ホーム > 手法の実際 > 風評被害


手法の実際メニュー

[風評被害]
 在日と言われる人々や宗教学会員は全国各地に数十万人規模でネットワークを形成していて、それ
 ぞれ自分の担当エリアを持っています。ターゲットとなる日本人の住所氏名等の個人情報は集団ス
 トーカー組織内で共有されていて、自分の担当エリアに移住してきたターゲットに対して、公共施
 設、職場の同僚や近所住人、町内会を通じて個人情報の収集や業務妨害、生活妨害を行い社会生活
 が困難な状況に追い込みます。宗教学会所属の公務員が情報を一元的に管理していると言われ、警
 察が防犯パトロールを応用して尾行監視することもあります。

 集団ストーカー首謀者が、第三者に対して「集団ストーカーの実施」を依頼するための理由を示し
  ます。以下のようなネガティブ情報を使用して、企業には「社長会」的な団体、店舗には「商工会
  議所」のような団体、その他自治会、町内会、近隣住民を利用して依頼します。個人行動には、宗
  教構成員間で伝達するケースがあります。特に「ネットワークチーム」と呼ばれる周辺地域を包囲
 対策する部隊が活躍します。必要に応じて警察への協力要請や、メディアコントロール(報道機関
 への伝達)を実施します。

 そして「本人には決して言ってはいけない」等と周知し、集団ストーカーであることや、この手法
 で裁判や自殺が多々発生している事を一切告げずに、未成年まで利用して依頼します。全ての言い
 訳は後付けとなり、どのターゲットにも「後先考えずに取りあえず実施する」という性質がありま
 す。同じターゲットに対しても、依頼する協力加害者(時期、年齢、性別、組織)によって伝達理
 由がまったく異なり、都合のよい理由のみを仕立て上げます。これを「嘘の理由」と言います。

 工作に一般人を巻き込む場合、工作を依頼する組織には、「その人の人生は宗教学会が面倒見る」
 との口約束も行い、転職紹介(生活保護)をする旨を説明することもありますが、実質は隠れ学会
 企業(従業員には充分に給与を与えず、不正を繰り返し、洗脳じみた環境であることが多い)に転
 職させるというパターンとなりやすいです。

 店舗型ストーカーでは、男性は性犯罪者、女性は万引き犯に仕立て上げる傾向があるのもこの工作
 の特徴です。

[集団ストーカーの依頼理由一覧]

 「今度、ある風貌の人(ターゲット)が来たら『ABと言って』『CDをして』」という行為は、
  基本的に全て集団ストーカー手法と判断して下さい。その際に理由や目的を伝えることがあります
  が、全て手法として確立されているものです。そのほとんどがでっち上げたものにすぎません。
 過去50人の被害者に依頼された理由履歴を以下に記します。

 1.精神病を理由とする手法
   ターゲットが精神病(知覚過敏症・統合失調症・自律神経失調症)や二重人格を有しているた
   め、治療が必要である旨

 2.人格障害(悪人格)を理由とする手法
   ターゲットの社会性欠如、幼稚性、視野、性格を指摘する目的

 3.トラブル誘発を理由とする手法
   ターゲット近辺にトラブルを発生させ、どんな判断をするかテストしたいという目的

 4.監視を気付かせる理由とする手法
   ターゲットが監視されていることを知らせたいという目的

 5.異性関係を理由とする手法
   異性との関係を取りつくろうために実施したいという理由

 6.犯罪的行為を理由とする手法
   ターゲットが犯罪的行為を実施した、ないしはその可能性があると主張する目的

 7.強弁、詭弁を理由とする手法
   ターゲット側に物事を言わせるという目的

 8.証拠隠滅を行なうための手法
   ターゲットが集団ストーカーの証拠を取ったため、盗撮行為にしたいという理由

 9.大衆的な社会的地位を理由とする手法
   株式上場会社、CM放映会社が行っているという理由

 10.言い訳ストーカーを目的とする手法
   ターゲットのために「舞台を作る」「映画を作る」「話を作る」「セットする」という目的

 11.誰々の声を届けるという手法
   ターゲットに「誰かの声を届ける」という目的。別名「神の声システム」と言います。

 12.条例違反である迷惑行為を実施依頼する手法
      「周囲におかしい奴がいる」と(首謀者に)言いに行かせるという目的。ラーメン店等、飲食
      店に流通しやすい言い訳です。条令で禁止されている「つきまとい」等を利用した、面会強要
      行為ですが、偶然を装って実行されます。

