ホーム > 手法の実際 > 待ち伏せ


手法の実際メニュー

[待ち伏せ]

 待ち伏せは、何らかの工作を実施する目的で事前に工作員を任意の地点へ配置しておく手法です。
  予めターゲットの趣向、行動を把握し、事前にターゲットが行きそうな場所に工作員を配置します。
  尾行によってターゲットがある地点に着いたことを携帯電話や、無線を利用したり、「来た!」と
  声を出して連絡します。

 西暦2000年以降、都市部では面識のない面識のない人によるストーキングが増加しています。
 ストーキング種別として、ファンタジー型、リベンジ型、ゲーム型等に分類されますが、集団スト
 ーカーはリベンジ型(依頼者の復讐的思考)、ゲーム型(加害者の追跡ゲーム思考)になります。

1.屋内型の実例

  ターゲットが会社内通路を歩いたり面識のない他部署に出向いた契機にて、工作員が何らかのア
    クションを実行できるように工作員をうまく配置します。

 <実例1>
  予めターゲットが参加する会議室の隣部屋を予約し、隣室から嫌がらせ的行為を実施する目的で
    待ち伏せします。

 <実例2>
  ターゲットが通勤してきた経路にて、偶然を装った工作員が何らかの行動を起こせるよううまく
    配置(待ち伏せ)します。

2.屋外型の実例

  予めターゲットが行きそうな町中に、工作員を多数配置します。
  ※屋外型は粗暴なニート等、学歴が低そうな工作員であることが多いです。

 <実被害例(動画)>
  待ち伏せの手口
  
  工作の意図が明確に判断できる待ち伏せ・付き纏い工作の様子です。

 <実例1>
  予めターゲットが通りそうな経路にて、ターゲットと工作員のすれ違い様に何かを仄めかせるよ
  う、工作員を配置します。通行する学生、生徒がターゲットをあだ名で呼ぶパターンが多いです。
  (歩行途中の待ち伏せ)

 <実例2>
  予め「ターゲットが一般刑法犯に相当するようなことを仕出かした」等と仄めかし、その場にい
  る全員であたかもターゲットが悪い人間であるような場を作り出してターゲットを脅かしておき
  ます。ターゲットの帰宅途中、暗い夜道で突然「ワッ!」と脅かすような声をあげます。
  (帰宅途中の待ち伏せ)

 <実例3>
  予め「ターゲットがX号車のY付近に乗車した」ことを携帯電話を利用して工作員に伝えます。
  これを受信した工作員が、偶然を装って途中駅から乗車し、また、鉄道駅構内に工作員を張りつ
  かせます。
  (電車内での待ち伏せ)

 <実例4>
  鉄道改札口係員とその改札付近に立っている工作員がつるんでいることがあります。早朝の始発
  列車出発前に工作員が多くいる例があります。
  (鉄道駅での待ち伏せ)

 <実例5>
  空港出口に工作員が立っており、どこ行きのバスに乗ったかを確認します。またターゲット周辺
  のバス停に工作員が張り付いています。
  (バス停での待ち伏せ)

 <実例6>
  観光地や休憩場所、飲食店屋外等に工作員を無数に派遣させ、ターゲットがどこに行っても工作
  員と遭遇するような場を仕立て上げます。その際、工作員がバーベキューや飲食店屋外等に詰め
  かけ、異様な馬鹿騒ぎをするのが特徴です。
  (これら工作員は馬鹿騒ぎをするよう指示されているだけで、事情を知らないことが多いです)

 <実例7>
  ターゲットがタクシー等を降り、歩道を歩いた契機にて、偶然を装った社員が小さな会社から出
  てくる(何らかの仄めかしがある)パターンです。これは宗教資本の会社によくある工作です。
  ※宗教学会員でもきちんとした仕事を持っている人物の工作は、悪意はほとんど感じられません。
   悪意があるのは時給制で働く宗教学会所属の販売店員である傾向があります。

