ホーム > 手法の実際


手法の実際メニュー

[集団ストーカー手法]
 ターゲットは誰であれ、集団ストーカー行為は手法として確立・マニュアル化されています。

 企業が依頼する場合、会社の不正行為を覆い隠す目的や個人リストラがあります。工場、もしくは
 それに近い形態の業種で実施される傾向が多く報告されています。

 まず、周囲に対して「本人(ターゲット)には絶対言ってはいけない」等と周知させ、ターゲット
 を徹底的に孤立化させます。そしてターゲットを24時間365日監視して陥れるのですが、尾行
 しなければ知りえないようなことを把握したうえで、ターゲットを取り巻く全環境にて、ターゲッ
 トがいかにも悪人であるような場を仕立て上げる仕組みです。

 ターゲットを「自己愛性人格障害」と一方的に診断し、「見過ごされた神経症」を治療する等とい
 う大義名分で、「社会的拒絶」「脳の錯覚」を引き起こすことが最適と頑なに信じている組織があ
 るのです。この錯覚を引き起こすの必要な工作というのが彼らの主張です。

 そして「ターゲットは叩かないとわからない人物」的な観点でこの工作を第三者に依頼、実施し、
 これら集団ストーカー手法を利用してターゲット追い詰めて孤立化させます。これら嫌がらせ手法
 によって、ターゲットがキレたり、怒鳴ったり、近隣に対して苦情を申し出るよう促します。実際
 に周囲(加害者)は何もしていないという環境をでっち上げ、ターゲット一人のみが騒ぎ立てるよ
 うな場を作り上げます。そしてターゲットが警察に相談すると、一切捜査はせずに精神病院を紹介
 されたりします。警察官がその工作に加担する例も見られます。警察(生活安全課)が被害を受け
 付けないのは、集団ストーカーを実施する組織から得られる情報網が有用であるというのが、大方
 の見方です。

 工作の効果が見られない場合、ターゲットが人間不信に陥り孤立していることを周囲に見せしめま
 す。ここでターゲットに対して「周りには仲間がいるのに、コンタクトしないのはおかしい」等と、
 周囲に相談するような場を仕立て上げます。これをミスリード手法と言います。迷惑行為を継続的
 に実施し、精神的に参ったターゲットを首謀者の元へ誘き寄せて次のように言います。
 「今まで、あんた(ターゲット)は何してた?」
 ターゲットの言論、行動を「上から見ていた」と主張し、首謀者が計画した尾行、待ち伏せ、盗聴
  行為、パワハラ、そして握られた不正情報を覆い隠します。「これが世間だ!」という言葉を使っ
 て。精神的に弱ったターゲットを首謀者の元に来させるのも、首謀者の目的の一つです。

 この工作は身内をも利用し、最終的な犯人を親、兄弟、親戚と仕立て上げ、「親がやっているから
 いいのだ」等と世間の同情を買う理由をでっち上げるのが、報告されている中で多い事例です。

 宗教理由の場合は脱会阻止、宗教関係者との言い争い(近所トラブル)等があります。ある人が、
 たまたまゴミ捨てマナーが悪い人に対して注意をしたら、注意された人が宗教学会組織に加盟して
 いたため、ターゲットにされてしまった例は多く報告されています。そしてそれを契機に反宗教学
 会団体に加入して保守活動をする例もあります。携帯電話の使い方が悪いと注意した人が、逆上さ
 れて殺される例がたまに報道されますが、それに似たメカニズムです。この手法は、本来脱会者に
 行われてきた行為ですが、一般人にも向けられ始めています。

 政治理由の場合は、もちろん政治妨害です。政治妨害は極めて熾烈な妨害が存在します。例えばあ
 る候補者の選挙演説になると、必ず決まって多数の障害者が現れる等の事例も存在します。政治家
 ではない人が、たまたま政治に関わるような職業(ポジション)にいただけで、政治活動の邪魔で
 ある理由でターゲットにされてしまった例も報告されています。

 そして様々工作活動によってターゲットが嵌められ、逮捕されてしまう例も存在します。

[集団ストーカー手法の特徴]

 ・ターゲットを大勢で取り囲むことにより、ターゲットをマインドコトロールするような手法です。
  多数の仄めかしによってターゲットを操り人形のように操作しようとします。

 ・このシステムにおける首謀者並びに請負側は、自分達が常に正しいと思い込んでいます。そして、
  ターゲットを陥れるような理由を仕立て上げ、協力加害者に加害行為を依頼します。

 ・この手法は、各都道府県が定める「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する
  条例(迷惑防止条例)」に違反する行為です。

 ・この手法にニートや学生を使いますが、このようなシステムで利用されていることを一切教えま
  せん。未成年が条例違反を犯すことも気にしません。

 ・ターゲットが誰で何をしているのかわからないため、ターゲットの心身を壊すことに対して、工
  作員は何の理解もできないシステムです。

 ・多くの市民は安全のために防犯パトロールをボランティア精神で参加しますが、一部の権力者が
  このシステムを不当に利用(悪用)します。

 ・警察機関は罪のない一般市民が集団ストーカー犯罪に引っかかるのを黙認します。理由は得られ
  る情報網が有用だからです。

 ・逃げるだけ、臆病者が参加するシステムです。未だかつて、「私は加害行為を実施した」と申し
  出る人はいません。これがこのシステムの正体です。

[BMI犯罪]

 集団ストーカーは、別名BMI(Brain Machine Interface)犯罪と呼ばれます。首謀者は、第三
 者に対して「今度、ある風貌の人(ターゲット)が来たら『ABと言って』『CDをして』」
 と依頼します。頼まれた第三者側は、ターゲットと出会った契機で依頼されたことを実行します。
 一人一人の行為(加害)はとても小さな事ですが、些細な行為が数万回も引き起こされれば生命に
 まで関わるような事態が発生します。そしてターゲットのあらゆる感情面、行動面、思考面が攻撃、
 抑制、洗脳され、ターゲットの活動が破たんする非常に危険な仕組みなのです。

