングラス、色眼鏡、レーシック、目薬」

  ・大規模言い訳ストーカーに関連する仄めかし工作。
   ⇒実例「こんなにやらない」「皆繋がっている」

  ・一般人工作員に対する説得(洗脳)工作です。大手チェーン店等で末端に伝播されます。
   ⇒実例「首謀者をわからせるため大規模に実施している」
   ※ターゲットからは犯罪者として見切られているケースが多いです。規制、条令、法律以上に
    一般人が納得、同情を引き起こすような理由をでっち上げることで、あたかも社会的に容認
    されるような場を作り出します。主な仕立て上げ理由として、『祖父が亡くなる』『親が見
    てる』『これだけ大規模(町ぐるみ)でやっている』『映画を作る』があります。

 4.子供を利用した集団ストーカーを合法化させる洗脳手法
  ・ターゲットとの擦れ違いざま(実は待ち伏せ)に子供が何かを仄めかすのは定石工作です。
   ⇒手法1 幼児を荷台に乗せた母親の自転車が登場。幼児が「指示された単語」を仄めかす。
   ⇒手法2 幼い子供を公園で遊ばせながら、子供が「指示された単語」を仄めかす。
   ⇒手法3 通学を装った中高生が登場。これは携帯電話を利用して都合よく待ち伏せしていま
        す。特に工作員が女の場合は、その母親から受け継いだカルト言葉や捲し立てる話
        し方が特徴です。

   これを大規模に実施することにより、あたかも社会的に許容される場を仕立て上げます。
   ⇒実例「ここまで人を使った」
   ※子供を利用した陰湿行為の覆い隠し手法です。

 5.宗教学会を攻撃(集団ストーカーが特定の宗教学会による犯罪と認識、公表)すると、
   ターゲットに脅威があると刷り込む手法(威嚇行為)
  ・ターゲットとの擦れ違いざまに、数人組のサラリーマンやヤンキーがドスの聞いた声で仄めか
   す工作。
   ⇒実例「こいつ、宗教学会のこと言ってるぞ。訴えるぞ!」「どうやってもダメな仕掛けなん
       だよ!」「こいつが危ないことしたからだよ!」

  ・ターゲットが店舗から去る契機にて、店員による内輪会話の工作です。
   ⇒実例「もうダメと思わせないといけない」「何をしているかわからない?」

  ・ターゲットがネット等に集団ストーカーについて記載した翌日、工作員による仄めかし工作。
   ⇒実例「こういうのを書いてはいけない、残してはいけない」

  【特定宗教学会を批判する者は害を被るとの暗黙の威嚇を示す諺とも謂えない様な呪文が世を風
  靡しています。】彼ら請負団体はこのような空気、社会的存在をも利用(これが一般人工作員が
  下を向いたり、口をつぐんだりする理由)します。集団ストーカーのターゲットは元々宗教とは
  何も関係もない人がほとんどで、被害を受けた結果、宗教学会や首謀者に嫌悪を感じて反対した
  だけにすぎません。そしてまるで秘密結社のように振る舞う彼らの悪行を明らかにしようと追及、
  抗議行動に出るわけですが、宗教学会(を利用する可能性がある組織群)によりその抗議行動を
  危険な「保守、右翼活動」と指摘され、危険な「監視人物」に仕立て上げられます。

  ※本項執筆には、集団ストーカー現象について考える様の引用(【】内)を頂いております。

 6.集団ストーカー犯罪がボーナスである等と認知させる洗脳手法
  ・『集団ストーカーは自分を映し出す鏡で、この機会を与えてあげている』等と主張する工作。
   ⇒実例「一般人がこのような場を持てるのは幸せだ」

  ・大規模に仄めかし工作員を多数登場させる工作。
   ⇒実例「(ターゲットの言葉を全て記録して)私達は話を作り上げる」

  ・ラーメン屋等に協力を依頼し、あたかも漫才のように仕立て上げる工作。オーバーな加害仄め
   かしを実施し、「わざとやっている」等と茶化します。
   ⇒実例「これで笑っちゃう」「せっかく人を集めたんだから」

 7.誰かに相談、訴えることを仕向ける洗脳手法
  ・宗教学会員ではない一般人に対して何らかのアンカリング工作を実施させ、その後に仄めかし
   工作員を登場させる工作。
   ⇒実例「これでわかるだろ!」「誰がやっているのか!」「訴えられるためにやっている」

  ・携帯電話で通話しているふりをしながら独り言をいう工作員を路上に歩かせる工作。
   ⇒実例「このまま貧しくなるよ」

  ・証拠を撮らせるために実施しているという工作。
   ⇒実例「これをとればいいんだよ!」「堂々と言える、キャッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ」

 8.嫌悪感を取り去る洗脳手法
  ・以下の工作を繰り返すことにより、ターゲットに対するカルト嫌悪感を取り去るという手法。
   数年に渡って繰り返すと、洗脳によって悪い記憶を消し去ることができるという仕組みです。
    1.ターゲットにとって良い仄めかし(持ち上げ)
    2.ターゲットにとって悪い仄めかし(落とし込み)
    3.ターゲットから同情を引きだす仄めかし(同情)
    4.ターゲットを叱るような仄めかし(挑発・威嚇)
   工作の加担に協力してもらう一般人工作員には、「当初は真面目にやっていたが、後はふざけ
   てやっている。しかしターゲットが人間不信に陥っている」等と伝播しますが、どんなケース
   においてもこのような仕組みで動きます。

 本工作は条令で規制されている迷惑行為ですが、一つ一つの行為が偶然を装って実施されているた
 め、加害者側から見ると極めて単純な行為です。しかし被害者側から見ると連続事象(会社社内で
 「叫び出す」行為はモビングと呼ばれる犯罪行為)となり、嫌悪感が出る工作です。「ターゲット
 が何をやってもうまくいかない(社会的拒絶)」仕掛けがターゲットを救う洗脳手法等と伝播させ
 ますが、目的はターゲットの精神的破綻です。