 <実例8>
  ターゲットがコンビニに入った契機にて、偶然を装った客と店員がコンタクトして加害工作を実
  施します。ターゲットが車に乗っているケースでは、道路沿いのコンビニ駐車場に駐車して待ち
  伏せするパターンです。ターゲットがコンビニに入らず通り過ぎると、撤収します。

3.店舗型の実例

  予めターゲットが行きそうな店舗に工作員を配置します。待ち伏せ工作員は明らかに社会通念上
  問題がある振る舞いをするため、店長、店員が工作員(客)を睨みつけたり、嫌な顔をしたりし
  ます。この場合、店舗が関わらないタイプの待ち伏せである事がわかります。深夜早朝なのに、
  付近の複数店舗に男女カップルのみの客がいる場合は待ち伏せになっていると判断してよいです。
  ※店舗自体が工作が関わる場合は、「言い訳ストーカー」になっているケースがあります。

 <実例1>
  予めターゲットが行きそうな店舗に客として潜り込み、付近から行動を監視したり、嫌がらせ的
  行為を実施する目的で待ち伏せします。この際、ターゲット隣の机からではなくターゲットから
  離れた位置で実行するのが特徴です。満員電車(誰が痴漢するのかわからない環境)での痴漢行
  為と類似しており、陰湿性を伴う行動です。

 <実例2>
  予めターゲットが行きそうな店舗にサラリーマン客を潜りこませ、工作員がいることを気付かせ
  る行為(アンカリング)を実施します。この際、店先にいる集団ストーカー首謀者と思わる男が
  「三菱にもお願いした」等と仄めかし、店内には三菱東京@FJ銀行の社員が数名待ち構えてい
  た事例もあります。このような小規模の繋がりは会社間ではなく、某宗教学会間の行為です。
  ※会社間の場合、言い訳ストーカー型となります。

 <実例3>
  ターゲットが飲食店に入店した契機にて、偶然を装った工作員が続々と入店します。工作内容は
  実例1と同じです。これも工作員に若いニートが多く使われます。

 <実被害例(動画)>
  集団ストーカー・マクドナルドに続いて入って来た監視要員!
  
  集団ストーカー被害者が集まる(この例ではマクドナルド)と、数分後に数人の加害者工作員が
  続けて席近くに着席して終始監視と仄めかしを実施する。

 <実被害例(動画)>
  短時間に客が異常に増える店
  
  集団ストーカー被害者が店舗に来店すると、既に店内にいる工作員の連絡により、新たに続々と
  工作員が来店する仕組みです。

 <実例4>
  予めターゲットが行きそうな店舗に工作員を装った客を潜りこませます。ターゲットが混雑した
  飲食店に入店して食べている途中、偶然を装った工作員が続々と退店します。気付けば店内が空
  です。これも工作員に若いニートが多く使われます。

 <実例5>
  予め選挙会場に工作員を仕込みます。ターゲットが投票所に行った契機にて、何らかの工作(仄
  めかし)が実施されるようにします。

 <実例6>
  予め市役所、区役所等に工作員を仕込みます。ターゲットが役所に行った契機にて、何らかの工
  作(仄めかし)が実施されるようにします。公務員による行為です。

 <実例7>
  予め警察署に工作員を仕込みます。ターゲットが警察署に行った契機にて、何らかの工作(仄め
  かし)が実施されるようにします。公務員による行為です。

 <実例8>
  宗教の資本が入っている(と推測される)個人店舗の前を通りがかると、歩道脇に立っている偶
  然を装った客(女性一人が多い)が店内の経営者と話しています。そしてターゲットが通りがか
  った契機にて、客が何らかの工作を実施する合図を出します。一般店舗とは異なる、吐き捨てる
  ような感じの工作であることが多いです。実に工作慣れしています。加害店舗は区画の角にある
  傾向にあります。一方で効果がないと解ると、他に比べて手を引くことが早いケースもあります。