 些細な工作を依頼された加害者には到底理解できない陥れテクニックが隠されており、ターゲット
 側は別名「殺人以上のストーカー」と呼びます。決してターゲットが精神病人なわけではありませ
 ん。「防犯」を名乗る団体からそのように仕立て上げられているだけです。時には(宗教学会に入
 信している)警察官の威光を利用してまで、大手企業が依頼することもあります。工作を依頼され
 た一般人加害者側には一切認知できない思考構造で、当事者ではなければせいぜい何かの冗談、笑
 い話としか判断できないのが実情なのです。勘のよい加害者であれば、「付きまといが気持ち悪い」
 「嫌がらせが迷惑だ」等、恋愛のもつれからくるストーカー、離婚後の干渉等を想像すれば、その
 苦労にある程度想像がつくでしょうが、BMI犯罪はその種とは異なります。加害を受けたことが
 ない人に対して説明すると、「冤罪を生み出す自白」のようなシステムで、根拠もないのに数万人
 から人生を否定されるような事象です。主な加害手法を以下に示します。
  ・加害者の犯罪行為を黙認して、被害者をあたかも犯罪人として仕立て上げる行為
  ・やってもいない事を、やったと言わせるような場を仕立て上げる行為
  ・統合失調症と同様な症状を意図的に作り出し、被害者を精神病人に仕立て上げる行為
  ・ターゲットの人生価値観を全否定する行為
  ・ターゲットの収入源等、社会生活基盤を断ち切る行為
 BMI犯罪とは、単に尾行、待ち伏せという反社会的活動としての嫌がらせではなく、完全なる「
 洗脳手法」なのです。様々な手法によりターゲットに対して首謀者側の精神を刷り込もうとするこ
 の攻撃が連続発生することでターゲット行動が狭まれ、弱い被害者は自殺したりするのです。自殺
 未遂ストーキングと呼ばれるこの加害システムの特徴を以下に記します。

【不正行為隠ぺいシステム】
 集団ストーカー手法を利用する組織は、少なからず不正行為を実施した経験があります。結局のと
 ころ、こんな手間がかかるような行為をあえてするのは、不正行為や悪質性を覆い隠す目的がある
 のです。洗脳による口封じという手段です。不正をすれば、組織としてそれを隠したがるのが実情
 です。「何かおかしいのではないか」と声を上げる末端の疑問に対し、悪質な組織群はターゲット
 の尾行を探偵業者に依頼をします。組織の機密が漏れている等という理由を仕立て上げられたター
 ゲットは大抵ただの素人であり、探偵を発見するノウハウなどないし、尾行を受ける謂われもない
 のです。ターゲットが悪質な尾行に気づくと、それをからかったり、釣りの会話をすることによっ
 て、尾行の存在に気づくことがあります。むしろ探偵を発見するために釣りの会話を実施したりも
 します。釣りの会話を聞いた探偵は、雇い主にこれを報告します。

 雇い主は自らの立場が悪くなり、不正が漏れると組織が崩壊する可能性があることに困窮すると、
 「黙らせる方法が一つだけある」と、請負団体に工作を依頼するのです。ここからは、いかにその
 ターゲットが悪人であると仕立て上げるような工作を実施するのです。これらは訓練された多数の
 宗教学会員による尾行に始まり、ターゲット周囲が全て工作員であるという想定外の事例になりま
 す。普通の人には理解できない概念です。例えばターゲットがカメラを持って列車に乗車していて、
 たまたまレンズの蓋が外れていた時に、乗客の男性がとても嫌な顔をすることがあります。これが
 工作員です。『自分の姿が撮られているのではないか』という疑心暗鬼によるものです。ターゲッ
 トはその顔を見て初めてレンズの蓋が外れていることに気づくのです。普通の乗客なら「蓋が外れ
 ているよ」と声をかけてくれたりしますが、そうではないのです。目つきの怪しさと、服装の簡素
 さが特徴の乗客が乗り込んでくることが多くなります。このような事が暫く続くことで、ターゲッ
 トは何かがおかしいと感じるようになりますが、通常自分がこのような工作に巻き込まれていると
 は夢にも思いません。

 ターゲットが何らかの工作行為に気付いた場合、誰かに相談したり調査したりします。しかし個人
 で調査するには、資金的、能力的、共に限界があります。ホームページに事例があれば自分と同様
 の被害状況を見つけることができますが、集団ストーカーのHPはオカルト的内容だったり、断片
 的情報だったりすることが多く、自分の置かれている立場を把握することができないのです。(※
 これは無理もありません。請負団体が長年圧力をかけてそのようなHPを葬り去ってきたのです。
 このHPを作成した理由は集団ストーカーの集大成を収録し、被害者がそのような状況に陥った時
 にはすぐにわかる仕組みを構築しました)例えばターゲットが、探偵業者等に調査を依頼したケー
 スでも、企業の信用の名を元に先回り工作が実施されることがあります。裏ジャーナリストに相談
 しても、あらゆる後付けの隠ぺい工作が実施されます。そしてその後、弁護士のような身なりのい
 い格好をした乗客が数名現れ、「私達が何してるのかわかってるの?」と仄めかしを受けることが
 あります。(※大抵のターゲットは何してるかわかりませんし、興味もありません)

 この「黙らせる方法が一つだけある」というのが「不正行為隠ぺいシステム」、すなわち集団スト
 ーカーです。一度でもこれを利用してしまったら「組織の負け」を意味するのですが、何故か利用
 した者が正しいという論理にすり替えられ、世の中に流通する「正しいと称される」手法なのです。
 簡単に言うなら「全体の利益を優先」し、不正を覆い隠す仕組みです。方法は2つあります。1つ
 は不正自体を闇に葬る行為です。もう1つは尾行を尾行を思わせないなど、解釈を仕立て上げる行
 為です。これが請負団体の「ビックビジネス」で、工作のためなら子供を利用してまで尾行に参加
 させます(※尾行、待ち伏せを実施する工作員はこの背景を一切知らされません)。ターゲットの
 「不正に厳しい目を徹底的に潰せ」という思想が、一般人加害工作員に出回る頃にはターゲットの
 「不良素行を徹底的に潰せ」にすり替わります。このように、大手企業の社員から加害者となる店
 員へ伝えられる風評は宗教学会員により仕立て上げられたものになったりします。真の理由は不正
 の隠ぺいですが、これは依頼された側には何の関係もないし、感知できないことです。

 ここで集団ストーカーの究極の縮図になりそうな案件をご紹介いたします。東京都中野区にてある
 政治活動をされている一派が、ある政党議員の不正行為を暴いたケースがあります。その結果、ま
 ったく関係のない案件で、一派が政党に訴えられるという事態が発生しました。いわゆる報復行為
 です。そしてその一派が一般市民として役所(中野区役所)に出向くと、役所員が総出で外に出て
 きて、その人物を集団で取り囲み、役所の「中に入れさせない」という事象が発生します(映像は、
 youtube に掲載されています)。彼らが社会生活する権利を奪っているのです。(一応役所の外で
 は業務を受け付けるようですが)、基本的人権を守らない違憲行為と判断できます。「防犯」ネッ
 トワークを語る立場が多数派を構成し、このようなシステムを「反対派、危険人物(と一方的に定
 義した)」者に対して使うのが現実で、「報道されないことを知りながら」実行する行為です。こ
 の一派が区役所に出向こうと決めた時(出発以前)には、既に「防犯」を名乗る側によって110
 番通報され、一派が到着する時には警察官が待ち構えていたという事例もあります。一般市民とし
 ての手続きをするため役所に無理に中に入ろうものなら、公共の建物なのに「建造物侵入」として
 取り扱われるようです。当事者ではない我々がこれを見ても、「何してるの?」と笑い話にしか思
 えませんが、当事者達は本気なのです。
 (※筆者はこの一派ならびに当該区役所とは無関係です。またこの一派は公安警察によってマーク
  されていたり、逮捕案件が含まれていて、その背景には恐らく記載した以上の長年に渡る闘争や
  取り締まりが存在しますが、本HPとは無関係な部分なので省略します。あくまで事象メカニズ
  ムの説明をしています)