 これが宗教学会の洗脳手法です。二十数年間隠ぺいしてきた手法で、リストラストーカー等で用い
 られます。この仄めかし工作により、憤慨する、残念がる等の「感情を表す」のは組織的(宗教学
 会)工作員です。工作を頼まれた一般人は集団ストーカーシステムであることや仕掛けも理解して
 いません。ターゲットももちろんそうですが、加害者側は問答無用にこの犯罪を仕掛けます。

7.仄めかしの実例1

 以下は、主に某宗教学会員による仄めかし事例です。この某宗教学会員はこれら工作が可能なよう
 に訓練されています。工作内容は周囲の人々の声を利用した「音声送信」と言われるものです。偶
 然を装った工作員が、ターゲットの悪評を仕立てあげたり、動向を探ったり、意味の無い同じ会話
 を延々と言い続けます。ターゲットを釣ったり、キレて暴力を引き起こす目的なので、内容に耳を
 傾けるのは辞めてどの辺りから何人で構成されているかのみを判断しましょう。会話内容の途中の
 笑いに無理があるのが確認できればなおさらです。この仄めかしはターゲットを萎縮させたり、精
 神を操るための芝居工作です。問い詰めようとすると、工作員に「貴方は誰ですか? 言いがかり
 をつけると警察を呼びますよ」と返され、最悪精神病院に送られます。工作員はあくまで自分達で
 会話してるのです。
 
 工作員は、自分達が大きな力を持ち支配者のような振る舞いをします。日常において偶然に起こっ
 た出来事さえ、全て自分達が仕立て上げた世界であると吹聴します。工作員は自らの組織をグルー
 プと呼びますが、他グループ間同士の交流、連携はほとんど存在しません。工作員は確信的な事情、
 状況を知らされずに携帯電話の指令でのみ動いているため、ターゲット側から見れば同じような仄
 めかしが永遠と繰り返されます。ターゲットが精神的に追い込まれるのも、事情を知らない工作員
 が「同じことを言い続ける」仕組みがあるからです。周りの列車乗客が全て工作員になっているこ
 ともしばしばあります。その環境で「世の中こうなっている」等と仄めかします。極めて左派的な
 考えの仄めかしが永続的に実行されますが、この工作員はカルト教育を受けた非常に特殊な集団で
 す。この工作に子供を使うのは日本(とその影響を強く受けた韓国)位で、世界の非常識行為とな
 っています。

 また、このような手法を依頼する首謀者は「集団ストーカー依存症」になっていることが多いです。
 集団ストーカーを依頼、実施する企業は、精神論が先行する企業に多く見られます。大手上場会社
 でありながら「残業代を支払わない」「過労死が発生した」「労働派遣で不正を実施した」等の事
 例があり、朝礼内容に精神論を求める企業事例が多いです。集団ストーカーを実施する業界として、
 飲食店、小売販売業、運輸交通業界が多くあげられます。よくTVで残業代の未払い裁判が起きて
 いる企業は、その傾向が高いです。基本的にターゲットの日常行動には非がないことが普通です。
 ターゲットを陥れるため、首謀者、加害者側が工作をしなければならない事情があるのです。


 <開始宣言>
   大規模型集団ストーカーを開始する宣言のようなものはあります。

 <実例1> 「あなたは悪魔のスイッチを入れたのよ」
  「An Anti-Governmental Stalking Activity Site」の戸崎さんの事例は非常に参考になります。
  このような開始宣言がなされたようです。

 <実例2> 「お前に世の中の闇を見せてやる」
 これは乗客を装ったサラリーマン工作員による音声送信(仄めかし)です。初期段階に移ることが
 わかります。

 <実例3> 「本人には決して言ってはいけない」
 組織管理者による仄めかしですが、ターゲットに伝える意図、目的ではありません。加害者同士の
 連絡に使う言葉です。

 <実例4> 「本人には言わない方がいい」
 若い人(特に女性に多い)の仄めかしです。ターゲットに伝える意図、目的ではありません。加害
 者同士の連絡に使う言葉です。


 <初期段階>
   初期の仄めかしは小規模なのが特徴です。逆説的仄めかしを行う目的でその人物の過去を探った
    り、その人物を追いつめる事が可能な事象を探し出したりすることです。前日帰宅時の自宅での
  行動を仄めかしたり茶化したりする行為が多いです。行動が筒抜けであることを気付かせるのが
  目的です。

 <実例1> 「裸の王様」
 これは某宗教学会系学生による音声入力で、複数の被害者から報告される仄めかしです。文字通り、
 ターゲットを裸の王様のようにするという意思が読み取れます。

 <実例2> 「つながらなーい」「中に入れなーい」「みんなつながってるー」
 某宗教学会系学生による仄めかしです。これら学生はターゲット付近の店舗、特にブックオフのよ
  うな書店、コンビニ、マクドナルドのような飲食店に長時間待ち伏せしています。ターゲットとの
 すれ違いざまにこのような仄めかしを馬鹿学生を利用して一日数十回実行します。この例では、集
 団ストーカー手法をターゲットを孤立させた後に実行することで、ターゲットが社会の一員になっ
 ていないという主張をしているようです。彼らの言う“中”とは「社会」を意味し、“繋がってい
 る”とは「連携」を意味します。もちろん、不正情報を握っている従業員を疎外させ、社会適合し
 ていないというレッテルを張る目的でこれを実行するのです。

 <実例3> 「一人ABが違う」「一人見ている視点が異なる」
 これら工作員はターゲットの歩く契機ですれ違うよう、路上に配置されています。ターゲットとの
 すれ違いざまにこのような仄めかしを某宗教学会を利用して一日一回実行します。この例では、タ
 ーゲットの視点が社会の異端になっているということ主張をしているようです。もちろん、不正情
 報を握っている従業員を疎外させ、社会適合していないというレッテルを張る目的でこれを実行す
 るのです。