 <実例9>
  予めターゲットが行きそうなコンビニに、工作員が常駐しています。ターゲットが会計しようと
  した契機にて、前に並んでいる客と店員が何か話をします。その内容は何らかのキーワードが含
  まれた仄めかしです。(怪しいと思って客を尾行すると、嫌そうな顔をして何か吐き捨てるよう
  なことを言います。これは工作目的で買い物をしているだけです。店舗は協力するという立場に
  なります)

 <実例10>
  ターゲットが新装店舗に行くと、工作員が客として常駐しています。ターゲットがレジで会計し
  ようとした契機にて、前に並んでいる客が店員に何らかの指示を出します。その工作内容は全然
  攻撃的ではない何らかのキーワードが含まれた仄めかしです。(新装開店の店舗は事情をまった
  く知りません)

 <実例11>
  ターゲットが温泉やホテルに行くと、工作員が客として入り込みます。手法は二つあり、一つは
  ターゲットが来そうなホテルのフロントに待ち伏せをしています。もう一つはホテル前に工作員
  を配置したりし、ターゲットが宿泊した契機で客として入り込みます。温泉には工作員がたくさ
  ん配置します。ヤンキーのようなニート若者がいる(特に玄関入口付近に座っている)場合は工
  作員である可能性が非常に高いです。ホテル側が関与しないケースでは、朝食時に1階レストラ
  ンに工作員が詰めかける手法があります。

 <実例12> 店舗型関与事例(会話)
  この店舗は、ターゲットが誰で何をしているのかはわかりません。一人で来た客に対して加害を
  実行するよう依頼されています。店員には次のような会話で加害指示します。
   店主「一人来た客にノイズ入れるの」(性格の悪いおばさん)
   店員「いいの?」(正確の良い店員)
   店主「天から見てるの」
    ※天とは何を意味するのかわかりませんが、首謀者のことを指します。ターゲットから犯罪
     者と見られていても、これを天と強制させる行為です。

  店舗から外へ出ると、工作目的で来客した集団(宗教工作員)が次のパターンで仄めかします。
   工作員1「さっきの出た?、ハハハハハ」
   工作員2「入る所がない、ハハハハハ」
   工作員3「こうなってるの、ハハハハハ」
   工作員4「もうダメ、ハハハハハ」
   工作員5「私達は善意でやってるの、ハハハハハ」
   工作員6「ライトついた、ハハハハハ」
   工作員7「これで嫌になった、ハハハハハ」
   工作員8「もうどうでもよくなった、ハハハハハ」
   工作員9「私達はここまで費用を払ってる、ハハハハハ」
  ターゲットのすれ違いにこのような発言を大勢で連日実施し、尾行、待ち伏せを許容するような
  場を仕立て上げます。(詳しくは「仄めかし」ページを参照してください)

  そして近辺にある露天が追加ノイズを加える仕組みです。次の店では、以下のような工作が待っ
  ています。「こいつがABのこと言ったら叩け」

  既にターゲットから見切られていても、この手法をしつこく続けます。規模を拡大し、加害理由
  を仕立て上げ、大勢で実施することによりターゲット思想を変化させる手法です(加害者にも感
  化できます)。これを洗脳と呼びます。

 <実例13>
  ターゲットが温泉や銭湯に行った契機にて、風呂場で奇怪な仄めかし、ノイズ攻撃等を実施しま
  す。多くは女湯から実施されることが報告されており、ターゲットが男性であっても隣の区画か
  ら聞こえるよう実施します。

4.徘徊型の実例

  付近住民を利用したり、工作員を使って常にターゲット自宅周辺を徘徊しています。深夜・早朝
  に活動するものは俗に言うニートのような輩が多く、人間性観点は低いことがわかります。