 この「防犯」を名乗る側の一方的な定義で「中に入れさせない」と意図的に仕立て上げるメカニズ
 ムが、宗教学会(もしくは集団ストーカーシステム)の特徴です。そして自分もそのような目に合
 いたくないという理由で、ターゲット加害活動に参加したのにも関わらず、口をつぐんでしまうの
 です。そして「言わないことが本人のためになる」という言い訳を信じて下を向き、知らぬふりを
 します。これが「臆病者の社会システム」の正体です。これまで集団ストーカーシステムは「報
 復が怖いから報道はしない」「仕組みが漏洩したことがバレると制裁を喰らう」等々、様々な理由
 で隠ぺいされてきました。本人は嫌でも、強制的に加害行為に参加させられるケースもあります。
 例えば集団ストーカーの知識がない人に対して、大勢で「これが本人の為になる。それでいいのだ」
 と押さえつけ、会社が従業員を業務命令として組み込むのです。多勢に無勢という構造になれば、
 大多数の首謀者側論理が強くなり、弱いターゲットの声はかき消される仕組みです。そして疎外活
 動に賛同できない者(心やさしい人が多い)は組織を退職、脱退したり、させられたりします。

 そして以下の項目に記載した、想定外のあらゆる洗脳手法によってターゲットはパニックになり、
 混乱するのです。どの手法も、尾行したり盗聴したりしなければわからないことをチラつかせる技
 術です。例えばターゲットが怪しげな風俗店に行った際等、この行動情報を取っておき、ターゲッ
 トが著しく社会性を持たない人物であるとでっち上げるあらゆる理由を探し出します。これには身
 内をも利用したりするケースがあります。そして極めて多数の人員で尾行、待ち伏せをすることに
 よって、「私達は見ていた」「私達は聞いていた」等と、論理をすり替えるのがこの手法です。そ
 してやってもない事や、釣りの会話を本当であるという場に仕立て上げることが、「冤罪を生み出
 す自白」のようなシステムとなるのです。同時に、集団ストーカー手法によって人間不信に陥った
 ターゲットを「この人物は懐疑心の多い人物で、他人に対して厳しい目をしている。これは今後の
 ためによくない」等と吹聴し、あたかもターゲットを悪人と仕立て上げ、集団ストーカー行為を続
 ける仕組みです。

【BMI犯罪について】
 BMI犯罪とは、ターゲットに嫌がらせを実施する過程にて、洗脳により脳活動を乗っ取るような
 仕組みを用いた犯罪のことです。ある宗教学会が自らの一方的な判断のみでターゲットを選定し、
 その人物に社会制裁を与えるという大義名分をもって(ターゲットが拒否しても)一方的に(スト
 ーカーのように追跡して)集団でこの犯罪に組み込みます。多くの場合ターゲットに非がないこと
 が多いのですが、一方的な風評被害を用いて人を精神的に破たんさせるような手法を用いるのが特
 徴です。「本人には決して言ってはいけない」という環境を作り出し、本人には見えない箇所から、
 強迫性を有した音声を継続的に実況中継する(仄めかしと言います)ことで、ターゲットの精神状
 態をおかしくする手法になります。

 ターゲットの行動を常に監視し、視点、感覚、感情、暴言等、人の精神を操るような言葉を永遠と
 繰り返し、ターゲット行動があたかも人工テレパシーのように筒抜けであると思わせるような手法
 であるのが特徴です。例えば、ターゲットが次にしようとする行動(消しゴムを使う)を、それを
 実行する直前に誰かが陰で「消しゴムを使え」と仄めかすのです。ターゲットから見れば、自分の
 行動が見透かされていると思うのです。これはターゲットが直前に鉛筆で記載した文字を間違えた
 という事象を、常に監視されていたことに起因します。事ある毎にこれを実施し、ターゲットは常
 に見張られている、行動を予測されている、というような極度の緊張状態を24時間365日受け
 ることによって、精神的に陥られる手法なのです。簡単に言うなら「パワハラ」です。

 一旦ターゲットに選定されと、近所の24時間営業のファミレスには工作員が常に張り込むことに
 なります。ターゲットがいつも読むスポーツ新聞は請負側によって常に購入され、例えばターゲッ
 トがそのファミレスに行ってスポーツ新聞のエロいページに目が移った瞬間に、誰かが陰で「また
 エロページを読んでいる」と仄めかすのです(注:エロページの下にあるTV欄を見るつもりでも、
 そのように仄めかします。これはスポーツ新聞のページ構成を知っている仕掛けになっています)。
 そして、一般客を装った幼い子供やニート工作員により「ターゲットがどこにいても考えることが
 わかる」「これが私達(首謀者)の力だ」等と鼓舞されるのが特徴です。行動予測、実況中継だけ
 でなく、感覚、感情、思考等を継続的に挿入することで、ターゲットを脅迫したり、洗脳したり、
 暗示したりすることもできます。

 この目的のために、ターゲットが行きそうな場所には全て工作員を張りつかせる仕組みです。そし
 てその規模を大きくすることで、首謀者、請負側が実施した尾行の悪質性、陰湿性を覆い隠す仕組
 みになっています。「犯罪」と記載しているのは、この手法が憲法、刑法、民法、条例に違反する
 事例が存在することです。また首謀者自らが悪事を働くのではなく、このシステムを知らせず未成
 年の子供を使ってまで工作を実施することが問題なのです。首謀者は、自らの力を誇示するために、
 集団ストーカー請負側に工作を依頼、宗教の力を利用します。例えば「これがABの力だ!」と、
 その一言を言いたいがために、子供を利用してまで事実上の監視行為、つまり、尾行、待ち伏せ、
 仄めかしを実施させるケースがあります。

 首謀者はその時点でカルトに堕ちたことになり、ターゲットから見捨てられることになります。首
 謀者、請負側はその概念を覆す目的で、ターゲットを集団でストーキングし、ターゲットや協力加
 害者を洗脳、感化する仕掛けを作ります。ターゲットを誘き寄せる目的として、加害行為(治療行
 為と称されることもある)を集中的に実施しますが、ターゲットの善悪判断はその時点で固定され、
 以後変わることがありません。多くの集団ストーカー事例が長期化するのはこの判断が原因で、首
 謀者、請負側はターゲットが破綻するまで(もしくは洗脳されて気が変わるまで)実施する等の思
 想を持つことになります。※宗教脱会や政治案件のケースのみ、一方的に「仏敵」というレッテル
 を張られ、ターゲットが破滅するまで続けられます。

