ホーム > 概要の解説 > シナリオ


概要の解説メニュー

[集団ストーカーのシナリオ]

 集団ストーカーは自殺強要モビング手法として確立されている行為で、「ビジネスモデル」にもな
 っています。「盗聴もビジネスモデル」と語ったとされる企業がありますが、それは、請け負う団
 体が存在することを意味します。ターゲットに対しては「集団ストーカー」であることを一切通知
 しないほか、理由も知らさせず、そのシナリオを「強制、強要」します。

 泥の付いていない人間に、がっかり組織(防犯パトロール)で泥(風評、悪評の捏造)を付け、泥
 が付いていると言って追い回す手法です。防犯カルトの凶悪犯罪(大量殺傷メカニズム)は揉み消
 し、一般人には捏造、緩衝、誘導、洗脳した後、不審者、犯罪者(予備軍)に仕立て上げるのがパ
 ターン化されています。

 合言葉は「とりあえず、やってしまえ」です。後先の影響を考えずに実施する傾向があり、裁判、
 事件、紛争等が多々発生している状況です。何故このようなシナリオパターンになっているのか、
 当方には解りませんが、多くの被害者報告から寄せられるパターンを以下に記載します。

[集団ストーカー実施順序]

 以下のような順序で集団ストーカーを実施します。このために、警察、消防、防犯パトロール所属
 員等を活用するのが特徴です。

 1.尾行の開始
   ターゲットの尾行、盗聴、盗撮による個人情報収集活動を実施します。

 2.契機
   転職・転属・環境変化により、集団ストーカー行為が実施されやすい環境を作り出します。他
      人に勧められて移転する場合は、その可能性が高いです。

 3.準備(準備期間に数か月間を要する場合もあります)
   ターゲットの思想・思考等を分析し、加害を開始するきっかけの設定を作ります。そして加害
   を開始する契機をじっと待ちます。
  ※企業の人事担当者と家族が内密で実行したことで裁判が起きている事例もあります。
  (「裁判と事例」のページを参照ください)

 4.軽度な仄めかしの開始
   トラブルを誘発する目的で、他人から悪意を仄めかされます。予め首謀者に刷り込まれた近隣
   住民、会社付近民(ターゲットからは見知らぬ人達)から「この人は悪い人かもしれない」等
   と言われるケースが多いです。ターゲットに「何もかも筒抜けである」と思わせるのが目的で
   す。これをターゲットに認知できると、5.のシナリオに移行します。

 5.モビングの開始
   個人情報ならびに個人情報に準ずるようなことを仄めかされるほか、ターゲットを陥れるため
   の悪口を言われたりします。暴力的発言であることが多いです。その人物を陥れるような事柄
   を探し出します。
  ※企業が実行して、裁判が起きている事例もあります。
  (「裁判と事例」のページを参照ください)

 6.集団仄めかし開始
   外出先どこに行っても同様のキーワードを投げかけられるなど、監視していることを示唆する
   ような付きまといが発生します。

 7.アンカリング開始
   外出先どこに行っても同様の監視行為が行われ、監視していることを示唆するような行為が発
   生します。

 8.ノイズキャンペーン開始
   外出先どこに行っても同様の嫌がらせ音を発生させ、監視していることを示唆するような行為
   が発生します。

 9.言い訳ストーカー開始
   いかなる手段を用いてもターゲットを孤立させ、「尾行(付きまとい)」「待ち伏せ」という
   反社会的行為を覆い隠す目的で、「ターゲットが悪いことを正す」という理由を仕立てあげま
   す。この際、数千人規模による仄めかしも発生します。集団ストーカー疑似行為(演出による
   言い訳ストーカー)に切り替えて実行し、後から「わざとやった」「話を作った」「セットし
   た」と言い訳することが多々あります。
   (「言い訳ストーカー」のページを参照ください)

 10.転職妨害
   企業間情報網でターゲットを囲い込み、転職妨害を実施します。(職業選択の自由を妨害する
   事実上の違憲行為です)

 11.「何もなかった」ことにする
   ターゲットを大勢で囲い込み、「集団ストーカー犯罪など何もなかった。被害者の妄想である」
   という状況を作り出します。

[集団ストーカー フローチャート]

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪における加害方式をフローチャートで示します。細かな条件分
 岐はその被害者によって異なりますが、工作員(による加害行動)はこの洗脳システムに組み込ま
 れた活動の一になっています。子供を集団ストーカーの道具として利用するのも、この宗教学会シ
 ステムの特徴となっています。

