ホーム > 概要の解説 > 集団ストーカーの隠ぺい方法


概要の解説メニュー

[集団ストーカーの隠ぺい方法]

 集団ストーカーの隠ぺい方法を記載します。一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な
 人権侵害犯罪ですが、一般人に巧みな言葉をかけて誘い込み、法の穴を掻い潜るような仕組みで構
 成されています。本項目では、30年間以上通用してきたこの集団ストーカーの隠ぺい方法を記載
 します。

 目的は不正行為の隠ぺい等ですが、基本的には首謀者側に都合よく協力加害者さえも感化させ、嘘
 を含んだ情報を伝播させる手法で構成されています。また時期により隠ぺい方法がコロコロ変化し、
 一貫性がありません。

目的系:精神病の治療

 ターゲットに精神病の治療を施すなどいう理由を仕立て上げます。そして、「それが本人にとって
 いいこと」等と伝播、規制させることで、首謀者側に不利な情報漏洩を防ぎます。集団ストーカー
 の実施によって「ターゲットの妄想障害がなくなった」等と流通するのが一番多く報告されている
 隠ぺい方法です。

目的系:メッセージを入れている

 これをアンカリングと言います。「待っていても解決しない」「危ない事になるから警告している」
 等と伝播させます。このような仕立て上げ理由を組織的に伝播させること自体、問題となります。
 そして被害者が何を言わないこと(見切っている、気持ち悪くて会いたくない)を理由に、首謀者
 側に不利な情報が拡散しない仕組みになります。

目的系:懐疑心を取っている

 「ターゲットの懐疑心を取っている」「過去の問題を取り去る」等と伝播させます。このような仕
 立て上げ理由を組織的に伝播させること自体、問題となります。そして可能な限り集団ストーカー
 の悪質性を隠ぺいすることが社会のためになり、このようなシステムが露出することは社会の損害
 であると主張します。

目的系:家庭を見せる

 『ターゲットに家庭を見せる』等と伝播させます。このような仕立て上げ理由を組織的に伝播させ
 ること自体、問題となります。ストーカー行為によって人間関係を崩壊させ、それを復旧させるた
 めに実施する等という理由をもって、更なる集団ストーカー行為を実施します。実は集中的なノイ
 ズ攻撃が統合失調症を作り上げるメカニズムを一切説明せず、集団ストーカーの効果となるのです。
 首謀者側は後先の影響を考えずに、「とりあえずやれ」とばかりに集団ストーカーを実施します。
 実際にはこれに伴い、(首謀者側となってしまった)両親を相手取った裁判まで発生しているのが
 現状ですが、実施時にはこのような裁判があることを一切知らせません。このような裁判情報の提
 供を制限した環境で実施するというのも隠ぺいとなり得ます。

目的系:元の組織へ戻す

 集団ストーカーは「脱会防止システム」です。協力側一般人には『退職した元の会社に戻す』とい
 う支持されそうな理由を仕立て上げますが、このメカニズムを利用します。もちろんターゲットが
 その気でなくても一方的に仕組みます。

目的系:人的疎通障害(心を開かない人間)の仕立て上げ

 集団ストーカーによって「ターゲットに対してあえて嫌いになることをした(注:ただし自分達の
 行為を「集団ストーカー」とは決して明かしません)」と周囲(加害者達)に周知します。そして
 ターゲットが人間不信に陥り孤立していることを周囲に見せしめます。ここでターゲットに対して
 「周りには仲間がいる」と仄めかし、「周囲にコンタクトしないのはおかしい」と周知させるよう
 な場を仕立て上げます。これをミスリード手法と言います。例えば集団でノイズ攻撃、嫌がらせ攻
 撃を実施し、首謀者の元へ呼び寄せる(面会の強要であり条例違反)という方式です。下記の条例
 に違反しますが、規制、条令、法律以上に一般人が納得、同情を引き起こすような理由をでっち上
 げることで、あたかも社会的に容認されるような場を作り出します。主な仕立て上げ理由として、
 『祖父が亡くなる』『親が見てる』『これだけ大規模(町ぐるみ)でやっている』『映画を作る』
 があります。このような仕立て上げ理由を組織的に伝播させること自体、問題となります。