 13.マイナス思考を取り去るという手法
   ターゲットの「集団ストーカー」という考えを変えたいという目的

 14.退職したターゲットの元在籍会社に戻し、働かせるという手法
   ターゲットを在籍会社へ戻したいという目的。別名「脱会防止システム」と言います。

 15.崩壊した人間関係を戻したいという手法
   一度集団ストーカーを実施し、ターゲットとの関係が崩壊する等の状況になってしまったケー
   スで、これを戻すために実施するという理由

 16.漫才、パーティーのように振る舞うという手法
   子供を利用して集団ストーカーを実施したケースでは、その違法性、悪質性を覆い隠すために
   表記のような理由を仕立て上げます。簡単に言うと「利用した子供に対する」ごまかしですが、
   子供はただ祭りを演じるように指示されているだけです。

 17.キレることが本人のためになるという手法
   加害を加え、キレることが本人のためになるいう理由。一般人にはよく理解できない概念です。

 18.過去の問題をかたつけるという手法
   一般人を工作に駆り立てる理由で特に転職会社等に伝播される理由です。実際には洗脳技術を
   用いたりして、集団ストーカーの悪質性を隠ぺいする目的です。

 19.本人が面白いと思っているからやっているという手法
   真っ赤の嘘ですが、若い人に流通させる言い訳です。

 20.ターゲットに相手にされないから、相手にされるようにするという手法
   ターゲットがカルト宗教を忌み嫌っている際の、宗教工作員同士の工作理由(言い訳)です。

 21.ターゲットに劣等感があるという手法
   ターゲットがデブ、オタク、AV好き等、劣等感を抱えているからという理由。ターゲットが
   男性の場合で報告されます。ちなみに本人は一切劣等感を感じておらず、請負側が一方的にそ
   う決めつけているケースが多いです。

 22.ターゲットが集団ストーカー情報を漏らしたことで組織が壊れたという手法
   ターゲットの所属する組織で違法な集団ストーカーが実施されたが、ターゲットがその情報を
   漏らしたために組織が機能不全(会社買収等)に陥ったという嘘。実際にはその組織の行為が
   違法で、ターゲットに罪をなすりつけます。

 23.ターゲットはすぐ他人のせいにするからという手法
   ターゲットは物事を他人のせいにするから集団ストーカーを実施しているという理由。このよ
   うな単純な理由は20代以下の若い協力加害者等、人生経験のあまりない人物に伝播させます。
   逆に30代以上の協力加害者には(単純すぎて)通用しない手法です。

 24.ターゲットを驚かせるという手法
   言い訳ストーカーで利用される理由です。協力加害者が人の良い、他人に危害を加えることを
   拒否する、つまり一般的思考を持っている人に対しての依頼理由です。例えばこのような理由
   を1000人に、それ以外の理由を100人に伝播することにより、陰湿性を覆い隠しつつ効
   果的な集団ストーカーを実行することが出来ます。大手コンビニエンスストアが関与するケー
   スでは、この理由が使われます。

 25.世の中は汚い(企業は不正隠蔽に金を払う)ことを教えるという手法
   言い訳ストーカーで利用されがちな理由です。ターゲットが人の良い、他人に危害を加えるこ
   とを拒否する、つまり一般的思考を持っている人に対して実施する依頼理由です。洗脳により
   ターゲットの思想、性格を変える等という理由が仕立て上げられる傾向があります。

 26.何でも自分の思い通りにはいかないことを教えるという手法
   言い訳ストーカーで利用されがちな理由です。ターゲットが人の良い、他人に危害を加えるこ
   とを拒否する、つまり一般的思考を持っている人に対して実施する依頼理由です。洗脳により
   ターゲットの思想、性格を変える等という理由が仕立て上げられる傾向があります。

[集団ストーカーの依頼背景]

