ホーム > 概要の解説 > 対象と手口


概要の解説メニュー

[集団ストーカーの対象と手口]

 首謀者から見て、ターゲットは出る杭や目の上のタンコブとなる人物を対象とします。例として、
 一般従業員が不正行為情報を握っているようなケースがあります。こういう人物をおとなしくさせ
  るために実行するのです。性格的には、一匹狼タイプで集団ストーカーに対しての知識がない人で
  す。こういう人物に対し、恥をかかせるような手法を用います。

 そして被害者同士の連携を嫌い、相談相手は全て宗教学会員(もしくは工作員)という仕組みを仕
 立て上げます。ターゲットが一般市民の場合、全てのターゲットに同じ加害手法を使います。

[集団ストーカーの手口]

 多くの場合、以下の手口を利用します。

 1.他人に話しても信じてくれない、もしくは精神疾患としか思われないような手口を利用します。
   予め警察に手を討ち、ターゲットが被害を警察に訴えても捜査してくれません。

 2.ターゲットに自身を精神疾患だと思い込ませたり、ターゲットをマインドコントロールしたり
   する手口です。

 3.複数団体のネットワークで実行し、大勢で実行したということにして責任の所在を曖昧にしま
   す。加害団体を推測したり特定して非難すると、証拠がない、名誉毀損という扱いにします。

 4.被害の段階で、ターゲットが社会における理不尽さを気にならなくなることがありますが、こ
   れも目的の一つです。例えば加害者がプライバシーマークを取得している団体の場合、これを
   指摘しても無駄になるような場を仕立てあげることも手法の一つです。

 5.他の被害者の事例を読むことで、集団ストーカーの手口が分かるインターネットサイトは活動
   の邪魔です。これらは圧力をかけて葬ります。また、集団ストーカーであることを覆い隠すた
   めにはどんな手をも使います。予算に制限はありません。

 6.このシステムを運用・維持することが社会利権と結びついています。被害者の反応(どのよう
   な手口が有効かどうか)や、ターゲットから得られる情報も首謀者側の有益な利益となります。

 7.ターゲットを精神病にしたりキレさせたりするのが目的ですが、ターゲットが自身を追いつめ
   る内容を考え込み、悩んだりすることがターゲットにとって時間の無駄や精神的疲労をもたら
   す仕組みになっています。

 8.時間の経過と共に、加害者数が増加していく仕掛けです。集団ストーカーの知識がない一般人
   に対して悪質な違法、条令違反行為を依頼します。

[ (完全犯罪のマル秘テクニック) 精神病工作編]

 2007年時点の過去(旧)情報(企業ストーカーのケース)ですが、有用なため引用します。

(集団ストーカーカラクリ) 
 @集団ストーカーの黒幕、即ち企業は下請けである探偵にターゲットを決めさせます。 
 A次にターゲットに嫌がらせをする所謂工作員を大量に集めます。(ほとんどの工作員はアルバイ
  トとして雇われています) 
 Bターゲットに嫌がらせや付きまといをするもっともらしい作り話を工作員達に流します。 
 Cそしてターゲットにリレー式にターゲットの行動するさきざきで嫌がらせや付きまとい行為など
  をさせます。  

 被害者周囲を完全に折伏して宗教学会員にして、相談する相手は宗教学会員という状況を作る(親
 ・兄弟・親戚も)。そして仄めかし行為に協力してもらう。幻聴という事でおこなうので問い詰め
 ても決して認めはしない。宗教学会としては精神科へ行ってもらえば止められると説得。組織防衛
 上も行くまで続けると言って協力させる。なお統合失調の診断は決して漏らさないとも周囲に確約
 する。その人の人生は宗教学会が面倒見るとの口約束も行う。場合によっては生活保護を与えたり
 もする。