 何人も、正当な理由がないのに、特定の者に対し、次に掲げる行為(ストーカー行為等の規制等に
 関する法律(平成12年法律第81号)第2条第1項に規定するつきまとい等を除き、第1号から第3
 号までに掲げる行為については、身体の安全、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(
 以下「住居等」という。)の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を
 覚えさせるような方法により行われる場合に限る。)を反復してはならない。
 (1)つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居等の付近において見張りをし、又は住
    居等に押し掛けること。
 (2)その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
 (3)面会その他の義務のないことを行うことを要求すること。

制限系:「言ってはいけない、書いてはいけない」(加害者向け)

 協力加害者に対して、「絶対に本人(ターゲット)には言ってはいけない。ネット等に書いてはい
 けない。告げない事は本人にとって良いこと」等と伝播、規制させることで、首謀者側に不利な情
 報漏洩を防ぎます。子供を利用した集団ストーカーを実施した際には、教育者側に不利なこの考え
 を教育現場でも強制されることがあります。
 ※この時点で既にターゲットから見切られることになります。

制限系:「言ってはいけない、書いてはいけない」(ターゲット向け)

 協力加害者に対して、「ターゲットには証拠を撮らないとネットに書いてはいけない。それを教え
 ている」等と伝播させ、執拗にストーカー行為を続けます。このように規制させることで、首謀者
 側に不利な情報漏洩を防ぎます。実際には迷惑行為による面会の強要だったりします。

制限系:「集団ストーカー等という目を持っているものは除外する」 「これが社会である」

 企業に勤める宗教学会員ネットワークを利用し、本人には言ってはいけない等という一方的な情報
 のみを伝播させた後、「これが社会の目だ。集団ストーカー等という目を持つものは視点がおかし
 い。心に障碍がある」等と伝播、規制させることで、経営側に不利な情報漏洩を防ぎます。企業系
 集団ストーカーを実施した際には、従業員にこの考えを強制させることがあります。
 ※本人の被害ではなく、他人の被害相談を受ける人(相談役)に対しても攻撃をしかけます。これ
  が、宗教学会が問題視されている理由なのです。

防衛系:「集団ストーカーなどない(と著名人に言わせる)」

 「集団ストーカーなどない」と主張するジャーナリスト系著名人は、実は集団ストーカーはあるこ
 とを知っています。集団ストーカーの目的はターゲットを隔離扱いすることで、例えば多数の仄め
 かし、嫌がらせによって、ターゲットが反撃(キレる)するのを待ったり、インターネット等に被
 害を記載したりすることによって、宗教学会の悪口を言わせるのです。その反撃をもって隔離人と
 仕立て上げる手法です。

 これら著名人は、集団ストーカーの相談を受けた議員が自殺に追い込まれたことも、もちろん知っ
 ています。反撃による反宗教学会の旗を揚げると攻撃対象になるから危ない、という警告の意味で
 「集団ストーカーなどない」という言葉を使います。こうして特定の宗教を批判すると害を被ると
 いう暗黙の威嚇を示す諺を「世間の空気」として作り出します。

手段系:ネット対策

 ここまで執念をかけて、「集団ストーカー」について情報を隠蔽します。

 <実例1> 掲示板
 被害者が集団ストーカー被害についてネット(掲示板)に記載すると、「集団ストーカーと書いた
 奴は統合失調症」と組織的に書き込みます。ネットストーカーという部門が組織的に炎上させたり、
 集中的に削除依頼する手法です。また2010年になって集団ストーカーが認知されると「集団ストー
 カーと書くやつは病気だからスルーしろ」と変化しています。一般的なストーカー対策掲示板の管
 理人も、実はこの組織に属する者が運営していたりして、恋愛以外のストーカーを目の敵にする仕
 組みです。

 <実例2> 情報系
 著作権法等を盾に圧力をかけて集団ストーカーについての情報を葬り去ります。例えば wikipedia
  では、「集団ストーカー」自体を記載できなくしています。

 Wikipedia 集団ストーカー(削除前)
 ●集団ストーカーとは
  集団ストーカーとは、カルト宗教団体によって行われている組織的なストーカー行為のことであ
  る。集団ストーカーとは名前のとおり集団でストーカー行為に類似した嫌がらせをすることを指
  す。電話盗聴やパソコンの盗聴、盗撮や尾行、迷惑電話や脅迫FAXを送りつけたり、郵便物の
  盗難や、また監視と称して覗きをやったり、被害者の自宅に不法侵入したり、プライバシーの侵
  害で得た情報を元に、被害者の前に出てきてその情報をほのめかして脅かしたり。就業妨害をし
  てきたり会社や学校に協力者を送り込みいじめや嫌がらせやセクハラや対人関係破壊などをして
  退職や退校を促すこともあると言う。そのため、ニートや引きこもりの増加の原因は集団ストー
  カーではないかと言われている。 