 例えば、このターゲットは「叩かないとわからない人物なので、叩けばわかる」「気付かせる」的
 な観点で、一般人工作員に対してこの工作を依頼します。これが一般人工作員の物の見方です。し
 かしこれは大きな間違いです。実は「監視を気付かせる」のが目的ではなく、本人にしかわからな
 いような工作(仄めかし、ノイズキャンペーン等)を実施させ、「統合失調症を意図的に作り出す」
 のです。実施工作員にとっては単純な行為のため、何がしたいのかが全く理解できません。

 その後に、馬鹿学生を利用して『みんな繋がってる〜』等と言う仄めかしを実施しますが、例えば
 ターゲットがまったく新しい会社や商店、組織等に行くと、「工作を依頼する電話」がかかって来
 たりします。組織伝播の仕掛けはこのようなローテク手順です。

 誠意ある組織は「うちはそういう事はしない」と断ります。依頼者は「この辺りはみんなやってる」
 等と言い、参加を促します。そんな工作交渉をする姿も度々見られ、工作しているのがバレバレな
 のですが、何故かこの工作員は『みんな繋がってる〜』という仕掛けを続けます。それは海外でも
 同様です。店主は「何故そんなことをするのか」と執拗に訊くのですが、工作員が説得するのです。
 そんな交渉をしている時にはすでにターゲットは消えており、工作員が残念がる姿が見えます。

 ターゲットに利益が生まれたり、会社に戻す理由等の協力加害者にも同情を生むような理由を仕立
 て上げ、加害者さえも洗脳できるような理由が伝えられることもありますが、流通している内容は
 嘘で占められています。本人に伝えない裏で出回っている情報は全て嘘と判断してよいでしょう。
 子供を集団ストーカーに駆り立てる(不正を隠蔽する)ために、大手企業、宗教学会は平気で嘘を
 つきます。

[よくありがちな店員への理由仕立て上げ手法]

 集団ストーカーは「不正行為隠ぺいシステム」「脱会防止システム」です。複雑な背景、高度な問
 題が絡んで起こるものですが、店舗型ストーカーになる頃には以下のような、何も関係がない低次
 元の単純な理由が仕立て上げられます。評判を利用した集団ストーカーの悪質性、陰湿性を覆い隠
 す手法になります。飲食業、運輸業、交通業、食品販売業に多い現象で、全て首謀者、請負側にと
 って都合のよい事しか伝播しない仕組みです。ターゲットにならないと、解らないメカニズムを軽
 い気持ち、軽い加害で伝えるのが特徴です。一般人の常識的観点を利用した理由を仕立て上げます
 が、条例等に違反する行為に該当したりします。依頼理由は時期、相手によりコロコロ変化し、一
 貫性がありません。

 <実例1>「こいつの場合は特別」
 どのターゲットにも「特別」と定義し、加害行為をしていいと言います。ごくありふれた仕立て上
 げ理由です。

 <実例2>「人間関係を壊したから」
 集団ストーカーを実施してターゲットから見切られたケースで、言い訳ストーカーを実施している
 際に見られる仕立て上げ理由です。多くの場合、集団ストーカーによって人間関係を崩壊させたこ
 とが原因なのですが、これを全てターゲットのせいにする仕組みです。人間関係を復旧するという
 理由を仕立て上げるため、「わざと加害を実施すれば、ふざけているだけと考える」等と説明し、
 ターゲット、協力加害者共に洗脳できる仕組みを仕立て上げます。犯罪行為の許容行為です。

 <実例3>「皆でやっているから」
 他がやっているので良いことだろうと判断するものです。

 <実例4>「皆で(疎外活動を)やらないといけない」
 皆でやらないと(集団ストーカーの)効果がないと、協力加害者を洗脳、感化します。

 <実例5>「皆で見てる」
 ターゲットを皆で見ているという場を仕立て上げます。

 <実例6>「皆で洗脳する」
 皆でターゲット疎外活動を実施し、仄めかしによってターゲット思想をコントロールし、洗脳でき
 ると主張します。

 <実例7>「キレればいい」
 ターゲットをキレさせるのが良いことであると、協力加害者を洗脳します。

 <実例8>「これを撮ればいい」
 加害行為を実施させ、証拠を撮ればいいと仕立て上げます。ターゲットを首謀者の元へ呼び寄せる
 ような工作です。

 <実例9>「元気をつける」
 景気をつける等と言いながら馬鹿騒ぎをすれば良いと主張します。お酒を提供する店に多いです。
 実際には騒音場の発生(ノイズキャンペーン)になりますが、もちろん加害店員には説明しません。