 <実例4> 「行く先々で」
 これは非常に多くの被害者から報告される仄めかしです。言葉の通り、どこにでも加害者が出現し
 て集団ストーカー工作が実行されることを意味します。

 <実例5> 「全部会社だよ、会社」「親だよ、親」
 ターゲット側の考えとして、首謀者を「会社」と捉えると「親」と仄めかし、首謀者を「親」と捉
 える今度は「会社」と仄めかします。それをひたすら繰り返すことによって、精神をコントロール
 するような仄めかしです。

 <実例6> 「こいつを壊す」
 集団ストーカーを実施し、ターゲットの精神を追いつめることにより人格を破壊する意図が読み取
 れます。この仄めかしをするのは宗教工作員です。

 <実例7> 「だから……!、……ができない!」(叫び声)
 ターゲットの前で不満をぶちまける行為です。傍観者でさえ、早口で何を言っているのか不明です。
 この仄めかしをするのは宗教工作員(特に感情の起伏が強い女に多い工作)です。ターゲットをひ
 たすら悪くするような場を仕立て上げるのが目的です。

 <実例8> 「こいつが何があるかわからない」
 尾行する理由を仕立て上げる仄めかしです。

 <実例9> 「何を持っているかわからない」
 尾行する理由を仕立て上げる仄めかしです。


 <中期段階>
 ターゲットを陥るための仄めかしを実施します。

 <実例1> 誹謗、中傷
 あえて内容は記載しませんが、誹謗、中傷を繰り返します。脅迫地味たり、セククシャルハラスメ
 ント目的の仄めかしがあります。挑発的仄めかしはプロ市民による行為です。

 <実例2> 「もうどこにも行けない」「もう行くところがない」「もう就職できない」
 ターゲットを追いつめるような言葉をひたすら仄めかし続けます。そしてターゲットが人材派遣会
 社等に出向いた契機で、「ターゲットの知らない所で、ABと言って、CDをして」と依頼します。
 人材派遣会社は何が起きているか解りませんが、ターゲットは就職妨害と考えます。

 <実例3> 「警察に行かなくてよかったな」
 幾人もの集団ストーカー被害者がこの嫌がらせを何度も110番通報しながら、警察の生活安全課
 はこれら被害を隠ぺいしてきました。彼らは「またこの種の犯罪か」と思いながら一切捜査しよう
 とせず、逆に集団ストーカー工作に加わることも多々あります。これらメカニズムを知っている工
 作員がこのように発言します。

 <実例4> 「こうなっちゃうんだよ」
 大規模な集団ストーカーを実施し、あたかも社会が変化するんだよ的なことをターゲットに認知さ
 せるような行為。ターゲット側は何もせず、ただ加害者側が集団ストーカーの規模を一方的に拡大
 しているだけです。

 <実例5> 「もう、どうなろうと」
 大規模な集団ストーカーを実施し、あたかもターゲットが破滅に追い込まれる場を仕立て上げ、「
 もう、どうにでもなれ」と思わせるような音声入力です。ターゲット側は何もせず、ただ加害者側
 がネズミ講のように集団ストーカーの規模を一方的に拡大しているだけです。

 <実例6> 「俺たちに挑戦するのか!」
 ターゲットに何か原因があると思わせるような理由を仕立て上げるため、大口を叩いてそのように
 叫ぶ発言です。その後のターゲットの行動や思想で、挑戦となるような事象を仕立てあげることが
 あります。(集団ストーカー反対活動をしたりする契機にて、このように仄めかすことがあります)

 <実例7> 「何かついてる」「視点が悪い」
 ターゲットに何か原因があると思わせるような理由を仕立て上げるため、このように仄めかす行為
 です。集団ストーカー反対したりする契機にて、このように仄めかすことがあります。

 <実例8> 「絶対とれない」
 何が取れないのか説明がないため不明ですが、このように仄めかす行為です。集団ストーカー反対
 したりする契機にて、このように仄めかすことがあります。自らの行為が集団ストーカーではない
 と主張してように読み取れます。

 <実例9> 「x日後に警察が来る」
 「警察、警察」と、警察という言葉を仄めかすことによって自分達の行為が正しいと主張する団体
 が、このような警察仄めかしを実施することがあります。何度か発生しますが、警察が来ることが
 ありません。(警察によるアンカリングは発生する可能性はあります)

 <実例10> 「これを見るまでは」
 予めターゲットを取り囲む通行人が、集中的に携帯電話を見せつけることにより、その携帯電話に
 何か書いてあるというような印象をターゲットに与えておきます。そしてターゲットが工作員の携
 帯電話内容を気にさせます。その後「これを見るまでは」等と仄めかします。
 ※位置情報が書かれた画面を見ている工作員は、ヤンキー上がりのニート工作員です。滅多に遭遇
  することはありません。

 <実例11> 「直したの」
 若い女工作員が仄めかすことが多いです。何を直すのか不明ですが、ターゲットの思想等を直すよ
 うな意図をもって仄めかします。

 <実例12> 「こいつに説明しなきゃいけない」
 中年サラリーマンに多い仄めかしです。もちろん何の説明もありません。

 <実例13> 「まだ一人でいるの?」
 おかしな現象を意図的に発生させ、ターゲットが孤立した後このように仄めかします。「ターゲッ
 トに対してあえて嫌いになることをした(注:ただし自分達の行為を「集団ストーカー」とは決し
 て明かしません)」と周囲(加害者達)に周知します。※これをミスリード手法と言います。

 <実例14> 「ひっかけるためにやった」
 おかしな現象を意図的に発生させ、ターゲットをひっかけるためにやったと仄めかします。「ター
 ゲットに対してあえて嫌いになることをした(注:ただし自分達の行為を「集団ストーカー」とは
 決して明かしません)」と周囲(加害者達)に周知します。※これをミスリード手法と言います。