 ●歴史
  略名「集スト」別の呼び方では「組織ストーカー」、海外では Gangstalking ともよばれる。20
    00年ごろインターネットの巨大掲示板2ちゃんねるのマスコミの「盗聴/盗撮」は許されるの?
  と言うスレから拡散しうわさが広まった。 

 ●隠蔽工作
  現在、Wikipedia では、ボランティア管理者によって集団によるストーキングについて、一切記
  述できない、あるいは、記述しても削除される状況となっており、一連の情報の拡散を阻止した
  いグループが存在する。

 ●妨害工作
  偽者の被害者によるブログやネット投稿で精神異常者、統合失調症患者や麻薬中毒者が訴える内
  容を書き込み、「集団ストーカーの被害者は精神異常者である」と印象付ける工作が行われてい
  る。

 <実例3> コミュニケーションツール
 「集団ストーカー」という言葉自体を検索できないようにシステム側で組み込みます。2010年、そ
 れまで可能だった twitter で「集団ストーカー」が検索できなくなったことがありました。

 <参考> 地域猫
  誰かが地域猫に反対する書き込みをネットにすると、その者を精神病(統合失調症)と仕立て上
  げる工作が実行されます。その書き込みを炎上させるのが目的です。集団ストーカーについての
  妨害は、地域猫と同じメカニズムが利用されます。

手段系:メディア規制

 我々(宗教学会、大手企業)がここまで費用を払い実施している手段である等と主張し、メディア
 規制をかけます。これが報道されない理由です。

手段系:人的ストーカーのみを露出させる手法

 集団ストーカーはテクノロジー犯罪と呼ばれ(organized stalking and electronic harassment)、
 尾行、盗聴を繰り返す諜報行為です。多くの被害者が存在しますが、被害に気付いている者(日本
 国内に約千人)と、気付かない者(日本国内に約二万人)がいます。恐ろしいのは気付かない被害
 です。一旦被害がバレると、非常に多くの人的ストーカーでわざとらしく囲い込み、漫才、パーテ
 ィーのように振る舞う、言い訳ストーカーにも変化します。そして人的ストーカーのみを露出させ
 て、テクノロジー犯罪と呼ばれる盗聴行為等の視点を反らします。

言い訳系:「私達は訴えられるのを覚悟して加害している」

 首謀者団体はこのように宣伝します。例えば集団でノイズ攻撃、嫌がらせ攻撃を実施し、首謀者の
 元へ呼び寄せる(面会の強要であり条例違反)という方式です。実際の隠ぺい理由は、陰湿性の覆
 い隠しです。

言い訳系:「私達はここまでやらない」

 首謀者団体はこのように宣伝します。長期間、大規模に実施したから良いことなんだろうと印象づ
 けます。よく調査すると何十年、何千人と被害者が確認されており、その手法はまったく同じなの
 です。「私たちはここまで集まらなかった」と言うその言葉は、一方的に規模を拡大するシステム
 によるもので、常習性の工作になっています。

言い訳系:「私達はただ工作(高笑い)をしているだけ」

 店舗型ストーカー等ではこのように言い訳することがあります。そして、一般人視点においては、
 単純な店舗待ち伏せ工作だけ(単なる高笑い)であると判断します。実際には路上ストーカー等の
 専門宗教学会工作員による汚い工作が沢山あります。その悪い印象を覆い隠すために、店舗型スト
 ーカーを実施します。

一番の理由:宗教学会と臆病者の社会構造

 ターゲットを陥れる理由を見つけ出し、それを利用して集中的に攻撃するこの手法は非常に多くの
 被害者が存在するのが現状です。主に関わる宗教工作員は「サイコパス」と呼ばれ、これを複数回
 利用する組織は集団ストーカー依存症になっています。

 「見て見ぬふり。加害をしたら(してしまったら)それだけ。知らぬふりをして黙りこむ」

 集団ストーカーとは、閉鎖的な社会構造を有する文化のみで通じるローカル手法なのです。これを
 「臆病者の社会」と呼びます。請負団体は、防犯パトロール組織を利用して「社会の目」等と宣伝
 し、ストーカー行為という視点を一切反らし、「周りが貴方を見てる」という論点を仕立て上げま
 す。

 「本人には決して言ってはいけない」……宗教学会を利用したその時点で関係は切れているのです。