 <実例1>
  火の用心で周回する人員が、ターゲット自宅前にて意図的に拍子木を大きく鳴します。

 <実例2>
  ターゲットが出勤する契機で、通行人を装った待ち伏せ工作員が仄めかしをしたりします。サラ
  リーマンや女子高生を利用します。
  (出勤時の待ち伏せ)

 <実例3>
  ターゲット自宅付近の住宅を賃貸し、付近から嫌がらせ的行為を実施する目的で待ち伏せします。

5.自宅型の実例

  隣住居民を利用し、常にターゲット自宅周辺を監視します。

 <実例1>
  予め工作員が隣部屋の住民に何らかの情報を仕込みます。ターゲットが帰宅するとその契機で隣
  部屋の住民が急いで外に出て、工作員に連絡します。その際、恐ろしい顔をした住民の顔色が見
  られる場合があります。

 <実例2>
  予め工作員が隣部屋の住民に何らかの情報を仕込みます。ターゲットが外出するとその契機で隣
  部屋の住民が急いで外に出て、工作員に連絡します。その際、恐ろしい顔をした住民の顔色が見
  られる場合があります。

6.列車型の実例

 <実例1> 駅経路での待ち伏せ
  始発列車に乗る目的で、駅に行く経路では通学通行人を装った高校生が通ります。このように子
  供を集団ストーカーに参加させるのが特徴です。一旦ターゲットを見つけると、携帯電話を使っ
  て連絡します。※工作員は、目がイッているのがわかります。

 <実例2> 駅での張り込み
  ターゲット近辺の駅はすべての場所で工作員が張り込みしています。始発列車の改札口には50
  代の親父が待ち伏せていたりします。駅員、委託清掃員が関与するケースも存在し、その際は駅
  員の異常行動が見られます。@Rや@京地下鉄による駅員関与の報告が多いです。

 <実例3> 車内乗客型
  様々な場所での集団ストーカーに対応できるよう、東京山手線内は常に工作員が乗車している状
  態です。ターゲットが乗車する車両に工作員が事前に乗車しているケースは、朝の通勤列車に多
  く見られます。ターゲットがランダムに乗車するパターンでもそれは可能ですが、加害者側にマ
  ンパワーが要されます。また、盲腸線(終点が行き止まりの路線)に乗車する乗客が、多数降り
  ずに引き返す場合、工作員による工作活動があることを意味します。

 <都市型電車内(ロングシートの場合)>
  -------==----------------==----------------==----------------==-------
  ▲▲△▼   □□□△□□×    ×□□☆□▲▲   □□□□□□□    □□□
                       ▽
                    ▼    ▽
  □□□   □□□□□□□▼  □◎□□□□□   □□□□□□□   ▲▲▲
  -------==----------------==----------------==----------------==-------

  [凡例]
  =:扉
  □:座席
  ◎:ターゲット
  ☆:工作員(着席)      ※ターゲットの顔を監視し、工作被害状況を確認します
  ▽:工作員(立席)      ※壁を作って視界を妨害します
  ×:携帯連絡工作員(着席)  ※位置情報を仲間に知らせます
  ▲:仄めかし工作員(着席)  ※壁で守られた工作員が、仄めかしを実施します
  ▼:アンカリング工作員(立席)※携帯電話の開閉を実施します

  ※工作は決して名を名乗らず、本人に見えない位置で行うことが多いです。

 <列車内(クロスシートの場合)>
  ターゲット周囲の座席に座り、何らかの工作を実施します。工作内容は、携帯電話をわざとらし
  くパチパチ鳴らしたり、嫌な匂いがする工作員をウヨウヨさせたりします。仄めかしはターゲッ
  トから離れた位置で実施することが多いです。稀にターゲットの隣に座って実施する者もいます。

 <地方のローカル列車内>
  ターゲットから少し離れた座席の端に中高生を座らせ、何らかの工作を実施します。工作内容は、
  携帯電話をわざとらしくパチパチ鳴らしたり、仄めかしたりすることです。地方に行けば行くほ
  ど、学生や老人の比率が高くなる傾向があります。