 <実例10>「誰がやっているか気付かせる」
 (ターゲットが人間として見切っている)首謀者を気付かせるという目的です。

 <実例11>「バラバラにしないと」
 集団ストーカーによって精神をバラバラにしないと、ターゲットにとって良くないと主張します。
 精神病の治療というよくある仕立て上げ理由になります。

 <実例12>「犯罪者と見てる」
 ターゲットが加害者を犯罪者と見ていると定義し、皆で加害をすれば皆犯罪者だから何とかなるだ
 ろうという場を仕立て上げます。

 <実例13>「集団ストーカー(システム)として見てる」
 精神病の治療というよくある仕立て上げ理由になります。また、言い訳ストーカーを実施している
 際に「ターゲットが未だに悪質な集団ストーカー加害として見ている」からそれを直し、洗脳する
 と主張します。※基本的にカルト員が一人でも動けば、もうその価値観を直すことはできません。

 <実例14>「せっかくここまで(加害)範囲を広げた」
 ねずみ講のように集団ストーカーを増やし、今さらやめられない状況に陥ったケースに多い理由で
 す。この段階までくると請負側は焦ります。※集団ストーカーは実施規模を徐々に拡大していきま
 す。

 <実例15>「ここまで追ってきた」
 遠隔地にまで集団ストーカーを実施し、ターゲットに「ここまで追ってきた」と思わせる手法です。
 日本全国そのような仕組みが構築されているので、そのインフラを使っているのです。例えば北海
 道在住の方が沖縄で、沖縄在住の方が北海道で被害に合うのですが、このトリックを利用している
 だけです。被害者は北海道にも沖縄にも多数います。

 <実例16>「こういう視点を持ってる者はダメだ」
 一般店舗でなく、ハローワークや転職会社等で流通しやすい仕立て上げ理由です。集団ストーカー
 を実施することが本人のため等と場をでっち上げます。多くの場合、集団ストーカーによって人間
 関係を崩壊させたことが原因なのですが、これを全てターゲットのせいにする仕組みです。

 <実例17>「良い人だから、映画を作る」
 このような理由で集団ストーカーを継続する例は、大抵大手企業の依頼ケースになります。良く調
 査すると同じ系列、取引先が首謀する加害パターンですが、依頼を受ける側にはわかりません。未
 成年を集団ストーカーに組み込むケースで使われます。別名トゥルーマンショー被害と言います。

 <実例18>「親がやっている」
 親に頼まれた等という理由ですが、親がいない人(親が集団ストーカーの対象で自殺し、その子供
 も口封じのために攻撃されるケース)だったり、親が訴訟中(親が首謀者のため、子から訴えられ
 ている)パターンもあります。争いを覆い隠すため、このような理由を仕立て上げます。

 <実例19>「たくさん加害すれば、(ターゲットが)振り向く」
 請負側の宗教学会を経由し、本部から各店舗に伝えられることがあるチェーン店に多い理由です。
 意味のない加害を永遠に繰り返せば繰り返すだけ、振り向かれる事はありません。5年加害を続け
 れば、5年間は振り向かれることはないでしょう。

 <実例20>「たくさん加害すれば、(ターゲットが)笑う」
 請負側の宗教学会を経由し、本部から各店舗に伝えられることがあるチェーン店に多い理由です。
 極めて非常識的な思想で、加害を繰り返せば繰り返すだけ、笑う事はありません。5年加害を続け
 れば、5年間は笑うことがないでしょう。

 <実例21>「本人の前ではなく、見えない裏でやる」(理由は告げられない)
 大した理由も告げられずに、「ターゲットの前では決して加害はせず、隣部屋、通路、別区画等で
 実施するように」と指示されるパターンです。食品販売、飲食店に多く伝播する理由ですが、名乗
 らない環境で実施される胆の小さい加害者と、(首謀者を含めて)人間性の小ささを評価され、ま
 ったく逆効果になります。

