ホーム > 概要の解説 > 治療薬


概要の解説メニュー

[集団ストーカーの治療薬]

 運悪く集団ストーカー手法に引っかかってしまった場合、これを警察に訴えても捜査さえしてくれ
 ず、逆に「精神がおかしい」等と言われて精神病院を紹介(事実上は強制拉致送還)される社会シ
 ステムが構築されています。

 「集団ストーカーと言う犯罪」を全否定し、診断もなしにターゲットが精神病を患っていると定義
 します。精神病とは、境界型人格障害、自己愛性人格障害、回避性人格障害、統合失調質人格障害
 等があげられます。「社会的拒絶」「脳の錯覚」を引き起こすことが有効と吹聴し、断続的な嫌が
 らせ手法がターゲットの精神病を治療する(注:これを主張するなら、医師でもない人間が治療に
 当たる医師法違反です)のに最適であると主張して、尾行等を続けます。

 統合失調症に仕立て上げられた場合、治療薬が処方されます。以下は被害者からの報告によるもの
 です。

リスパダール(リスペリドン)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

ルーラン(ペロスピロン)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

ロナセン(ブロナンセリン)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

セロクエル(クエチアピン)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

ジブレキザ(オランザピン)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

インプロメン(ブロムペリドール)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

デパス(エチゾラム)

 効能:統合失調症における睡眠障害
 概説:気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

ドグマチール(スルピリド)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:胃の働きをよくするお薬です。また、うつ状態を改善したり、気分を安定させる作用も
     あります。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

セロクエル(クエチアピン)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

エビリファイ(アリピプラゾール)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

ヒルナミン(レボメプロマジン)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:心の不調や不具合を調整するお薬です。神経の高ぶりや不安感をしずめ、気持ちをおだやか
     にします。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

ロドピン(ゾテピン)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:心の不調や不具合を調整するお薬です。神経の高ぶりや不安感をしずめ、気持ちをおだやか
     にします。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

ピーゼットシー(ペルフェナジン)

 効能:統合失調症治療薬
 概説:心の不調や不具合を調整するお薬です。神経の高ぶりや不安感をしずめ、気持ちをおだやか
     にします。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

ルボックス(フルボキサミン)

 効能:うつ病及びうつ状態、強迫性障害、社会不安障害
 概説:憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

タスモリン(ビペリデン)

 効能:パーキンソン病治療薬
 概説:手のふるえや体のこわばりを改善します。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

アーテン(トリヘキシフェニジル)

 効能:パーキンソン病治療薬
 概説:手のふるえや体のこわばりを改善します。

 (参考)
  Wikipedia
  おくすり110番

参考:モビング(職場嫌がらせ)

 効能:治療と称して、同種の仲間が集団になって攻撃を仕掛ける行動
 概説:従業員を個別リストラしたり、マインドコントロールすることができます。

 ターゲットに対して、一定の騒音状態(嫌がらせ等の不快な人工騒音)を作り出した環境下で、精
 神をコントロールするような言葉を永遠と聞かせ続けます(別名、音声送信と言います)。資料が
 存在しないため、カルト手法の専門家しか解らない手法です。ターゲットがキレて暴力を引き起こ
 したり、自殺を引き起こしたりする効果があります。「良い言葉」と「悪い言葉」等を繰り返すこ
 とにより効果が見られるようです。

 ターゲットを「自己愛性人格障害」と一方的に診断し、「見過ごされた神経症」を治療する等とい
 う大義名分で、「社会的拒絶」「脳の錯覚」を引き起こすことが最適と頑なに信じている組織があ
 るのです。 モビングはこの錯覚を引き起こすの必要というのが彼らの主張です。

 この手法を用いて「ターゲットに対してあえて嫌いになることをした(注:ただし自分達の行為を
 「集団ストーカー」とは決して明かしません)」と周囲(加害者達)に周知します。そしてターゲ
 ットが人間不信に陥り孤立していることを周囲に見せしめます。ここでターゲットに対して「周り
 には仲間がいる」と仄めかし、「周囲にコンタクトしないのはおかしい」、「集団ストーカー等と
 言うのは視点がおかしい」等と周知させるような場を仕立て上げます。これをミスリード手法と言
 います。

 ターゲットは、このようなカルト組織(手法)と決別したいから別れ(退職)を選択するわけです
 が、加害者は「どんなに優秀でも仲間がいないと組織はやっていけない」等と主張します。
 (詳細は「手法の実際」のページを参照してください)

精神病院について

 「精神病院を捨てたイタリア 捨てない日本」という本があります。イタリアでは患者を自宅や地
 域で診る方針になっており、精神病棟は廃止されました。世界保健機関(WHO)が精神病棟を減
 らすように勧告したのにもかかわらず日本はこれを無視した結果、人口1万人あたりの精神病床数
 が28で、先進国の中で人口当たりの精神病棟が多い国となっています。しかし精神科医の数は他
 国に比べて少ない「医師不在の国」なのです。世界に類を見ない多剤多量処方の国になっており、
 上記に掲載した薬剤の多さがこの国の現実を物語っています。

 上記薬剤リストは、「会社買収等を契機とした」集団ストーカー手法によって入院、通院に至って
 投薬されたもので、その“患者”が本当の統合失調症であるかどうかは不明です。統合失調症治療
 薬は副作用が多く、上記リスト以外に副作用止めの薬を処方される事が多いようです。