【何の関係もない組織で加害が起こる仕組みについて】
 ご近所トラブル等(例えば相手がたまたま宗教学会員で、これ)を発端とし、ターゲットがその加
 害者から一方的に非難を浴びている状況下で、かつ、ターゲットが所属する組織内では何も悪いこ
 とをしていないのにも関わらず、その組織内で集団ストーカー手法が実行されるケースがあります。
 日本各地でよく報告される事例です。ターゲットが所属する組織の責任者(会社で言えば社長に当
 たる)は、「自ら防犯を名乗ってこのような手法を実施する団体」(大抵は宗教学会が多い)に負
 い目(または信仰のようなもの)があったり、過去に同行為を実施した経験があったり、自ら大企
 業であることに慢心したりすることによって、これら違法行為(集団ストーカー行為の継続)が企
 業運営(リストラや企業精神の埋め込み等の理由)に必要であると認識したり、それが社会制度で
 あると思い込んだり、勘違いしたりすることによって、その違法行為を容認、利用までしてしまい
 ます。このような職場における集団ストーカーは、別名リストラストーカー、職場ストーカーと呼
 ばれます。大抵は精神病の治療等という理由が仕立て上げられますが、その仕立て上げ理由をその
 組織が信じているのかは不明です。上記例にも記載した通り、会社に余裕がある事を見せつける目
 的だったり、力を誇示する目的等で集団ストーカー請負団体を利用した組織は、例えば右翼団体の
 新聞購読要請(事実上の強制)を受け入れるような構図になります。退職した従業員を元に戻すと
 いう職場ストーカーも数件報告されていますが、会社が何らかの利益を享受した証として、宗教学
 会員を従業員として雇い入れる等の契約がなされるケースが多々あります。それが繰り返されると
 社内における宗教学会員の力が暗黙的に強くなり、宗教学会に会社が乗っ取られるようなケースに
 も発展することもありますが、ここでは省略いたします。

【風評被害、仄めかしについて】
 24時間365日不特定多数の工作員が付きまとい、ターゲットに向けて特定のキーワード(嫌が
 らせを含み)を浴びせる行為を仄めかしと言います。長期間、大人数による洗脳的発言を実施した
 結果、感情、感覚、思想、判断等をターゲットに刷り込み、洗脳することができます。別名、脳を
 乗っ取る仕組みとも呼ばれます。手法としては、面と向かってターゲット本人には悪口を直接言わ
 ず、ターゲットから見えない位置だったり、主語を省いたりして遠隔から嫌がらせの言葉を継続的
 に発するのです。そのうちターゲットの精神がキレ始め、何の関係もない(実は工作員だが証拠が
 ないため追及できない)人に対して暴力を振るうこともあります。暴力(殺人)事件として報道さ
 れるのですが、この手法については一切覆い隠されるのが現状です。

 嫌がらせには仄めかし以外にも多数の手法がありますが、多くの被害者から報告される例は、「決
 してターゲットの言う通りにはならない架空の状況を作り上げている」という理由を仕立て上げ、
 一般人に対しても工作を依頼することです。多くの工作手法は一般店舗のレジ付近における仄めか
 し会話です。ターゲットが来店した契機にて、ターゲットに聞かせる目的の「聞かせ言葉」になっ
 ています。ターゲットはこれを聞く必要は一切ないのですが、その仄めかしを聞かなければ、ター
 ゲットが社会悪になるような場をも仕立て上げます。ターゲットが仄めかしを聞いた場合、その反
 応(帰路、在宅時の盗聴等)でターゲットの精神状態を判断します。

 仄めかしには、現実と架空の2つの事象が含まれています。現実とは嫌がらせを含んだキーワード
 で、ターゲットに対する攻撃が含まれています。例えばターゲットが子供を利用する集団ストーカ
 ーに反対する思想を持つと、「マイナス思考である」という仄めかしがあります。これは毎日のよ
 うに実施される攻撃です。ターゲットにこのキーワードを刷り込ませるを目的とし、ターゲットが
 どこに行ってもキーワードが付いて回るよう仕組むのです。架空とは、集団ストーカーの陰湿性を
 覆い隠す要素が含まれています。例えば、決してターゲットの言う通りにはならないように作りあ
 げたセット(場)等と吹聴し、ターゲットに対する試練、自分を見つめ直す契機を“与えてあげて
 いる”と主張するのです。また、とても親しい人から受ける加害的行為(「何故この人がこんな事
 するの?」と思い込むの)も同様です。これらに関連する「キーワード」を何気ない日常会話に織
 り混ぜることで、ターゲットに首謀者思想を刷り込む(これがBMIという仕組み)ことができ、
 かつターゲットを混乱させたりすることができます。いづれも同じキーワードのみを継続的に刷り
 込むため、証拠が残りにくいのが特徴です。一般人の加害工作はこの範疇になります。

 ターゲット所属組織での仄めかしは、総務課などが中心となり行うものです。仕事もせず、1日中
 意味不明な仄めかしを続ける手法です(東京都江東区の事例)。彼らはプロ市民でないので、どこ
 まで効果があるのかよく解りませんが、観察するとこれらは狂信的な姿にも見えます。もはや会社
 ではなくカルトと同じです。やがて組織自体が正しい行為と信じてしまうのでしょう。「うちの会
 社は何もしないとドロドロになる」等と言いながら、時折「誰の為にやっているんだ」等と叫び、
 加担に賛同できない者は次々と退職していきます。加担者が集団ストーカーであることを理解して
 いるのかは不明です。勤務中に「洗脳する」等と言う者もおり、少なくとも自ら法律に違反してい
 る認識はないようです。

 ターゲット宅周囲で引き起こされる仄めかしは、プロ市民による本格的な工作です。通称「電磁波
 攻撃」等と呼ばれたりしますが、ターゲットがいる範囲にしか聞こえない指向性スピーカーを利用
 した嫌がらせ音の再生により、被害者にのみにわかる嫌がらせを永遠と聞かせたりすることもでき
 ます。またターゲット宅周囲を常にニート工作員で囲い込み、大声を出しながら路上を練り歩かせ
 ます。発言内容は脅迫じみた内容であったり、恐怖心を煽るような内容であったりします。同じ工
 作員を尾行させるだけなく、同じキーワードを尾行させるような仕組みです。このような環境下に
 長期間置かれれば、正常な人でも異常になります。そしてキレたり、精神病院に送り込める体制と
 なります。