 <実例4> ホーム乗客型
  予め次駅に、偶然を装った工作員をターゲットの乗車している列車の乗車口付近に立たせます。
  ターゲットが乗車した列車が次駅に到着した契機にて、車内にいる別の工作員が「いい男がいる」
  「美人がいる」等と仄めかす行為です。ターゲットから見れば、窓の外に気になる美男、美女が
  立っているのを確認した後、仄めかしを聞くのです。これにより、ターゲットの見た視線は全て
  把握されているとターゲット側に刷り込むのです。(注:実際には美男、美女ではありません。
  人を尾行、待ち伏せする程度の人物です。女性はブスの若い女や朝鮮系と言われる丸メガネをか
  けたおばさんが多いです)
  ※このような行為をハニートラップと言います。列車にはこのような工作員が乗車している事例
  があり、ターゲットを痴漢に仕立て上げるケースもあります。

 <実例5> 降車駅
  偶然を装った工作員が一緒に降ります。その際、偶然を装った工作員が「ABCDEFG!」と
  何か叫びます。これは首謀者が言いたい言葉であることが多いようです。

 <実例6> 改札口
  偶然を装った工作員が改札に立っています。都市部ではその数がとても多いです。改札口だけで
  なく、駅前のバスターミナルには乗客を装った工作員が待ち伏せしています。ローカルな駅には、
  軽自動車や高校生の自転車を利用した待ち伏せがあります。
  ※ターゲットが列車降りて駅を出た時点で、工作員は電話等で店舗型ストーカーを依頼します。
   ターゲットが付近の店に入ると、工作員が待ち伏せしている格好になります。

7.自動車型の実例

 <実例1> 自動車乗車中
 ターゲットが自動車を利用して移動する契機にて、待ち伏せに会う事象です。ターゲットが車(レ
 ンタカーを含む)に乗車する時点で、自転車等で周回している工作員が車種とナンバーを調査しま
 す。例えば一旦高速道路に入ると、途中の出入口やサービスエリアに現地の工作員が張り込んでい
 る仕掛けです。その車から降りた人物に対して何らかの工作を実施します。そのターゲットの嗜好
 (予め調べ上げた)によって、張り込み場所を決定します。例えばターゲットの行きそうな飲食店
 や、現地の宿泊可能施設がその主要な場所です。
 ※使用される車の台数は、数百〜千台程度と報告されるケースがあります。

 <実例2> 徒歩中
 ターゲットが道を歩いている契機にて、特定車両に待ち伏せに会う事象です。

 <実被害例(動画)>
  郵便配達
  
  集配システムを悪用した集団ストーカー被害映像の記録です。

8.航空機型の実例

 航空機を利用するケースは待ち伏せ型の大がかりな行為です。この被害は本工作をボーナス等と馬
 鹿げた思想を持つ「できないことはない等と称する団体」が企画、依頼します。「あたかもそのタ
 ーゲットのみの特別なケース」と思われがち(そのように加害者側に周知するの)ですが、複数の
 人から被害報告があります。また「集団ストーカー 航空機」と検索し、本HPへ来る方が多いの
 が現状です。

 <実例1>
  ターゲットが旅行会社に航空券を購入しに行くと、店内にて何らかの工作を実施します。工作内
  容は、仄めかしやアンカリングが多いです。※言い訳ストーカーに多い事例です。
  安いチケットは、集団ストーカー用のチケットと称されることもあります。

 <実例2>
  空港に向かう列車、駅内に、何かを仄めかす工作員を多数配置します。
  ※航空会社WEBから直接予約した場合は、工作員が少ないです。全席指定の特急を利用した場
   合も工作員は少ないです。