 <実例15> 「トラブルだろ」
 おかしな現象を意図的に発生させ、ターゲットが誰かに相談するよう仕向ける仄めかしです。この
 際、誰に相談するか賭けの対象にする馬鹿げた事例も報告されています。

 <実例16> 「私達は書いてない、お前は書いた」
 ターゲットがインターネット等に集団ストーカー被害について書いたり、違法性を議論した後、宗
 教工作員がこのように仄めかします。書いてもない内容を書いたように仕立て上げるような場を作
 ることもあります。

 <実例17> 「戦ってる、戦ってる」
 集団ストーカー被害者が戦っている(と宗教工作員が一方的に認識する)様を、揶揄する仄めかし
 です。列車内や路上ストーカーで多く報告されています。詳しく説明すると、ノイズキャンペーン
 を実施することで被害者が騒音に対するトラウマ(もしくは統合失調症に近い症状)になって状況
 を揶揄しています。心身障害行為ですが、偶然を装って実施されます。


 <後期段階>
 集団ストーカーは、偶然を装ってねずみ講のように加害者が増えていく仕組みになります。この段
 階になると、カルト工作員を超えて一般人の利用が増えていきます。加害が大規模になった場合、
 もしくは加害者側が手を引きそうな仄めかし内容を以下に記します。
 (言い訳ストーカーを含んだ対策です)

 <実例1> 「普通、ここまでやらない」
 文字通り、この工作を意図的に実行していることが読み取れます。加害者は、被害者を可能な限り
 孤立させて、あたかもその人物1件のみの事象として処理しようと、あの手この手を使って工作し
 ます。ちなみに私が知る被害者の被害期間の中で一番長く受けている方は36年、その後25年、
 20年と続きます。つまり、「普通」にここまでやられているのです。被害者は2万人ほどいるよ
 うです。

 <実例2> 「ここまで予算がかかってる」⇒「交通費が……」
 当初、エキストラを動員して工作活動に費用がかかっているという印象を仄めかしで残します。そ
 の後、これらは某宗教学会人員を利用した工作(人件費は無償です)であることが分かると、交通
 費がかかっているというような印象を残すようになります。このように、集団ストーカー工作員の
 仄めかしはいとも簡単に変遷します。ターゲットを追いつめるための工作にすぎません。全て精神
 工作目的の言葉です。

 <実例3> 「これでわかっただろ」
 何がわかるのか説明がないため不明ですが、集団ストーカーを実施した後にこのような言葉を発言
 することにより、何ががわかったように仕立て上げる手法です。

 <実例4> 「やっぱり大勢」「全員だよね」
 集団ストーカーで孤立したターゲットの前で、さりげなく「集団」を示唆する言葉を話す手法。

 <実例5> 「信じられない」
 多種多様な場所で仄めかし工作が可能なことを、「これを凄い組織だ」等と思わせる手法。その仕
 掛けは、多数の某宗教学会員がターゲットを数万人程度で取り囲み、偶然通りかかった一般人を装
 って仄めかしをするもの。これまで何千もの被害者で使われた手法のため、取りたて驚くことはあ
 りません。室内での組織的嫌がらせが、巨大化しただけの構造にすぎません。

 <実例6> 「そのうちどうでもよくなる」
 一般人工作員にそのように仄めかすよう依頼し、集団ストーカー手法によって孤立したターゲット
 の気持ちが変わよう、精神構造を変化させる目的の仄めかし手法。これを多数の人員で実行するこ
 とにより、あたかも周囲で起きた「集団ストーカー」が社会的に認められているとターゲットに認
 知させようとする手法です。

 <実例7> 「ABの声が届かない」
 「声を届ける」等という理由で多種多様な場所で仄めかしを実施します。本人のためというよりも、
 第三者に対して、尾行、待ち伏せを反社会的な行為と見なされないという工作にする目的がありま
 す。

 <実例8> 「CDに相談した方がいいよ」
 例えば、空港の待合室等で偶然を装った工作員が、このように仄めかします。モビングと同じく、
 ターゲットが誰かに相談するよう促します。蛇足ですが、この工作員は飲食物持ち込み禁止の空港
 エリアで持ちこみ飲食をし、空港係員に指導されていました。長時間待ち伏せする目的のために空
 港にいるわけです。工作員とはこのようにモラルの守れない人間の集まりなのです。

 <実例9>「他人の不幸で飯を食う」
 会話にそのようなキーワードを入れますが、さりげなく監視している等という目的があるのみです。
 面と向かって人に物を言えない工作員がこのように仄めかします。

 <実例10>「言えない、言えない」
 「ターゲットが被害を出せない」と認識し、それを茶化すような発言が読み取れます。基本的にこ
 のようなことを言うのは一般市民工作員ではなく、待ち伏せを目的するために列車に乗車してくる
 プロ市民です。

 <実例11>「こんなに周りにいる」
 何がいるのか解りませんが、このように仄めかすことがあります。孤立したターゲットをミスリー
 ディングするものと読み取れます。

 <実例12>「全然わかってない」
 何がわかってないのか解りませんが、このように仄めかすことがあります。ターゲットが仄めかし
 を聞かない場合、このように仄めかすしかない状態に追い込まれるようです。

 <実例13>「世の中こうやって繋がっている」
 あたかも周囲全てがターゲットを知っているような環境を仕立て上げた後、このように仄めかしま
 す。ねずみ講のように加害者を増やし、風評被害手法によってキーワードのみを伝播させる仕組み
 です。ターゲットのことを知っているわけではありません。(年配に宗教工作員は背景を知ってい
 ることが多いです)