 <実例22>「とにかくこれ(加害)をやってくれ」(理由は一切告げられない)
 集団ストーカーであることも知らず、ターゲットがいることも知らず、一切理由を告げられずに何
 らかの単純工作を実施するよう依頼されるケースで、最も多い加害手法です。店員は何の目的でそ
 の行為をしているのかも理解できず、知っているのは依頼した工作員だけというパターンです。タ
 ーゲットさえもその行為を認知して(聞いて)おらず(相手にもしていないケースもある)、工作
 員の一人相撲になっていることがほとんどです。

 <実例23>「費用をかけてやっている」
 費用をかければ許されるという環境を仕立てあげる理由ですが、多くの被害者から報告されていま
 す。集団ストーカー掲示板にもよく書き込まれる内容ですが、請負側と思われるネットストーカー
 (工作員)が自らの正当性を主張したいが故に書き込んでいると推測されます。

 <実例24>「この人は危険な人(万引き犯、集団ストーカー犯、右翼)」
 ターゲットを危険人物に仕立て上げる理由です。小規模では万引き犯等の要注意人物ですが、中規
 模以上では、集団ストーカー犯や右翼に仕立て上げます。若い女性店員に伝播させることが多いで
 す。

 <実例25>「過去の問題を抱えていているから取り去る」
 ターゲットや協力加害者に対しても、その問題が何であるかを一切言わず(もしくは嘘の問題を伝
 播させて)一方的に“問題”を仕立て上げます。集団ストーカーの陰湿性を露出させたくない時に
 利用される理由です。

 <実例26>「ライバル会社の社員」
 予め『ライバル会社の社員が調査に来るので、嫌がらせをする』と店で仕組みます。ターゲットが
 来店すると、事前取り決めした暗号を入れた店内放送(例:『業務連絡。A担当者、B番までお願
 いします』とアナウンスする)を実施し、その合図で嫌がらせを実施します。

 <実例27>「大したことはない。自治会皆でやっている」
 大勢でやっているので許される行為である、しかも些細な事で大したことではないという論理。加
 害側女性(主婦)が伝播させる特徴があります。もちろん自殺強要ストーキングである、という事
 を通知はしません。

 <実例28>「これが被害者にとって利益になる」
 このような理由を述べるのは宗教学会に所属する店員です。集団ストーカーをすれば、心が開眼で
 きると言う異常思想を持っています。彼ら異常者は、子供の頃から(4才頃には)集団ストーカー
 に参加する訓練を受けているため、一生涯集団ストーカーに生きがいを感じます。

集団ストーカーの依頼例

 以下のような事を永遠と繰り返し、何が起きているのかターゲット側が理解していないのにも関わ
 らず、一方的に加害者を増加させて「何が起きているのか」等と仄めかす手法です。

 <実例1>依頼を受ける側:常設屋台のおばちゃん
  ヤンキー工作員「おばちゃん、今度こういう人が来たら叩いて」
  おばちゃん店員「その人、何したの?」
  ヤンキー工作員「何もしてないけど」
  おばちゃん店員「何で?」
  ヤンキー工作員「驚かす」

 この屋台は宗教系列ではありません。このように、工作員は大した理由も言わずに同じ工作を依頼
 します。宗教系列店でなければ断るか、悪意のない加害となります。

 <実例2>依頼を受ける側:百均(百円均一店)の若い女性店員
  社員「今度こういう人が来たらやって」
  店員「何でそんなことしくちゃいけないの?」
  社員「いいからやって」
  店員「……」

 この店は宗教系列ではありません。このように、工作員は大した理由も言わずに同じ工作を依頼し
 ます。宗教系列店でなければ断るか、嫌々ながら実施する加害となります。

 <実例3>依頼を受ける側:商店系組合に加入している店舗店員
  工作員「(悩みながら)我々はここまでやっているのに……」
  店員 「そうですか……(ハァ)」
  
 集団ストーカーであることを理解していない店に対して、嘘の情報(犯罪行為、陰湿性の覆い隠し)
 を流していることが多いです。集団ストーカーがバレたから、本人のために映画を作るとか、人間
 関係を壊したから復旧させたい等という理由をもって、集団ストーカーを続けるケースも報告され
 ています。ほとんどのターゲットは何が起きているかまったく理解していないし、興味もありませ
  ん。あたかもターゲットが何を知っているというような場を仕立て上げるのがこの依頼工作です。
  これも店員を加害に誘い込むための同情工作でパターン化されています。