 <実例3>
  空港ターミナル内に、旅行鞄を持った若い仄めかし人員を配置します。また、有料ラウンジ等に
  も工作員が待ち伏せします。工作員の態度の悪さに、カウンター女性が困り果てることもありま
  す。※航空会社WEBから直接予約した場合は、工作員が少ないです。

 <実例4>
  海外空港出発の場合、カート衝突による派手なノイズキャンペーンを実施させます。

 <実例5>
  手荷物検査人員にパレットを叩きつける行為を実施させることもあります。
  ※航空会社WEBから直接予約した場合は、工作がないことが多いです。

 <実例6>
  空港内土産品販売店舗でノイズキャンペーンを実施します。
  ※海外では少ないですが、一部であります。

 <実例7>
  旅行会社で購入したチケットの場合、搭乗ゲートの待合場所に座っている工作員客に対し、「も
  うすぐABの服を着ている人が来ますから、CDと言って下さい」と説明させます。そしてター
  ゲットが到着すると、指示通りの仄めかしを実施させます。ターゲットの購入したチケットがツ
  アーの場合、工作員がそのツアーに参加します。
  ※ターゲットがツアーを途中放棄して個人移動を申し出ると、面識もない客の一部が「何のため
   ツアーに来た」等と漏らしたります。これらは工作目的での渡航者です。

 <実例8>
  旅行会社で購入したチケットの場合、機内にて乗客工作員による仄めかしがあります。また、外
  国人工作員によるボディタッチをされるケースもあります
  ※航空会社WEBから直接予約した場合は、仄めかしは殆どありません。

 <実例9>
  搭乗飛行機が海外LCC(低価格航空会社)の場合、航空会社が嫌がらせに参加します。
  ※航空会社WEBから直接予約した場合もそうです。
  ※フラグシップと呼ばれる各国を代表する航空会社は、嫌がらせを実施しません。

 <実例10>
  到着空港が海外の場合、パスポートコントロール付近に日本人の仄めかし人員がいます。

 <実例11>
  空港到着後、案内カウンター員によるノイズキャンペーンが実施されます。
  ※那覇空港は複数の被害者から確認されています。

 <実例12>
  空港では現地工作員が待ち伏せを実施してます。空港駅、バス停に張り込んでおり、ターゲット
  が乗車するか確認しています。そして偶然を装った工作員がターゲットの後から乗車します。そ
  して海外の場合、ターゲット横で現地人が外国語による仄めかしを実施し、ターゲットが現地の
  言葉を理解しているか確かめます。

 <実例13>
  空港周辺の都市で、ホテルが数件しかない場所では、予め現地工作員が何らかの工作を実施する
  よう手配がなされます。工作はアンカリング等の簡単なものです。

 <番外編>
  ノイズキャンペーンを目的とし、ターゲット自宅付近に対して飛行機、ヘリコプターを飛ばす工
  作が報告されています。ヘリは1回9万円で、騒音工作としては案外安価です。

9.行動予測型の実例

 予めターゲット自宅付近を工作員が数十人単位で巡回しています。このような状態になると、通常
 考えられないことが起こります。自宅近辺にて深夜1時に犬の散歩をしている男に出会ったり、深
 夜3時にリュックサックを背負った路地を歩く男に出会ったり、早朝4時にマラソンをするような
 男女に出会います。予めターゲットが出歩く方向と行く場所を関連付けたプロファイルを作成しま
 す。そしてターゲットが西側の道を歩く場合には、スーパーへ買い物へ行くと推定できます。そし
 てスーパー付近にたむろしている工作員に連絡します。ターゲットがスーパー付近に到着する頃に
 は、「待ち伏せ工作」が実施されるのです。

10.路上ストーカー

 ターゲットが運転している契機にて、道路上の交差点に工作員を配置する待ち伏せ手法です。防犯
  パトロール組織と呼ばれる人員を利用することが多く報告されています。一番解りやすいのは、深
 夜3時頃に運転するケースです。実例1〜5が頻繁に起こります。