 <実例14>「キレるまでやる」
 宗教学会工作員による仄めかしです。文字通りキレるまでやると宣言しています。ターゲットが老
 人だったり、聴覚障害者だったりし、工作自体にほとんど意味をなさないのにも関わらず、それを
 実行することが何らかの利益になると考えているようです。

 <実例15>「もうダメと思わせなければならない」
 宗教学会工作員による仄めかし(若しくは一般人工作員に対して依頼する言葉)です。ターゲット
 を精神病患者に仕立て上げることで、社会的断絶を経験させなければいけない等と主張します。多
 くの被害者からこのような報告を受けています。

 <実例16>「トラブルだろ」
 宗教学会工作員による仄めかしです。ターゲットにトラブルが発生している状況を仕立て上げ、タ
 ーゲットが誰かに相談するよう促します。

 <実例17>「何故私達がいるのかわからないの」
 宗教学会工作員による仄めかしです。ヤンキー系の学生やニート、あまり美しくない女性がこのよ
 うに仄めかします。それとなく待ち伏せし、ターゲットらしき人物が来た契機にてボソボソボソボ
 ソ仄めかします。非常に陰湿な印象を受けます。

 <実例18> 「訴えてやろうか」
 宗教学会工作員による仄めかしです。年齢のいった男性工作員が発言します。ターゲットが集団ス
 トーカーについてインターネット掲示板に記載した後などに、このように仄めかします。ターゲッ
 トを委縮させるための発言です。

 <実例19> 「キャハハ、そんな単純なことか(笑)」
 宗教工作員が「証拠を撮らせるために工作員が加害を加えている」と一般人工作員に説得した時の、
 一般人の反応です。実は「面会行為の強要」等、集団ストーカーシステムの色々な仕掛け、背景、
 歴史があるのですが、これを一般人には一切これを教えません。あくまで加害行為のみに視点を誘
 導させ、集団ストーカーの悪質性を取り除く目的で実施している工作です。

 <実例20> 「ライトがつく」
 集団ストーカーは別名「ガスライティング」と呼びます。これを茶化している仄めかしです。

 <実例21> 「次行くところに」
 行く先々で集団ストーカーを仕掛ける事を予告しています。ターゲット思想は、首謀者や請負団体
 を犯罪集団と認識する頃で、工作は逆効果になる状態です。

 <実例22> 「何もわかってない」
 ターゲットの気を引かせる仄めかしです。ターゲット思想は、首謀者や請負団体を犯罪集団と認識
 する頃で、工作は逆効果になる状態です。

 <実例23> 「何をやってるのかわかってきた」
 ターゲットの気を引かせる仄めかしです。ターゲット思想は、首謀者や請負団体を犯罪集団と認識
 する頃で、工作は逆効果になる状態です。

 <実例24> 「こういう物を残してはいけない」「書いてはいけない」
 ターゲットが集団ストーカーについてネットに記載すると、このように仄めかします。次のターゲ
 ットに同手法が使えなくなるからです。ネットに「集団ストーカーと書くやつは統合失調症」と書
 かれる事がありますが、この口語版です。

 <実例25> 「まだ笑ってられるの?」
 宗教工作員による仄めかしです。高齢の女性に多い行為です。ターゲット挑発する意図が読み取れ
 ます。

 <実例26> 「どうしていいかわからない」
 宗教工作員による仄めかしです。ターゲットをそのように考えさせる意図が読み取れます。

 <実例27> 「AB見せるの」
 宗教工作員による仄めかしです。ABの部分を聞き取れないよう素早く言います。何かを見せるよ
 うな意図を持っていますが、何も見せません。


 <末期段階>
 集団ストーカー加害をやめられなくてもやめられない(何故かはわかりません)段階での仄めかし
 内容を以下に記します。

 <実例1> 「来させる!」
 ノイズキャンペーン等の迷惑行為を実施し、ターゲットの精神を疲労させて首謀者の元へ来させる
 ことを示唆する発言です。これが宣言されると、一般店舗を利用した店舗型ストーカーが実施され、
 嫌がらせが発生します。もちろん迷惑防止条例違反行為です。

 <実例2> 「信用がない」
 ターゲットが信用がない人物として取り扱われる構造になることを示唆する発言です。転職妨害等
 が発生します。

 <実例3> 「これでは終わらない」
 集団ストーカーを実施したがいいが、この行為が正しいなどという馬鹿げた思想を持つ請負側が、
 「終わらない」などと仄めかす行為。集団ストーカーが終わらないのではなく、やめればいいので
 すが、これが彼らの生き方なのです。

 <実例4> 「集団ストーカーってあったんだ」
 仄めかし人員が、ターゲットの気を引くために仄めかす行為。ターゲットが仄めかしを聞かない場
 合、このように仄めかすしかない状態に追い込まれるようです。

 <実例5> 「ソーカーが来てるって教えるの?」
 ソーカーとは何か不明ですが、一般人工作員が、嫌そうな顔をしながらこのように仄めかす行為。
 (ターゲットに対して嫌そうにしているわけではありません)ターゲットが仄めかしを聞かない場
 合、このように仄めかすことがあります。複数の被害者から報告があります。

 <実例6> 「そんなに悪いことされたら、言ってやればいいじゃん」
 一般人工作員(若い女性)が携帯電話で話をするそぶりをしながら、ターゲット付近にくる契機に
 て、このように(少々怒りながら)仄めかす行為。工作員単独で行う珍しい工作です。首謀者に反
 撃するよう仕向けるアンカリングのようにも読み取れます。複数の被害者から報告があります。

 <実例7> 「みんな知ってる、みんな知ってる」
 若い人に多い仄めかしです。丸メガネをかけた女性に多い傾向があります。基本的に屋外型仄めか
 し参加する女性は、このような容姿であることが多いです。