 不正等発覚 
 | ある人物を監視下に置きたいという事象が発生します。
 |  ・組織内等で不正が発覚し、覆い隠したい
 |  ・ある人物を社会的に抹殺したい
 |  ・宗教学会員による逆恨み(トラブル)
 |  ・家庭環境等
 ↓
 集団ストーカー発動 
 | 宗教学会への依頼。
 | ※残念ながらどうやって依頼するかまではわかりません。
 ↓
 尾行開始 
 | 尾行によって嗜好・プロファイル等を作成し、宗教学会所属の精神科等による人物像を判断。
 ↓
 軽アンカリング開始 
 | カルト的手法です。ターゲットも気付かない手法です。
 |  ・宗教系資本店舗のアルバイト店員による仄めかし
 |  ・客を装った宗教学会員による店舗工作
 |   ⇒入店すると客(工作員)が続々集まるパターン
 |   ⇒入店すると客(工作員)が一斉にいなくなるパターン
 ↓
 組織内モビング開始  ※違法
 | 「本人には決して言ってはいけない」等と周知させ、違法な嫌がらせ(盗聴等)を連続実施し
 | て疎外感、嫌悪感等を生み出す手法です。目的は本人疎外となります。
 |  ・退職に追い込む(退職に追い込まれる)
 |  ・移転に追い込む(引っ越しを強要される)
 | ※大量退職が発生したりします。この時点で被害者は首謀者の一切を見切り、以後決して振り
 | 向くことはありません。理由は違法な行為(盗聴等)だったり、常習性であることが多いです。
 ↓
 移転後モビング開始  ※違法
 | 退職・移転後等、新しい所での加害が開始されます。(他人に勧められて入った組織は、モビ
 | ングの為の組織になります)※激しいモビングは、自殺強要モビングとも呼ばれます。
 ↓
 近隣型集団ストーカー開始 
 | 周囲、近隣の人が「異常行動」に出る現象が発生します。明らかに宗教臭がするのが特徴です。
 |  ・被害者の室内行動を契機として、不快なノイズを発する行為
 |  ・被害者が外に出た契機にて、不快なノイズを発する行為
 |  ・近隣の店で店員の態度がおかしくなる行為
 ↓
 路上型集団ストーカー開始 
 | どこに行っても同じような奇怪な人(宗教臭)が現れる不思議な現象が発生します。
 |  ・通勤、通学途中の周囲に怪しい人物が現れる  
 |  ・被害者をあだ名で呼ぶ挙動のおかしい男女が続々現れる
 |  ・未成年の子供による待ち伏せ、仄めかしが発生する
 | ※このような人物はネット上で「唾吐きソーカー」と呼ばれます。(soke:私的裁判権)
 ↓
 店舗型集団ストーカー開始 
 | 加害を刷り込むために以下のような行為を実施します。名乗らない、見えない位置が特徴です。
 |  ・加害ノイズ(騒音攻撃)
 |  ・仄めかし(店舗レジ付近での嫌がらせ発言)
 ↓
 ターゲットを誰かに相談させるよう仕向ける行為 
 |「何かおかしい」「誰かに相談」等と仄めかし、相談を仕向けます。ただし「本人には言わない」
 |「本人の言う通りには決してならない」ことが正しい“治療”である等と言い訳を持って、先回
 | りされます。協調性のない人物(実は不正を握っている等で邪魔な人物を協調性がないと表現)
 | に仕立て上げます。
 | <相談先>
 |  ・警察(必ず生活安全課に回されます。対応する署員は正規職員でないことが多い)
 |  ・弁護士(対応を拒否されたり、誠意ある対応がないケースがほとんど)
 |  ・マスコミ(宗教学会による隠ぺい、報道制限)
 |  ・労働相談(唯一まともな対応をされる可能性あり。労働裁判等)
 | これら相談役は突然、憤慨・激高し、被害者の持ってきた資料を読まない等のパターンが多く
 | 報告されています。また相談中にはターゲットの見えない位置から騒音を出す等の加害が定石
 | となっています。
 ↓
 加害継続 
 | 加害の刷り込み・植え付けを実施し、効果がなければ人員を増やしていく仕組みです。被害者
 | に文句・不平・不満を言わせたり、書かせたりします。そしてその反応を見て、被害者を「変
 | 人である」「二重人格である」等と仕立て上げます。なお、集団ストーカー請負団体の言い分
 | (強み)は「私達は何も書いてない」というものです。※加害者側の理想的な攻撃方法は、タ
 | ーゲットを反宗教学会の活動に誘い込むことのようです。これを契機にターゲットが宗教学会
 | を攻撃するケースでは、「宗教への攻撃」と見なして加害を盛り上げることができ、このよう
 | な活動が宗教学会の統制を強くするようです。また活動家として社会から隔離することができ、
 | その人物の信用を削ぐことが可能です。
 |
 | <加害継続の仕組み>
 |  集団ストーカー請負団体は、加害を実施した後のターゲットの反応を見ます。被害者が「原
 |  因は自分ではなく他にある」等と考えると、加害を強める仕組みです。原因とは、社会制度、
 |  宗教学会、尾行工作員、会社、組織、家族等があります。
 ↓
 強制入院 
 | 入院させられるケースもあります。その場合は統合失調症に仕立て上げられます。(入院工作
 | が失敗した場合は、転職妨害/制限等で対処します)
 | ※加害によってキレてしまい、暴力を振るって逮捕されてしまうケースも存在します。