 統合失調症に似せた嫌がらせを組織的に実行する(他の病名を付ける事もあるが重いのである)。
 じょじょにエスカレートしていき、外出する度にあり得ない規模で動員された信者が仄めかしてく
 る。あらゆる店の店員やガソリンスタンド、通行人、土方、外人もやる。最終的にはターゲットが
 移動する地区の宗教学会員を大量動員してやる(思考盗聴で先回りあり)。音声送信で水増しもし
 てるが、基本は、動員された信者が言ってる(口元の確認が重要)ターゲットに対して思考盗聴を
 行い、その思考に合わせて信者が騒いだり、仄めかすターゲットが考えた事を通行人を装った信者
 がそっくりそのまま言ったりする。ただし、ボイスレコーダーで録音すると、途端に仄めかしがな
 くなったり、ヒソヒソ声になったりする(再生する時音声送信で妨害するので何分何秒に何を言っ
 たかも記録すると良い)。下品に煽る音声送信も起きてる間ずっと行う。基本的に音声に意味は殆
 ど無い音声送信である証拠は、トンネルやパチンコ店、等騒がしい所でボリュームをアップして送
 信してくる点があげられる。内面の思考ではなく、外部からの送信なので、ボリュームをあげない
 とノイズで掻き消されて聞こえなくなるからである。ターゲット自身の思考をなぞり、それをター
 ゲットに送信して聞かせる拷問も行う。他無駄に下品なサブリミナルも行う、下品に煽ってそれを
 ターゲットに染み込ませて精神的に荒し、それをターゲットが思考すると思考盗聴で騒いだり、咳
 払いしたりノイズを発して嫌がらせしたりする。 

 統合失調で誤魔化せない他の、低周波の振動被害や体臭他は全て他に原因があるとワザとらしくミ
 スリードしたり、感覚失調だと称して精神科へブチ込む医師、歯科医師に信者は多いが精神科医に
 も当然多く、診断するのも当然カルト信者である。頭部への電気的な刺激により感情送信というべ
 き怒りや不安感、疑念を生じさせる事ができる。胸への何か当ってる感があるのが分かり易いが、
 そんなのなくても、自然にできる。一時期被害が極端に酷くなり(2〜3ヶ月)その間精神科へ行か
 せようとしたり洗脳しようとしたりする(これも巧妙にストレスがかかる時期を計算して実行する
 )。 頭痛が酷くなる、電磁波を強力に頭部に照射してくるので脳にダメージがきて、一時的にその
 間物事をちゃんと記憶できなかったりする。(頭痛といえる様なものでなく、暗記力が殆どなくな
 ったり、記憶が引き出せなくなったりする)周囲が明らかな嘘を付いたりしてくる(ターゲットが
 狂ってるとミスリード)。やたらと精神科やカウンセリング、精神鑑定を勧めてくる。音声送信を
 行う(大音量で行い、少しずつボリュームを下げる) 。記憶力のチェックか周囲がやたらと記憶力
 テストのような質問をしてくる。ワザと間違えて聴いて着たりとか、それでも精神科へ行かないタ
 ーゲットには、いよいよ分かり易い洗脳工作を行う。思考盗聴を行い、宗教学会や加害者にとって
 都合が悪い事(集団ストーカーの嫌がらせ) を思い出そうとすると、ピンポイントで電磁波を頭部
 の記憶中枢に当てて麻痺させ記憶を引き出せなくする、そうするとその間霞がかったようになり記
 憶がぼやける。それに音声で「やってない」だの「違う!」だの「記憶に負けるな」「頭がおかし
 い」と送信してミスリードを図りそれと平行して、不安・疑念の感情送信を行い妄想だという事に
 してなかった事にするという洗脳を行う。精神科へ行かせるだけでなく、完全な妄想になるまでネ
 バっこく集ストをやりたがる。

 ★対策★ 
 動員する方も堪らないだろうから被害が酷いときはガンガン外出すると牽制できる。マンガ喫茶の
 ナイトパックとかがお勧め(安いと8時間千円とかある)。こちらの思考をダイレクトに思考盗聴
 するので、扇風機を強で回したりとか部屋と聞こえる音をノイズで満たす。ガンガン行く「可能性」
 のある店や駅を思考してさしあげる。電車でいくルートも複数考え、乗換えやフェイントもバッチ
 リやりましょう。メモを取りネットに妨害に負けずに声をあげる。 

 宗教学会がやっていると理解してる人には特にミスリード工作も盛んに仕掛け、ミクシィや被害者
 の会、他のニセ被害者サイトも使って精神病工作や他が集ストをやってると仕向ける。特に宗教入
 信の警察官を使って警察をやたらターゲット周囲に出没させて警察がやってるとするミスリードも
 得意だが、警察は宗教汚染が有名なので基本アテにならない。宗教学会が集団ストーカーをやって
 いるというのは組織的にマズイので必死です。