 <実例4>依頼を受ける側:宗教加盟店、宅
 (宗教系列のため、事前に集団ストーカーシステムを理解している店、家)
 ターゲットが通りの向こうから歩いてくる契機にて、ある地点を通ったら30秒後に高笑い工作を
 実施する様に手はずします。(その地点を通行人(ターゲットらしき人物)が歩くと、ちょうど3
 0秒後に加害場所へ到着するタイミング)

 <実例5>依頼を受ける側:個人飲食店
 ターゲットがある町にいる契機にて、ターゲットが行きそうな店舗に工作員を配置します。例えば、
 ある小料理屋に工作員を置き、この工作員が気のやさしい女将さんに工作を依頼します。女将さん
 はその工作が「良いこと」であると等と工作員に吹き込まれ、統合失調症を作り出す集団ストーカ
 ーであることは一切理解していません。そして女将さんが奥に引っ込んだ契機にて、工作員がター
 ゲットに向かって「カッ」と一喝します。女将さんが戻ると、工作員はまた普通になります。この
 「カッ」が、宗教学会の実態なのです。

 <実例6>依頼を受ける側:職場(協力社員)
 宗教社員「こいつは集団ストーカーの一味だ!」
 女性社員「え、何?」
 協力社員(よくわからない工作を始める......)
 女性社員(嫌そうな顔をする)
 管理社員「お前ら、やめろぉ!」(宗教社員に対して激怒する)
 宗教社員「だって・・・・・・」(未練あるような仄めかしを実施する)

 管理社員と女子社員は一般人です。宗教に入信している社員は勝手に仄めかしを実施し(そこで始
 めて宗教に入信していることが判明したりする)、業務が停止するような雰囲気になります。ここ
 で管理社員が宗教社員を一喝し、仄めかしを辞めるよう怒鳴ります。女子社員だけが、自分達が実
 施している行為が集団ストーカーであることを理解しません(そのような概念がないため)。宗教
 社員は、それでも工作を実施しようとしているのです。

集団ストーカーの結果の流通

 ターゲットの知らない所で、宗教工作員が一般人に結果を流通させる際によくあるパターンです。

 <実例1>「妄想しなくなった」
 ターゲットを妄想障害と位置づけ、集団ストーカーを実施した結果「妄想しなくなった」と流通さ
 せる手法です。

 <実例2>「これで(心の問題が)良くなった」
 集団ストーカーを実施し、疎外活動によってターゲットが人間不信に陥ったことを流通させ、「こ
 れで本人のために良くなった」等と流通させます。

 <実例3>「これで対人(家族)関係が良くなった」
 集団ストーカーを実施し、疎外活動によってターゲットが人間不信に陥ったことを流通させ、「こ
 れで本人のために良くなった」等と流通させます。

集団ストーカーの結末

 集団ストーカーの結末によくあるパターンです。

 <実例1>「当初、貴方が悪い人だと聞いた」
 一般人を巻き込んだ集団ストーカーが(比較的多規模に)実施されたケースで、(ターゲットに対
 して悪いだろうと考えた)一般人がターゲットにストーカー行為に対する情報を伝えたとします。
 その際の言い訳(理由)は「貴方(ターゲット)が悪い人だと聞いた。その後違うことがわかった」
 というパターンです。
 ※このように、当初はターゲットを悪人に仕立て上げるのが特徴です。この言い訳もまたお決まり
  のパターンです。

 <実例2>「貴方の妄想、勘違い」
 集団ストーカーが実施されたが、一般人への範囲にほとんど漏れないような小規模で収まった場合、
 最後は「貴方(ターゲット)の事を悪く言う人はいない。貴方の勘違い」という言い訳となります。
 ※ターゲットが集団ストーカーという視点が持つことを、洗脳により排除します。