 ターゲットが外出した際にはそのキーワードが尾行され、怪しげな工作員によりブツブツブツブツ
 念仏のように仄めかしが実施されます。深夜早朝においても一般客を装ってあらゆる場所に出没し
 ます。このような行為が正しいと信じているでしょうか。このような行為でしか自分達を表現でき
 ない、まさに一般社会常識から見ればあり得ない光景です。たまに「キレたらいい。キレるまでや
 る」等と工作員が一般人に話すのが見えますが、どう見ても異常な光景(迷惑防止条例違反)です。
 これを社会的に容認させるような環境を仕立て上げるのです。

【盗聴、透視、盗撮手法について】
 四六時中ターゲットの行動に付きまとい、暫く周り全てが工作員である場を仕立て上げます。通常、
 ターゲットはそれに気づきません。勘が良い人で尾行に気付いたとしても、常識的に考えてせいぜ
 い数人〜十数人レベルの付きまといと判断しますが、実は周囲を歩く通行人の80%は工作員で、
 10%は観察員であるという仕掛けになります。例えばターゲットの乗車した列車の乗客のほとん
 どが工作員であったりします。満員列車に乗車したターゲットの目線、つまりターゲットが見たも
 の全てを観察するなどし、後にそれを工作員が集中的に仄めかす(実況中継する)ことによって、
 「ターゲットが見た映像がそのまま透視されている」という状況を作り上げます。その結果、ター
 ゲットは「見たもの全てが監視された」「目で見た映像がそのまま写された」と誤認するようにな
 ります。これは無理もないことで、このような仕掛けを理解しないことには判断できないことです。
 ターゲットはあたかも「脳を乗っ取られた」と思い込み、集中的な仄めかしによる洗脳や暗示にか
 けられ、首謀者側のいいなり、まるでロボットのようになってしまいます。そして仄めかしによっ
 てオカルト現象と洗脳されてしまい、ターゲットが夢遊病にかかったような状態で仄めかし(実況
 中継)をやめてしまいます。周囲で口合わせを実施し、「最後は何もなかった」ことになります。
 集団ストーカー被害者が「オカルト思考」に走るのは、このようなトラップに引っかかった所以で
 す。ターゲットは(電磁波攻撃を訴える)変人と扱われ、精神病院に送り込める体制となります。

 請負側に頼まれた一般市民の攻撃はほとんど意味を成しません。効果的なのは、携帯電話のメール
 で呼びかけられた、あらゆる企業に勤める「訓練された宗教学会工作員」「プロ市民」です。この
 犯罪に遭遇すると、女子高生等の未成年が関与する工作に頻繁に出会うことになります。そしてタ
 ーゲットが、尾行、待ち伏せ、仄めかし現象に遭遇しておかしいと判断し、証拠収集を実施するた
 めカメラを構えると、急に「何をしているんだ!」と叫ぶ工作員が出現し、周囲全てでターゲット
 を「盗撮犯」に仕立て上げたりします。「冤罪を生み出す自白システム」とはこのことを言います。
 これら加担者達は「我々は機械を使ってない」等と言って、自らを英雄と思い込んでいますが、や
 っていることは携帯電話を使って呼びかけられた悪質な仕掛けなのです。盗撮だけでなく、痴漢犯
 に仕立て上げられるケースも存在しますが、この手法については一切報道されません。タイミング
 がいいように女子高生が現れる工作に、「そんな筈ではない」「何かが違う」と思い込み、悩んだ
 末に自殺する方もいるのです。嵌められるというのはこのことを言います。

【思考を(間違って)読み取られる悲劇について(思考盗聴)】
 前項で盗撮犯に仕立て上げられる事例を記載しましたが、これは実に巧妙な計画です。前もってタ
 ーゲット周囲に異変を引き起こし、ターゲットが周囲を警戒するように刷り込みます。その結果、
 ターゲットは証拠を撮るために録画、録音しようとしますが、事前に社内勤務規定等を変更し、録
 画、録音することを禁止するのです。そしてターゲットが録画、録音を開始すれば、これを理由に
 規定違反で罰することができる仕組みです。それを前提にしてモビング(組織的嫌がらせ)を実施
 する例もあります。ターゲットが録音機を持って出勤し、頑張って撮ろうと思った時には既にシナ
 リオが用意されています。暴言(モビング)や大音量の騒音(ノイズキャンペーン)が一斉に実施
 され、「我々は録音されているからわざと悪口を言っている」等と主張するのです。また、ターゲ
 ットの持っているであろう録音機の電池が切れそうな午後からモビングを開始するという例もあり
 ます。ターゲットが録音機を持っていなくても同じ工作をします(石川県金沢市、東京都江東区の
 事例)。組織的パワーハラスメントが起きたこの時点で、ターゲットは所属組織に見切りをつけた
 りします。この頃にはぞろぞろ退職者が出たり、過去に同様な行為を実施したことが発覚したりす
 るからです。

 屋外では前項に記した通りです。大勢でターゲットを囲い込むことによって、ターゲット行動を悪
 意のある盗撮行動のように仕立て上げるわけです。この仕立て上げ場は、宗教学会員が得意な技で
 す。「えっ、盗撮だってぇ」という女性が少し離れた所に現れ、その後おじさん(実は工作員)が
 「大丈夫か」等と声をかけたりする演技は、訓練されているものです。「そんな筈はない」とター
 ゲットに思わせる場を作ったりすれば、それは思考の読み取りの場になります。声の抑揚やターゲ
 ット反応で思考を読み取る専門家がいなくとも、「まじかよ、盗撮だよ」等と仄めかす場が出来上
 がれば、ターゲットが悪意のある人物と仕立て上げることができるのです。運よく少数で活動する
 尾行工作員の写真が撮れた場合、それは近くにいる別の工作員によってすぐに報告されます。そし
 て後日、「盗撮はいけない」「持っている情報は消さなければいけない」というような仄めかし工
 作員が百人程度、連日のように現れます。ここでターゲット反応(思考盗聴)で、写真があるかど
 うかを判断できます。

【加害行為(ノイズキャンペーン)について】
 このように仕立て上げ、嫌がらせを実行したものの、精神が強いターゲットには一向に効果がない
 ケースも存在します。集団ストーカーは、ねずみ講のように加害者を増やさなければ効果がないの
 です。首謀者側は一般人を利用してまで集団ストーカーを実施しますが、依頼理由はまともな理由
 でなければなりません。それでも効果がない場合、不快な騒音加害(ノイズキャンペーン)を実施、
 ターゲットに証拠を撮らせる等という理由を仕立て上げます。これは以前行った「社内勤務規定等
 を変更し、録画、録音することを禁止する」行為とは相反する内容です。この頃には、ターゲット
 は首謀者の事を変わり気の早い猿と判断し、もはや人間としては見ていません。
 