 <実例1> 歩行者1
  交差点を渡るタイミングで工作員(カップルが多い)が仄めかします。

 <実例2> 歩行者2
  ウォーキングを装った主婦。手を大きく振るのが特徴です。

 <実例3> 歩行者3
  携帯を開いていて立っている男。連絡員の役割です。

 <実例4> 自転車1
  学生(中高生)を利用するパターンが多いです。仄めかしあり。

 <実例5> 自転車2
  深夜3、4時の場合は、20代若者の一群が自転車で周回します。

 <実例6> 警察官
  意味深な警察官が通ります。これとは別に付近に「これはまずい状況だ」的に思いながら、顔を
  しかめて下を向く警察官もいます。

 <実例7> 事故
  わざと接触事故を起こすこともあります。(車と自転車の軽い事故)

11.言い訳ストーカー型の実例

  首謀者が実施、利用した集団ストーカー行為をやめる時の引き際に実施したり、集団ストーカー
  として見せないための工作を目的とします。一般店舗(一般市民)を利用した待ち伏せ行為です。
  プロ市民よりも人間性は高いことがわかります。ターゲットを追いつめるのが主たる目的ではな
  く、緩衝としての存在または尾行の理由づくりといいましょうか。鉄道員(改札)の関与もあり
  ます。ただし人を追いつめる行為に参加する程度の人間なので、知能レベルが低い行動もありえ
  ます。(言い訳ストーカーの詳細は、「言い訳ストーカー」もページを参照下さい)

   ※この際、待ち伏せ行為を茶化す目的で「ここまで追ってくるんだ。わー、凄い!」などと言う
   仄めかしが入るケースも存在します。

 <実例1> 店舗型1
  早朝・夜間等、通常はどう見ても客がいないような時間帯にもかかわらず、男女1ペアのみの客
  がいる店。もしくは相当数の客がいる店。ターゲットが入店した契機で「来た!」と合図します。
  なおこの現象は、道路沿いの店舗全てに張り込みがあるのが特徴です。

 <実例2> 店舗型2
  店舗前に工作員が立っているケース。ターゲットが入店しようとすると、その直前に急いで店に
  入る工作員が見られます。この工作員が入店することが、ターゲットの来店を意味します。

 <実例3> 店舗型3
  店内に客(工作員)がいない場合、店舗に“工作を促すための”電話がかかってくることもあり
  ます。チェーン店に多く見られます。

 <実例4> 店舗型4
  某宗教の資本が入っている企業は、その傾向が強くなります。そして店を出た瞬間、いやらしい
  学生が「みんな繋がってるー」等と、仄めかします。これは宗教資本系の店で特徴的なことで、
  一般店舗では見られない現象です。

 <実例5> 店舗型工作の手法
  例えばターゲットが男性で一人で出歩いたとします。ターゲットがある町にいる契機にて、工作
  員がターゲットの行きそうな店舗に詰めかけます。ターゲットが偶然を装って男性二人客と一緒
  に入店したとします。店舗側から見ると、男性三人で入った普通の顧客だと認識します。店員工
  作員は一切何もしません。そして席を割り振る際に三人組みではなく、二人客と一人客であるこ
  とが判明します。そして店員工作員は、突然狂ったように工作をします。つまり「一人客に対し
  て工作する」指令が下りていることがわかります。

  そして客を装った工作員が、いかにもターゲットだというそぶりのような仄めかし工作を実施し
  ます。ターゲットの反応がないと、店員工作員はしばらく手を休めます。様子を見るためです。
  工作員の合図で再び嫌がらせを実施します。

  突然新たな男性一人客が入店します。すると店員は狂ったように工作し始めます。その客が道を
  聞きたくて店に入ったことがわかると、店員は嫌がらせをやめます。その程度のシステムです。