 <実例3>「貴方のために映画を作った」
 企業系ストーカーにある手法です。このレベルになると海外でも尾行されることが多いです。結構し
 つこい尾行が続くことが報告されており、終わないという人が多いです。トゥルーマンショー被害と
 も言います。
 ※ターゲットを同情させるパターンを用いるのも特徴です。

 <実例4>精神病院への入院、自殺
 精神病院へ入院することになった場合は、何らかの投薬治療となります。何度か繰り返され、ター
 ゲットが衰弱したら終わりです。最も悲劇的な終わり方は、ターゲットの自殺です。
 ※ターゲットを疎外させることが精神病の治療等とでっちあげるケースが非常に多く報告されてい
  ます。

 <実例5>裁判
 会社内で発生した違法行為(モビング等)に対し、ターゲットが裁判で争う等の手段を取った場合
 は労働裁判となります。被害者がどうしていいのかわからない場合、「会社で起きたイジメ行為に
 ついて、何をしたか全て公表しろ」と訴える方法もあります。(首謀者側となってしまった)両親
 を相手取った裁判まで発生しているのが現状ですが、実施時にはこのような裁判があることを一切
 知らせません。

 <実例6>「元いた組織へ戻す」(脱会防止システム)
 企業系ストーカーが発生したケースで、元いた(被害の起きた)会社へ戻すというストーカーです。
 数年間は辞めない等という誓約書・契約書等を書かされ、職場復帰を強制させるケースが報告され
 ています。カルト系宗教では脱会防止に利用され、自宅破壊等の壮絶な被害になります。

 <実例7>「保守」と呼ばれる団体に所属する
 反宗教学会を掲げる団体に興味を持ち、参加する“活動家”となります。これには若い女性も多く
 参加しているのが特徴です。理由は同じ被害者が多数いるからです。「貴方もそう、私もそう」と
 他事例を知ると、被害者側は「嵌められた」と理解するようになります。そして宗教学会員の異常
 な生態に対し、危機感を覚えます。被害者は一般人であり、元々このような団体に興味がないので
 すが、近年このような市民団体による保守活動(所属する方は「保守」や「活動家」と呼ばれるの
 に心外なのかもしれませんが)に参加する方が増えています。それだけ宗教学会による被害者が蓄
 積されているこということになります。
 ※これに対し、請負側である宗教学会員は「何故、私達の教えが理解されないのか?」と疑問を呈
  します。「名乗らない」「ハッキリ言わない」「しつこい」「気持ち悪い」「宗教とは関係のな
  い一般人に対する一方的な干渉」という体質を宗教学会員がまったく理解していないからです。
  被害者は、同宗教学会による過去の犯罪を洗い出し、如何に愚かな団体であるかを理解するよう
  になるだけの反面教師と見るようになります。

 <実例8>障害発生
 長年に渡るノイズキャンペーン等の加害により、ターゲットの聴力等が弱まるケースです。この状
 態で30年以上加害を受けているケースもあります。もちろん(障害者故に)ターゲットは加害に
 気付かないのですが、加害者になる者は時給労働、カルト学生等の狭い視野の持ち主が多く、ター
 ゲットが傷害を有している判断を持てないため永遠と加害を繰り返します。このように心身障害者
 に対して集団ストーカーを実施したり、アンカリングという目的のために障害者を利用して集団ス
 トーカーを実施するのが宗教学会の実態です。

 <実例9>傷害(殺人)事件発生
 キレたターゲットによって、殺人事件等が発生する悲劇的な事件が起こります。集団ストーカーに
 より引き起こされた事件であるという事がらは報道機関によって一切覆い隠されます。

 <実例10>「一人でいるから」
  1.一人でいると証拠が取れない・活動範囲が狭い等、個人行動の限定性を教えたい。
  2.周囲にはこれだけ人がいる(社会がある)ことを教えたい。
  ⇒ターゲットが人間不信に陥り孤立している(と一方的に加害者組織が定義させた)状態を伝播
   させ、ターゲット周囲に工作員を張りつけます。ターゲットから見れば、宗教学会に属する人
   間の屑(違法、条令違反の常習路上ストーカー)であり、逆効果となります。