 このノイズキャンペーンはトラウマになる非常に危険な手法です。それを知っているのか、知らな
 いのか解りませんが、首謀者、請負側はこれを駆使します。一般人(店舗店員等)に協力を要請し、
 ターゲットを気付かせる目的で一定のノイズを発するように依頼します。頼まれた一般店員はター
 ゲットが来店した契機に、せいぜいターゲットが気付くだろうという程度の思いでノイズを発生さ
 せます。これが24時間365日引き起こされる監視行為となり、またターゲットの動きに合わせ
 て実施する偶然を装った加害行為は、自然発生したどんな些細な騒音をも(脳が条件反射的に)監
 視と捉えてしまい、統合失調症を引き起こすことに繋がります。

 また長期の騒音場によってターゲットの聴覚が弱くなり、些細な騒音は聞こえなくなることもあり
 ます。このように聴覚障害等、何らかの肉体的傷害を持った人がターゲットになったケースでも、
 頭の弱い加害者(時給労働者や未成年に多い)は、自分の狭い視点、常識でしか物を見たり考えた
 りすることができず、悪意のある健常者と思い込んで、永遠と加害行為を繰り返します。(このよ
 うな者達が、「私達の力だ!」と言うことが多いです。善意のある一般人加害者にはない特徴です。
 そしてこれが子供を使う集団ストーカーの現実で、彼らの教育視点、カルト視点なのです)

 ターゲットに反応がないと、今度は誰かに相談しようと仕向けさせます。通常、仕組みを知らない
 一般人工作員の「心配する気持ち」を利用して、仄めかしを実施します。一般人工作員は、この「
 善意」を持っているのですが、この気持ちをシステムとして「利用」するわけです。ここでターゲ
 ットが誰に相談するかを賭けの対象にする等という馬鹿げた行為も報告されています。ターゲット
 が相談すると「皆でターゲットの悪口を言うはずがない。貴方の妄想である」等と言われ、精神科
 を受診するように言われます。そしてターゲットが統合失調症と診断されると、入院させられるケ
 ースも存在します。

【体の異変、痛み、しびれ、自殺について】
 一定の騒音下(ノイズキャンペーンと呼びます)のサブリミナル状態において、ターゲットに強迫
 性を有する仄めかしを連続実施し、その人物を24時間365日極度の緊張状態を保たせることで、
 精神的な圧迫による動悸、筋肉組織の痙攣など、精神疾患と同様の症状を引き起こすことが出来ま
 す。そのターゲットがあたかも犯罪者に仕立て上げられたような場を作り出すことによって、ター
 ゲットは不快になることを通りこし、人によっては体の器官や組織に痛みが走るようになります。
 これは意図的な傷害行為ですが、偶然を装って実行されます。このような行為を傷害とは知らせず
 に、子供を利用してまで実行します。また就職妨害などによってターゲットの収入源を断ち切る行
 為を実施することによって、ターゲットが思い悩み、痛みやしびれが極度に増したりすることもあ
 ります。これを訴えると精神科を紹介され、各種投薬治療が処される他、最悪入院させられるケー
 スがあります。入院させることを目的とした攻撃さえあるのです。一旦治療を受けて薬を飲むと、
 嫌がらせ行為を中断させます。薬の効果があったと思わせるのです。そして再び、集団ストーカー
 行為等に反発すると、更なる嫌がらせ行為を実施し、再び入院させます。その繰り返しです。この
 ように請負側は「懐疑心を取るためにやっている。『もうヤダ』と思わせることは、その人のため
 になる」等と主張し、ターゲットが精神的に参るまで、衰弱するまで実行するのがこの手法です。
 明らかに意味のない、やればやるほど関係が乖離する手法なのですが、何故か首謀者は自らのプラ
 イドのみで続けるのです。何故乖離するのかについては、刑法、民法、条例に違反する、常識のな
 い反社会的行為だからです。精神の弱いターゲットは思いつめ、引きこもり、自分だけが呪われて
 いるという絶望的な状況に達すると、やがて自殺を考えるようにもなります。そして解決方法が見
 つからないと、長期に渡る多数の仄めかしが頭をよぎり、命を絶つ選択をする者もいます。また、
 発狂して、暴力事件や無差別殺人を引き起こすケースも存在します。いづれにしても生命に関わる
 事例になりますが、一般人の加害者はこの仕組みを一切理解できないのです。

 これとは別に、仄めかしがない静かな自宅などで、同様な被害(体の異変、しびれ)があることが
 多々報告されています。ハイテク系と呼ばれるこの被害については解らないことが多く、現在解明
 している途中です。

【宗教学会員について】
 この行為に加担する宗教学会員は左翼的、共産主義思想を持つ団体に属するメンバーです。自らは
 決して名を名乗らず、陰でコソコソコソコソ厭らしい嫌がらせを実施するだけです。その嫌がらせ
 に何らかのメッセージ性を有しているものをアンカリングと呼びます。例えば何らかの馬鹿騒ぎや
 嫌がらせを実施(一般人に依頼させることもあります)した後、陰で「私達はここだ」等と叫び、
 あたかも首謀者による嫌がらせであるかのような工作します。工作内容に暗示を挿入することで、
 「私達は気付かせた」と主張したりします。自らを英雄を称する宗教学会員ですが、尾行にバレる
 と下を向き、「もうバレてる」等と言いながらビクビクとこっそり帰ったりします。名を名乗って
 演説することを望む右翼的思想の団体ではしない行為です。(ただし頼まれて工作をする一般人は、
 普通の人です)

 ターゲットを首謀者の元へ参らせたり、来させたりする場を仕立て上げることが集団ストーカーの
 目的(システム)の一つでもあります。(※宗教脱会や政治案件、仏敵のケースはそうではありま
 せん)このシステムで偉いのは首謀者であって、ターゲットではありません。首謀者の力が上であ
 ることを示す必要があります。ターゲットから見た首謀者は、「一度カルトに堕ちたパワハラ左翼
 主義者」であり、事実上の“仏敵”となり、決して振り向くことはない犯罪者と認識します。そし
 てターゲットは自ら名を名乗らない左翼思想を嫌い、保守活動(護国活動)に魅力を感じるように
 なったり、ネトウヨ(ネット右翼)と呼ばれる思想になったり、反宗教学会に加盟して活動する者
 もいます。特に年齢の若いターゲットはそのような傾向があります。このような思想を持つ者には、
 仄めかしや洗脳の効果は一切なくなり、かえって逆効果となります。