 <実例8> 「まだ集団ストーカーとして見てる」
 若い人に多い仄めかしです。ここまでくれば、集団ストーカーが認知されていると思うのですが、
 これもターゲットが仄めかしを聞かない場合、このように仄めかすしかない状態に追い込まれるた
 めです。実は「ターゲットが集団ストーカーのメンバー」として風評被害されるケースがあります。

 <実例9> 「ここまで迷惑かけてる」
 若いヤンキーあがりやサラリーマン工作員に多い仄めかしです。男性が主たる仄めかし者です。基
 本的に自ら名を名乗ることもない、ボソボソボソボソした陰湿人間です。

 <実例10> 「何のためにここまでパワーをかけた」
 基本的にこの工作に関与する宗教工作員はカルトです。一方的にねずみ講のように加害者を増やし
 ていくメカニズムです。これをあたかもターゲットに責任があるように刷り込む手法です。自ら名
 を名乗ることもできない、陰湿人間です。

 <実例11> 「こんなにやってるのに」
 集団ストーカーを実施したがいいが、ターゲットから完全に見切られている時、この行為が正しい
 などという馬鹿げた思想を持つ請負側が「こんなにやっている」などと仄めかす行為です。自ら名
 を名乗ることもできない、彼ら宗教工作員の生き方なのです。

 <実例12> 「全部使って」
 集団ストーカーはねずみ講のように加害者が増加していきます。それを単語のみで表現しています。
 ターゲットから完全に見切られている時、この行為が正しいなどという馬鹿げた思想を持つ請負側
 が仄めかす行為です。自ら名を名乗ることもできない、彼ら宗教工作員の生き方なのです。

 <実例13> 「漫画だよ」
 集団ストーカーを漫才のように仕立て上げる際に利用する仄めかしです。ネットストーカーでも、
 たまに書き込まれる内容です。集団ストーカーだけでなく、特定宗教との裁判結果をこのように揶
 揄することもあります。※この仄めかしがあれば、特定宗教学会が関与していると判断できます。

 <実例14> 「わからなかった……」
 工作員が何らかの工作をした後、ターゲットの反応がないと残念がりながらこのように仄めかしま
 す。※ターゲットがイヤホンをしていて音楽を聴いていても、このように仄めかします。ターゲッ
 トが解ったような場を仕立て上げることもあります。

 <実例15> 「繋がらなかった……」
 工作員が何らかの工作をした後、ターゲットの反応がないと残念がりながらこのように仄めかしま
 す。※ターゲットがイヤホンをしていて音楽を聴いていても、このように仄めかします。ターゲッ
 トが何か解ったような場を仕立て上げることもあります。

 <実例16> 「もうどうでもよくなった」(何度も繰り返す)
 工作員が何らかの工作をした後、ターゲットの反応がないと残念がりながらこのように仄めかしま
 す。※ターゲットがどうでもよくなったような場を仕立て上げることが多いです。

 <実例17> 「カルト使った」
 一般人工作員による仄めかしです。ターゲットの気を引くために仄めかす行為です。ターゲットが
 仄めかしを聞かない場合、このように仄めかすしかない状態に追い込まれるようです。

 <実例18> 「ABってすごい」
 宗教工作員による仄めかしです。ターゲットの気を引くために仄めかす行為です。首謀者の力が強
 いと示唆する意図が読み取れます。

8 [仄めかしのタイミング]

 事前にターゲットを諜報(尾行、盗聴)し、ターゲットのタイミングに合わせて仄めかす手法です
 が、パターンが存在します。以下に被害者から寄せられた手法を記載します。

 <実例1> 「集団ストーカーが来た」
  ターゲットが見知らぬ者から受けた嫌がらせを「集団ストーカー」であることを認識した後、そ
  れを誰かに話したり、ネットに記載したとします。その直後にターゲットが訪れた店の店員(工
  作員)が、「集団ストーカーが来た」と仄めかします。何も知らない一般人の店員は驚いてギョ
  っとします。そして工作員店員は一般人店員に対して『ターゲットは悪い人物』と嘘をつき、タ
  ーゲットが悪人になるという仕組みです。

  ※ターゲットが「集団ストーカー」という目で物を見ることを洗脳によってたしなめる、という
   手法です。

 <実例2> 「これでわかった」
  店員を使った嫌がらせを実施した直後、別の方角から歩いた人物が「ハハハ、これでわかった」
  等と野太い声で仄めかします。
  
  ※一つ一つの加害行動は偶然を装ったように独立していますが、もちろん訓練された加害行為で
   す。

 <実例3> 自宅で話したことを仄めかすタイミング
  列車車内が多いとの情報です。乗客を装った工作員によるものです。

9.仄めかしの実例2

 以下は、吸収会社(Tシステム)の元社員が体験したという事例です。この仄めかし行為には、工
 作員として記載されているような馬鹿学生が利用されます。

 [2]黒い翼 06/02/09 08:53 *snhrD1W1W0a*OhZyGzy4GB
 以下の様に類型化し、まとめる事ができる。2以下については事情を知らない方にとっては一見信
 じ難い話だと思われますが、一部TV報道(日本も含めて)されている技術を用いた、または応用し
 た犯罪もあり、以後のレスを通じて一つ一つ説明します。

 1.ストーカー的行為による被害
   不特定多数(または特定少数の者)の人間が対象者の周囲を付きまとい、又はすれ違いざまに
   誹謗中傷をしたり、個人情報など被害者が思い当たる言葉を投げかけたりする被害のこと。前
   提として、盗聴・盗撮や、被害者を観察して意識していると考えられる点を調べて投げかける
   言葉を用意しておくという手段が伴なう。

 2.身体への加害行為
   頭痛、頭部への圧迫、緊張すべき状況下にないにも拘らず不自然に動悸が止まらなくなる、目
   の眼球に直射麻酔をする様な激痛が走ったり、眼球に圧迫がある、男性器への刺激、女性器に
   挿入される感覚がある、臓器を締め付ける様な感覚がある、身体の部分を問わず皮膚を鋭利な
   もので刺す感覚がある、不随意運動など種々雑多。 

