ホーム > 概要の解説 > 被害にあったら


概要の解説メニュー

[被害にあったら]

 不正行為隠蔽請負業として、特定宗教学会が執念で20年以上かけて黙殺してきた常習工作ですが、
 当方の持っている全ての知識をここに公開しています。当サイト以上にカラクリとメカニズムに詳
 しい所はほとんどありません。手法の実際を参考にしてご対処下さい。

 泥の付いていない人間に、がっかり組織(防犯パトロール組織員)を使って、泥(風評、悪評の捏
 造)を付け、泥が付いていると言って追い回す手法ですが、主に企業がリストラ工作として実施す
 ることが多く、年に数件発生していると言われています。

 ターゲットに対処されない仕組みを作る「出来レース」になっているのが集団ストーカーシステム
 の特徴です。これら工作に何らかの理由を仕立て上げ、一般人の協力も仰ぎます(例として同情工
 作)が、隔離する(精神的、経済的に陥れる)のが目的で、実際には自殺強要ストーキング工作で
 す。

 社会を見せる目的等と主張し、一方的に尾行したうえで、ターゲットの考え方や思想に問題がある
 ので洗脳しなければならない、最後は自分の心が加害である、等という理由を仕立て上げることが
 極めて多い常習工作です。これら“症状”である「統合失調症」の治療という理由は真っ赤な嘘で
 す。入院したり精神病治療薬を飲む必要は一切ありません。もし処方されたとしても飲んだふりの
 方向で。

 集団ストーカー手法とは、加害者の工作によって被害者近辺でおかしなカルト的加害工作を実施し、
 被害者が「何かがおかしい」と思うまで刷り込み、被害者を首謀者の元へ誘き寄せるシステムです。
 盗聴、諜報工作を利用して得た情報は一切表ざたにはせず、それを伏せたまま「被害者から首謀者
 へコンタクトさせる」という、非常に陰湿な仕掛けとなっています。

 感情をうまく露わにする、態度が馴れ馴れしい、憤慨する等は全て宗教の集会等で訓練された「宗
 教工作員」の仕業です。一般人の工作ではありません。彼らがよく実施する「あたかも世界が変わ
 るような」または「死をイメージする」内容の仄めかしは「一切」聞いてはいけません。刷り込み
 も「一切」見てはいけません。その後、見ない聞かない言わない事が悪であるような場を仕立て上
 げますが、知ったふりをして「一切」相手にしない、耳栓(パチンコ玉)を使うのが一番良い判断
 とされています。後に貴方がそれを認知したよう仕立て上げるのが常習工作ですが、「一切」感知
 せず、すぐに忘却するのが一番の対策になります。そもそも工作員はターゲットが誰で何をしてい
 る人なのか知らないことが大半なのです。工作側はこのメカニズムをフルに利用し、貴方を本当に
 病人と思っています。

 なお、店舗型加害のケース(企業ストーカー)では、商店街の区画角にある店は特に工作に関与し
 やすいです。つまり、宗教資本は角に店を構える(監視する目的な)のです。飲食店(飲食組合)、
 スーパーで加害が多く報告され、常習となっています。公務員は関与しない方が多いです。

 人間不信になれ、と言うわけではありませんが、2ちゃんねる/mixiの利用は、まず9割が工作員
 と判断してから接するのが良いはずです。ターゲットに対する刷り込みが書かれることもあります
 が、これも常習工作なのでいちいち反応するのはやめるべきです。mixiも偽被害者が固定され、重
 要な話題は一切ありません。まちBBSに至っては、集団ストーカーと特定宗教の話題を削除/隠
 ぺいする体質があります。半ば宗教資本に乗っ取られている、と判断するのがよいかもしれません。
 集団ストーカー被害者ブログの9割は偽被害者と呼ばれる囮サイトなので、記載するなら偽被害者
 と思われないような工夫が必要でしょう。本サイトを読まれた方は、それほどの内容が詰まってい
 るわけではない、他の集団ストーカー被害者のブログを見る価値はそれほどありません。本サイト
 を印刷して、同じ現象であることを警察に説明すれば良いかと思います。

 相談箇所で精神病院や入院を勧められるケースは必ず先回りされていますので、すぐにその場を離
 れることをお勧めします。集団ストーカー被害者団体に加盟しても、背後に宗教対立の関係があっ
 たり、偽被害者等で囲まれるケースも多々あるほか、ターゲットの工作目的で集団ストーカー被害
 者団体が作られること数件報告されています。これら組織はあまり信用せず、うまく利用すること
 が良いかと考えております。

 常に情報を制限、小出し小出しにし、『集団ストーカーでしか物事を動かさない』体質が特徴です。
 そして最後まで集団ストーカー手法に固執します。加害中に誰か一人だけ助けてくれるような存在
 が出現します(これも工作の一つです)が、周囲の99%は工作員になるのが仕組みです。

 まず本サイトを熟読し、全ての種と仕掛けを理解してから、子供をストーキングの道具に利用する
 宗教工作員とは何なのかを判断するのが最良と判断いたします。一つ一つの加害よりも、その常習
 性、システム性を見ることをお薦めいたします。

 最後に、この被害にあうと宗教信者の大量動員によって「言ってはいけない、書いてはいけない」
 (婦人部と呼ばれる主婦達の「こういうものを残してはいけない」攻撃)という相当な圧力を受け
 ます。これも常習工作です。騒音、加害等は一時的には強くなるものの、2011年以降は実名(伏字)
 入れて記載した方が結果的に被害が少なくなる傾向があります。