 ↓
 一般人への協力依頼 (緩衝行為)
 | 不正行為隠ぺいシステムであることを知らせずに、未成年まで利用して工作を依頼します。
 |  ・「今度ある風貌の人が来たら、ABして、CDと言って」
 |  ・「これだけ大勢で実施しているのに、まだ集団ストーカー犯罪と見てる」
 | ※集団ストーカー自体の陰湿性を消すために実施する緩衝行為です。自殺強要ストーキングで
 |  あることを知らない人達を利用します。
 ↓
 HP・ブログ等対応 
 | 被害者が被害を訴える媒体(ネット)を作成すると、以下のような現象にあいます。
 |  ・釣りのHPを立ち上げる人が続々出現する
 |  ・mixi等で被害者を装う工作員が続々出現する
 |  ・集団ストーカー掲示板(2ちゃんねる等)で、何かの刷り込みを実施される
 | ※被害者がコンタクトする(できる)人員の6〜8割は、偽被害者(工作員)という仕掛けで
 |  す。そして何らかの刷り込み(単語を利用した仄めかしネットストーカー行為)を実施しま
 |  す。mixiのようなコミュニケーションツールのケースでは9割とも言われています。(管理
 |  人個人的な意見ですが、mixiは見る必要はないと考えています)
 ↓
 言ってはいけない、書いてはいけない 
 | 宗教工作員を大量動員し、一連の怪しげな状況(ただし集団ストーカーシステムとは理解して
 | いなくても)を「絶対に言うな、書くな」と煽ったり、脅迫、挑発するような行動に出ます。
 | ターゲットがPCに打ち込んでる最中にも、宗教工作員のアジトとなった階下、階上から激し
 | い騒音を出し、ターゲットを委縮させます。また証拠動画をインターネットに掲載する等、手
 | 法を暴く者には、路上清掃員を頻繁に登場させたり、合成洗剤をまき散らすような行動にでま
 | す。実際には書いても、書かなくても加害手法が異なるだけで、被害はあまり変わりません。
 | 2010年以降は、むしろ記載した方が防御法になる傾向があります。
 |  ※筆者注:この手法で20年間隠ぺいされてきました。
 ↓ 
 分断工作 
 | 被害者が同様な被害者と連携しようとすると、必ず分断工作があります。また被害の会には、
 | 必ずと言っていいほど、偽被害者(宗教工作員)が潜入したり、刷り込みを実施する工作員が
 | 登場したりします。
 ↓
 信用疎外 
 | 被害者が絶対に望まない事を仄めかす行為を継続実施します。
 |  ・私達はこれだけの費用をかけて追いかけた(追いかけられたくない)
 |  ・首謀者の元へ戻す(戻りたくない)
 |  ・信用がない人物(信用など不要)
 | これにより、被害者が人間疎外に陥ってる、まだわからない人物である等と疎外します。特に
 | 「これだけ宗教学会員に囲まれれば何もできないことを教える」という理由が伝わるケースで
 | は、企業や社会制度が宗教学会に屈したことを意味します。
 ↓
 被害者組織加入 
 | 被害者が、被害者組織(NPOを含む)に加入したケースでは、一部仄めかし等がなされるケ
 | ースがあります。
 ↓
 カルト嫌悪感 
 | カルトという嫌悪感を排除する目的で尾行されます。なくならなければ、加害継続するという
 | パターンです。一般人にまで工作が広がると、非常に巧妙な工作性をもった「言い訳ストーカ
 | ー」が実施されます。尾行や待ち伏せの陰湿性を覆い隠す手法で、「同情」を引くための手法
 | が用いられることが多いです。
 ↓
 洗脳 
 | 最後は「自分(ターゲット)の心が加害者だ」等と洗脳する工作をします。そして最後まで集
 | 団ストーカー手法に固執します。また実施したことで自分達の社会性意義を主張できるような
 | 言い訳を用意しておきます。
 ↓
 企業ストーカー 
 | 大企業ネットワークや宗教学会系ネットワークを利用し、「その人物は事前に当社が申し入れ
 | ている人物だから、採用しないように」と周知させます。
 ↓
 加害継続 
   被害者を首謀者の元へおびき出す、事実上の面会強要行為等を継続実施します。30年以上加
   害されている被害者も多くいます。根が深い犯罪です。


[集団ストーカー犯罪によくある洗脳パターン]  集団ストーカー犯罪は組織的常習性があり、緩衝(一般人への工作)を含めてパターンが決まって  います。特徴的なものを以下に示します。  <事例1> 全体の幸せが大事である。個人の幸せは次に続くものである。   ⇒集団ストーカーという洗脳により、被害者が持っているトゲを取ってあげた。これがターゲッ    トの幸せ(メリット)である。  <事例2> 集団ストーカー“犯罪”など存在しない。   ⇒尾行、待ち伏せではなく、防犯パトロールという正しい警察配下の組織で、防犯行為である。  <事例3> 私たちは警察に言ってやっている。   ⇒警察という信用と防犯パトロール活動によって構成された活動である。  <事例4> 話を作り上げた。   ⇒尾行、待ち伏せ、盗聴をしたのは仕方がない。それならば話を作りあげた事にすればいい。そ    れをもって、上記プロセスを完遂させる。  <事例5> 私たちはここまで追っている。   ⇒町ぐるみで集団ストーカーを実施すれば陰湿性は消える。