 [3]黒い翼 06/02/09 08:54 *snhrD1W1W0a*OhZyGzy4GB
 3.家電製品への器物損壊・機能停止、電磁波盗聴・盗撮・操作
   家電製品が損壊したり、一時的または継続的に機能しなくなったりする被害。パソコンの画面
   を離れた場所にあるパソコンの画面に映し出す方法による盗聴・盗撮の被害、並びに離れた場
   所から無形的方法によりパソコンの誤作動や損壊をもたらす被害。

 4.音声の被害
   頭の中または周囲、家電製品などのモーター音や人の話し声などの物音を通じて、または何処
   からともなく人の声が聞こえて来る被害。声の内容は、単純な誹謗中傷や、盗聴・盗撮をしな
   ければ知り得ない個人情報、さらには「電磁波だ」とか「脳波だ」といった様に加害に用いる
   無形物の種類を教える内容のものであることが多い。被害者が同種の被害(者)の存在に気付
   くのも、声の内容を手掛かりにインターネットを検索した結果であることが大半。

 5.思考盗聴・盗撮行為
   自分の頭の中の思考(言語、画像の双方を含む)言動に現れていないにも拘らず知られるとい
   うもの。声が聞こえるという被害と共に訴えられ、語りかけてくる声の内容が自己の頭の中で
   の思考を知っていることが前提になっている(思考盗聴と呼ばれる所以)。口に出さないのに
   聞こえてくる声と対話が成立するという点で同被害の存在に気付く被害者が大半。

 6.その他
   追々説明する。 

 [4]黒い翼 06/02/09 08:58 *snhrD1W1W0a*OhZyGzy4GB
 1.ストーカー的行為による被害について
   a 無形的手段を伴わなず、かつ盗聴・盗撮の手段を伴わない場合
   対象者の言動や身体的特徴、現時点での対象者を取り巻く状況から対象者の思考や心理を推察
   した結果を対象者に聞こえよがしに投げかける行為。ここで聞こえよがしにという不明確な言
   葉の意味ですが、本来なら状況を再現・実演して見せた方が分かり易いです。ただ、あえて言
   葉で表現するなら、明らかに対象者に投げかけた言葉であると周囲にも受け止められ得る態様
   で話しているものの、あくまで言葉を投げかけた人間本人の事を独り言として、または第三者
   との会話(電話を含む)を成立させる場合と表現できる。例えば、対象者が仕事や勉強をする
   姿を見て、「効率悪いでぇ。」であるとか、「遅ぇなぁ。」との言葉を独り言、または第三者
   との会話の中で自然に出たかの様な言葉として投げかける場合です。ただの嫌がらせ、または
   嫌がらせとも受け止められない程度の範疇に属するもので、これのみを取り立てて犯罪行為と
   し取り上げる必要が通常ないもの。職場においても世間的に程度が低いと見られている会社な
   どでは日常当然に行なわれているものですね。あ、そうそう。「お前達は奴隷なんだから。」
   と言った人も(しかも2度)おられましたかね。上記に挙げた例は特定少数の者による場合が
   通常です。これを不特定多数の第三者が行なう場合で、犯罪行為と受け止められる様な場合で
   あっても対象者に与える精神的苦痛は微々たるもの。東京都の条例が、ストーカー行為に罰金
   刑の刑を科しているに止まるのも、特に不当というわけではないといえます。要するに、「言
   葉で言われる位、大したことないじゃないか。俺なんかしょっちゅう叩かれてるよ。」という
   のが都知事からのメッセージかも知れません。「精神的に強くなれ。」という言葉が妥当する
   のも、飽くまでこの範囲内だけでしょう。 

 [6]黒い翼 06/02/09 09:02 *snhrD1W1W0a*OhZyGzy4GB
 >>4-5 までで挙げたストーカー的行為の具体例は、特定少数の者からのものを意識したもので、場
 所も職場その他特定の場所での出来事として挙げています。通常はそれだけに止まらず、路上や電
 車の中でも似た様な嫌がらせがあります。手口の一例を挙げると以下の様な感じになる。不特定多
 数の人間(コンビニの前にたむろしている様な若者から、年配者、体格の良い中年男性など)が、
 通りすがりに対象者の前で独り言を言う等して誹謗中傷を行なう。また、二人組以上で現れて、雑
 談などを装い対象者への誹謗中傷文言のみトーンを上げて話す。これも実演でもすれば対象者と無
 関係な日常会話との区別は容易。エスカレートすると、対象者がそちら側を振り返ろうとする際に
 「見た!見た!見なくなるまでやる!」と一人又は数人で大声を浴びせる。屋外にいる間はほぼ一
 日中行なう。こちら側が振り返らない様になると、誹謗中傷だけでなく、一挙手一投足にタイミン
 グを合わせて大きな物音を立てたり、一人又は複数人の大笑い声を浴びせる。