 それでも集団ストーカーとは、何故か「洗脳された後に、首謀者の元へ来させなければならない」
 というシステムなのです。そのためにはターゲットを挑発、脅迫したり、多少の脱法的手段を利用
 したり、更には一般人工作員の力(善意の心)を借りたり、同情をかき立てたり、加害を加える等
 して、「どんな手段を用いても」来させる場を仕立て上げます。更には報道機関の力(TVの仄め
 かし行為)を利用するケースも報告されており、「出来ないことはない」等と称する首謀者ほど、
 加害が過激化する傾向にあります。

 そうでなければ「集団ストーカーが終わらない」と主張するのが請負団体と宗教学会員の思想です。
 一般人工作員に対しては、彼らが納得する理由(例えば証拠を撮らす等という理由)をうまく仕立
 て上げますが、それも請負団体による集団ストーカーシステムに則った仕掛けにすぎません。一般
 人工作員はそのシステムを知らない故、彼らの「善意」で加害を仕掛けたりします。

【言い訳理由(全員でやっていると主張する事)について】
 ターゲットの知らない所で加害者をねずみ講のように増加させていくのがこのシステムの特徴です。
 そして「ターゲットが見た視野、視点、行動範囲はいかに狭いか」等、ターゲット視点を大勢で全
 否定するような仄めかしを集中的に実施することにより、ターゲットは「そんな筈ではない」と思
 い込みます。そしてターゲットが監視行為に反論する思想を持つと、加害側は更に「ターゲットの
 懐疑心を取るためにこのような行為を実施している」「お前の行動は全て見ていた」等と主張する
 ことで防衛します。そして同時に、首謀者、請負側が実行した尾行、待ち伏せ、盗聴行為を、反社
 会的ではないと周知させるために集団ストーカーを実施するのです。

 移動するターゲットの周囲を工作員で取り囲み、あたかも全員がターゲットのことを知っているよ
 うな場を仕立て上げます。ターゲットが疑問に思い、「この辺は集団ストーカーが多い」と一般人
 に話すと、「えっ?集団ストーカー?何それ?」とびっくりされることがあります。「気持ち悪く
 仄めかしをする輩」と補足すると、「あぁ。そういうやつね」と怪しげな顔をし、少々理解したよ
 うな顔をします。加担させられる一般人は、このシステムを一切知らされずに動かされているのが
 現状です。一般人工作員に発言させる内容は、「ターゲットを盗聴したり、尾行したりしなければ
 わからないようなキーワード」です。一般人工作員を「間接盗聴」人員として利用するのですが、
 一般人工作員はもちろんそれを知りません。せいぜい仄めかしを周囲全員でやっているとしか認知
 できません。一般人には些細なことであって、全員がターゲットの詳細を知っていることなどない
 のです。

 ターゲットがこの仕組みに気付くと、請負団体は工作を辞めてしまうか、言い訳ストーカーという
 手法に切り替えることになります。集団ストーカーの悪質性、陰湿性を取り除く目的です。これ以
 降、「ハハハハハ、わざとやってんだよ」「どこの世界にこれだけの規模で」「そんな馬鹿なこと
 があるわけないだろう」等という言い訳言葉のみを仄めかして馬鹿騒ぎする集団を異様に多く見か
 けることになりますが、メカニズムや事例を調査すると、日本各地で広く同じような言い訳ストー
 カーが実施されていることがわかります。そして請負側は刑法、民法、条例に違反する嫌がらせを
 子供さえも狩り出してまで(わざとやっている等と言いながら)依頼、実施しますが、失敗すれば
 後からグチグチ言い訳をし、協力してくれた加害者さえも洗脳し、あたかも冗談、漫才、パーティ
 ーのように振る舞います。その一方でターゲットに対しては、宗教学会員と思われる輩が「チッ」
 と吐き捨てます(これはわざではなく、本当に嫌そうにしています)。ターゲットは夜道に見知ら
 ぬ者から吐き捨てられ、何が起きているかも理解してないのですが、あかたかもターゲットがその
 場に乗せられているように仕立て上げられます。「冤罪を生み出す自白システム」とはこのことを
 言います。

 本行為に加担してしまった一般人工作員はこの「メカニズム」を知らされることは一切ありません。
 請負側は「周囲全てでやった」等と仄めかしてきますが、せいぜい「加害攻撃によってターゲット
 が嫌になって相談にくる」程度の理由しか知ることはないでしょう。それも首謀者側の都合が悪く
 なった時の後付け理由です。「殺人ストーカー」という概念など知らないも当然であるし、そもそ
 も当初はターゲットへの「精神病の治療」等と称して依頼する等、多くの嘘が含まれています。こ
 のように集団ストーカーはターゲットに何らかのメリットがあるという理由を仕立て上げ、仕組み
 を何も知らない一般人に工作を加担させます。請負側はこれら仕組みを知らない人達に加害を実行
 させることに長けています。そして加害工作によって孤立したターゲットを「これが人の輪だ」「
 何で一人で悩んでいるのだ」とミスリーディングするのです。もちろん防犯ネットワークの私的利
 用ですが、ターゲットを大勢で囲い込み「社会はこうなっているんだ」等と洗脳し、そして「最後
 は心の問題だ」「家族愛がない」「私達はここまで追った」という言葉で片つけます。

 ターゲットが所属する組織内で、集団ストーカーを利用すればパワーハラスメント行為となり、も
 ちろん違法行為です。一般の会社はこのような手法(モビングと言います)など知る由もなく、過
 去にこのような手法を利用した経験がある組織がこれを実行するです。大企業の「トップ判断」と
 称して集団ストーカーを利用すれば、その配下にある組織自体も洗脳され、それが正しい行為であ
 る事のように思い込み、もはや労働組合自体が法律上の判断をする構造が成り立たないのです。こ
 のような事を一度でも利用した組織はいくらかの退職者が発生し、もう復活することができません。
 今後そのような体質を永遠と引きづって経営していくしかないのです。例え買収されたとしても、
 いくら言い訳しても、体質自体を変えることはできません。加害を周囲「全員でやった」等と言い
 訳するケースもありますが、これは加害を“依頼”実行したのであり、“利用”したこととは異な
 るのです。加害社員で、「こいつは狂わんかった」(東京都江東区の事例)と言う者が、心の問題、
 家族愛を追及する資格があるでしょうか?