[待ち伏せ型ストーカーの仕組み(1)]

 行く先々で何らかの工作が発生するという相談は、多くの被害者から報告されています。この待ち
 伏せのトリックを解説します。

 この工作員達は事前に「女性一人のターゲットに対して何らかの工作を実施する」ように指令を受
 けています。ターゲットがいる町には百人規模の通行人を装った工作員が、24時間365日周回
 しています。彼らは工作目的で町を歩いている輩です。そしてターゲットに似た「女性一人」を見
 た瞬間、「条件反射的」に工作を実施します。絶妙なタイミングで起こる被害とは、この条件反射
 的加害のことです。ターゲット自体を認識していることとはまた別です。全く関係ない通行人の女
 性は1回限りの被害なので特に気にしませんが、ターゲットは連続(1日百回)して被害を受ける
 仕組みになっています。このターゲットの反応から位置情報を割り出すことができます。そして仲
 間の一人に見つかると、他のメンバーに連絡されます。

[待ち伏せ型ストーカーの仕組み(2)]

 列車ストーカー(待ち伏せ)のトリックを解説します。

 この工作員達は事前に「女性一人のターゲットに対して何らかの工作を実施する」ように指令を受
 けています。事前に千人規模の工作員を雇い、大きく分けて十組百人で分散行動します。ターゲッ
 トが乗りそうな列車には、乗客を装った工作員が乗車しています。彼らは工作目的で乗車している
 輩です。そしてターゲットに似た「女性一人」を見た瞬間、「条件反射的」に工作を実施します。
 絶妙なタイミングで起こる被害とは、この条件反射的加害のことです。ターゲット自体を認識して
 いることとはまた別です。全く関係ない乗客の女性は1回限りの被害なので特に気にしませんが、
 ターゲットは連続(1日百回)して被害を受ける仕組みになっています。このターゲットの反応か
 ら位置情報を割り出すことができます。そして仲間の一人に見つかると、他のメンバーに連絡され
 ます。

[待ち伏せ型ストーカーの崩壊]

 店舗型集団ストーカーが実施されている店で、何らかの事件(喧嘩)が発生したとします。ストリ
 ートシアター(加害者が引き起こした意図的な喧嘩)ではなく、本当の喧嘩です。客同士の言い争
 いが発生すると、工作員であるはずの店員(一般人工作員)はそれに気を取られてしまい、この喧
 嘩客が帰っても、しばらく喧嘩に興奮してその日は集団ストーカー工作を実施しません。ターゲッ
 トにとっては大きな問題ですが、店員(一般人工作員)にとって、一件の工作とはその程度の小さ
 なことなのです。

[旅行会社(バス会社)を利用する手法] ※言い訳ストーカー型

 旅行会社(バス会社)経由にて、旅行中の観光バスに対して集団ストーカーを依頼します。媒体は
 バス無線や携帯電話を利用します。旅行会社は観光中の乗客に対しても、この辺りで「ある風貌の
 人(ターゲット)が来たら『ABと言って』『CDをして』」と依頼することがあります。ターゲ
 ットがその旅行会社を利用しているかどうかは関係ありません。例えば、中国を旅行中のターゲッ
 トがたまたまある飲食店に入店した場合、別の旅行会社を利用した集団が仄めかしを実施するもの
 です。このように無線を利用する業界は案外ルーズです。秘密を守るような体質ではありません。

 ※筆者の体験ですが、海外の無名な場所に出向いた際に「@本旅行の旅行プランで旅行しているグ
  ループ」に出会ったことがあります。その一人が「君のような人に出会ったら、@本旅行に『何
  か言ってくれ』と言われた」と告白されました。

[バイク便を利用する手法] ※言い訳ストーカー型

 ターゲットが何らかの建物に入った契機で、バイク便を派遣して待ち伏せさせます。バイク便の利
 用ケースは、ターゲットにとって初めて行く建物である傾向あります。