 [7]黒い翼 06/02/09 09:04 *snhrD1W1W0a*OhZyGzy4GB
 1.b 無形的手段を伴なわないものの、盗聴・盗撮の手段を伴なう場合
   1.a の行為が、盗聴・盗撮により得た被害者の個人情報またはその個人情報を歪曲した事実
   を対象者に聞こえよがしに投げかける行為と言葉の中身が変わるだけです。言葉を投げかける
   場所や態様は1.a の場合と同様。ただ、盗聴・盗撮により得た個人情報またはそれを歪曲し
   た結果を職場の同僚など対象者の周囲の人間に1.a の態様により漏洩し、対象者の人格に悪
   印象を抱かせる。 ここで事実に歪曲を加えるのも当然、対象者の周囲の人間に対象者の人格
   その他について悪印象を抱かせるためですね。対象者は、この様にして情報を得た周囲の人間
   から1.a の態様で言葉を投げかけられることにより、又は不特定多数の人間から言葉を投げ
   かけられることにより、盗聴・盗撮されていることに気付くことになる。字面だけを負うと1
   .a と同様に大した事ないじゃない、と受け止められるかも知れません。ところが、盗聴・盗
   撮されていると意識しながら日常生活を送るとなると苦痛なものです。まぁそうは言っても、
   無形的方法による身体被害などと比較すると、「大した事ないよねぇ。」ってことになります
   ね。なお、1.a の場合と同様、対象者からすれば、言葉を投げかけて来る人間がどの様な意
   思をもって同行為を行なうのかという点について、また、対象者と無関係に出た偶然の会話な
   のかどうかの区別について、十分に把握が可能。これも実演でもすればよく分かりますし、対
   象者の頭部にある特殊な器具を取り付けて同様の実験をするとよ〜く分かります。 

 [8]黒い翼 06/02/09 09:06 *snhrD1W1W0a*OhZyGzy4GB
 さて、あくまで例え話として、以下の具体例をストーカー的行為の一例ということで挙げてみよう。
 加害者をA、B、C、被害者をDとし、いずれも男性とするね。イメージ、イメージ。頭の中で絵
 を描いて(現在も、できる人が羨ましいなんて。w 意味はそろそろ分かって来たかな?w)。夜、
 Dは、勤務を終えて通勤電車に乗り込んだ。Dは、座席に座らずに扉の側の長い手すりにもたれ掛
 かって立っていた。同時に、A、Bが、一つ隣の扉から同じ電車に駆け込んで乗車した。AはCと
 同じ様に片方の扉の側の長い手すりにもたれ掛かって立ち、BはAと向き合う形でもう片方の扉の
 側の長い手すりにもたれ掛かって立った。Cは手すりにもたれ掛かって立っていたため、A、Bの
 姿は横目にしか見えなかった。 

 [9]黒い翼 06/02/09 09:08 *snhrD1W1W0a*OhZyGzy4GB
 電車が動き始めると、比較的静かな社内の中でA、Bの二人は雑談を始めた。
  A「お〜ぃ。昨日の夜、あいつ1時頃までファミレスで本読んどったらしいなぁ。」
  B「マジでぇ!ぎゃははははは!」
 Dは昨夜、確かにそうであったため、Dは思わずA、Bの方へ目をやった。Bがそれを見ると同時
 に、
  B「見た!見た!今、あいつこっち見たぞ!」
  A「ぎゃははははは!マジでぇ〜!? これは見なくなるまでやらなきゃなぁ。あいつの弱いと
    ころは直さななぁ!」
  B「おぉ!その通りじゃ。」
  A「それでなぁ。あいつ家に戻ったら着替えもせずに寝たらしいなぁ。」
  B「マジでぇ〜? ぎゃはははは!」
 Dは、なぜ家の中での出来事まで分かるんだ、盗撮でもされてるのかと思い、思わずA、Bの方を
 振り返る。その瞬間、
  B「見た!見た!まただよぉ。」
  A「だめだなぁ。これは。弱い!」
  B「まだまだ止められんなぁ。」
  A、B「ぎゃははははははは!」
  A「あれ!?もう着いちゃったよぉ。早いねぇ。」
 電車は駅に着いた。 

 [10]黒い翼 06/02/09 09:10 *snhrD1W1W0a*OhZyGzy4GB
 電車が駅に着くと、A、Bは電車を降りていった。Dのいる方とは逆方向の階段に向かって歩いて
 いったため、はっきりとは顔を確認できなかった。停車中の人の入れ替わりもまばら。Dが立って
 いる扉からCが電車に乗り込み、Dの背後に立った。Cが乗車してきた時点では、Dは他の乗客と
 の区別が付くわけでもなく、そのまま立ち姿勢を維持していた。電車の扉が閉まり、また電車が動
 き出した。すると、Cは携帯電話で誰かと話し始めた。Dは背後で話し声がしたため、少し背後を
 気にしたが、特に気になる会話でもなく、従って振り返ることもなく、そのまま立っていた。その
 後、Dは腕時計に目をやった。その瞬間、
  C「ん゛!ん゛〜ん。」
 実に良いタイミングでCが咳払いをしたため、Dは後ろを振り返ったが、Cは特にDを気にするこ
 ともなく立っていた。確かにCはDと同じ様にDのいる扉の反対側の扉の側の長い手摺りにもたれ
 掛かって立っており、CからはDの動きが横目に確認できる状態であった。また、CはDがCの方
 を振り返ったにも拘わらず、Dの方へ目をやることはなかった。Dは、先程のA、Bの件があった
 ためもしやとは思ったが、たまたまだろうと思うようにした。Dは先程のCのタイミングの良い咳
 払いでそちらに気をとられ、時刻を確認できなかったため、再度腕時計に目をやった。その瞬間、
  C「ん゛ん〜っ!ん゛〜ん!」
 やはりこいつもか、とDは思った。そこで、時刻の確認は終わっているにも拘わらず、わざと再度
 時計の方へ目をやった。その瞬間、Cは先程と同じ様に咳払いをする。DはA、Bの仲間だろうと
 明確に認識した。以後は、Dの一挙手、一投足にタイミングを合わせてCが携帯電話での話し相手
 に、「アホヤ!アホヤ!」と話すことがしばらく続いた。Dは次の駅で降りたが、Cはそのまま乗
 車していた。 

[工作員の連絡手段]

 携帯電話を利用してターゲットに対する仄めかし指令します。ターゲット情報は以下のような画面
 で構成されています。学生を利用する手法が問題視されています。

 携帯電話画面の例
 「同情を入れろ」

 ※このように連絡が入ると、ターゲット周辺の工作員が同情を入れるような仄めかしを実施します。
  予めターゲットの周りは工作員で一杯なのです。