 被害者視点は本行為が実行された「開始時の判断」です。殺人行為と同様で「刺したその瞬間の判
 断」が問われるのです。本行為によって人間関係を破壊したなら、もう決して取り戻すことはでき
 ません。それは加害行為だからではなく、違法性があることでもなく、「仕組まれた」BMI犯罪
 だからなのです。失った人間関係を集団ストーカーによって取り戻そうと企画する馬鹿者もおりま
 すが、これは人間失格者の言い訳にすぎません。例えば「証拠を撮らす」等という理由を仕立て上
 げ、ノイズキャンペーンを実行して尾行を続けます。事実上の面会行為の強要です。わざと加害行
 為を実施している、これは悲劇の物語と同じである、等の様々な言い訳利用して、一般人に工作を
 依頼し実行させます。

 そしてターゲットを徹底的に孤立させ、意図的な加害を加えることによって「個別被害」のみを見
 るように誘導し、他被害者との連携を阻んで「犯罪システムの解明」を妨害しようとします。「懐
 疑心を取るためにやっている」等と仄めかす請負側の動きをよく解析すると、いつまでも集団スト
 ーカーのメカニズムに頼っているのです。「我々はここまで(ターゲットを)追った」と主張する
 集団ストーカーエンジン(企業間依頼のストーカー行為は除く)は、まさに組み上げられたインフ
 ラであって、尾行行為を収入源にしている者もおります。一度組み上げたシステムを維持するには、
 これを稼働させなくてはならず、常に新しいターゲットを求めるしかないのです。加担した宗教学
 会員は自らが英雄であると思い込み、複数のターゲットに同じ犯罪を仕掛けるのです。この手法が
 商売になっており、シナリオは黄金パターン化しています。

 近年、有志によって集団ストーカーの被害報告が蓄積されてきており、店舗工作等の加害事例は随
 分と知られてきているようです。しかし請負側は防犯ネットワークを騙り、「一人おかしい人がい
 る」等と主張し、大衆的な社会的地位を利用してターゲットを徹底的に孤立させ、尾行や待ち伏せ
 (これも防犯活動の一環と主張する)はバレたとしても、何とかBMIの仕組みとハイテク系加害
 行為だけは覆い隠そうと必死になります。ターゲットに対して「脳の錯覚」「社会的拒絶」「脅迫
 概念」を引き起こすことが、「ターゲットの精神を直すのに必要な治療」というのが彼らの常套手
 段ですが、加害が一般人にまで広がればこれ以上の被害は発生しません。せいぜい転職妨害程度で
 済むのです。

 しかし一度やってしまった集団ストーカーの過ちを認めることができず、自らの名誉のために続け
 る事例も報告されています。集団ストーカーのシナリオ通りに事が運ばないため、何としても最後
 までやるという「集団ストーカーシステムに溺れている」状態で、大手企業に多い事例です。開始
 時のパワハラ内容と末期時の言い訳内容がまったく逆で、相反するストーカーなのです。こんな状
 態では効果がないのですが、何故かやめないのです。首謀者側都合のいい部分のみを協力加害者側
 に伝え、いつまでもストーカー行為を続けるのです。これを集団ストーカー依存症と言います。こ
 のような状況下になると、諸悪の根源はこれを利用する人ではなく、集団ストーカーというシステ
 ムそのものになります。

 「全体の利益」という大義名分の元に、「防犯」という肩書きをもって「違法、条例違反行為を実
 施する」(させる)のが、この手法の特徴です。しかも加害に参加させられるのは、パートさん、
 バイトさん等の社会的弱者である時給労働者、契約社員であって、会社管理者が自ら嫌がらせを実
 施することはほとんどありません。路上を練り歩く宗教学会員は、這い上がることのできない末端
 信者が担当するのであって、これも宗教上層部が直接加担することはありません。そして子供をも
 ストーカー行為(待ち伏せが多い)に狩り出します。このような社会的弱者による集団加害行為(
 怪しげな工作員につけられたり、怪しげな現象が報告されたり、変な対応をされたりする)は、ネ
 ット上に集団ストーカーとして断片的な情報のみが載せられているだけで、これまで手法原理と被
 害者が受ける影響に詳しい統合的な資料は存在しませんでした。これは請負団体が二十数年間ひた
 隠しにしてきた犯罪手法です。そして「そんな筈はない」と悩む被害者は無数にいるのが現状です。
 当方が知りえた「非常に高度な犯罪」被害を分析し、同種の被害を受けた多くの方とコンタクトを
 取った結果、このようなシナリオになっていることを確認しました。今後は同手法が明らかになる
 ことで、さらなる犯罪(とその隠ぺい手法)の高度化が予想されます。

 左の項目(手法の実際メニュー)に、洗脳手法とその実例を記載しました。基本的には複数の被害
 者から報告されている事例を記載しており、単独の被害ではありません。「今度、ある風貌の人
 (ターゲット)が来たら『ABと言って』『CDをして』」と依頼されるそのメカニズムは、
 大方このようなシナリオに沿って実施されるのですが、頼まれた第三者側もその仕組みを理解する
 ことができません。つまり工作を依頼された加害者、子供も、ターゲットを気付かせるという目的
 で嫌がらせをするように指示されたのみで、「世の中こうなっているんだ」等と仄めかす末端の宗
 教学会員でさえも、「BMI犯罪」(不正行為の隠ぺい、集団ストーカーの違法性の隠ぺい)とし
 て利用される構造には気付かない仕組みになっています。

(最後に)
 この犯罪被害を受けた場合、予備的知識なしにそのメカニズムや被害状況を一個人で解明し、対策
 するのは非常に困難になります。当方でさえ調査だけで1年はかかりました。それも多くの被害者
 から情報、ご支援を得ることができたおかげです。想定外の尾行手法によって、「怪しげな現象に
 陥っている」「情報が漏れている」という思いや不安感、困惑等が頭によぎるかと思います。当事
 者にしか解らないようなこの事象を訴えるだけで、精神疾患の疑いがあると精神病院を紹介される
 ケースも多々あります。同種の被害を訴え、警察の生活安全課に駆け込むのはこの犯罪が原因なの
 です。そして未だに苦しんでいる被害者が多くいるのが現状です。このHPを読めば、似たような
 状況に陥った時には対策の目安になると考えております。

 加担する宗教学会員ならびにその強い影響を受ける組織は自らを英雄と思い込み、巨大な社会シス
 テムを自称しています。彼らはこれを「人間革命」等と称し、仄めかし洗脳によってあたかも正し
 い行為と認識していますが、尾行したり盗聴しなければわからないことをチラつかせる不正行為隠
 ぺいシステムであり、多くの被害者が嵌められた何一つ学ぶべき物もない、ただの犯罪行為です。
 被害者はこれを「テクノロジー犯罪」等と呼びますが、集団ストーカーとは一切効果がない悪手法
 であることを認識していただき、仮にこのような被害を受けた場合、首謀者(手法を利用した者)
 や依頼者、請負団体とは永遠に手を切ることをお勧めします。使ったら最後、破綻をきたす手法な
 のです。路頭に迷った挙句、救いを求めて請負側で有名な宗教に入信することはお薦めしません。
 これは末代まで影響し、抜け出したいと思う子孫が迫害を受けることになる仕組みです。これを依
 頼したり、利用したり、組織的に加担する宗教学会員は、意思の弱い負け犬集団に過ぎないのです。