ホーム > 概要の解説 > 工作員の特徴


概要の解説メニュー

[集団ストーカー工作員の特徴]

 集団ストーカー活動に関与する人員は、工作員と呼ばれます。金銭で集団ストーカーに参加する工
 作員は決して自分達を明らかにしませんが、自発的に集団ストーカーに参加する工作員は自分達を
 「メンバー」と称し、所属組織を「グループ」と称します。プロ市民の“活躍”は、集団ストー
 カーにおける原動力です。その他に首謀者が、所属従業員、協力先企業等に対して依頼する緩衝目
 的のストーカーでは、工作員が一般市民であるケースも存在します。

 彼ら工作員は集団ストーカーという言葉を酷く嫌い、「集団ストーカー犯罪は存在しない」という
 合言葉を元に、システムを知らない一般市民を巻き込み、可能な限りそれを“被害者の妄想”とい
 う場に仕立て上げようとします。彼らの組織的犯罪行為は、招集(ストーカー)と呼ばれるようで、
 それに活動する工作員は活動員と呼ばれます。

 一見普通に町を歩いている通行人、買い物客のように見えますが、実はターゲットがいる町に偶然
 を装って大量に集結させる工作です。これら工作員は大抵ターゲットが誰で何をしているか知らな
 い仕組みになっており、携帯電話のメール等によって半強制的に集結され、ターゲットのような風
 貌をした者に対して不可解な嫌がらせ工作を連続実施するのが特徴です。一人捕まえて自白させて
 も、次から次へと出現します。

 ネット上で「唾吐きソーカー」と呼ばれている一見いい加減な嫌がらせに見えるこの工作の性質は
 「システム化」されていることがわかってきており、工作員達はシステムを稼動させるための歯車
 の役割になっています。

 集団ストーカーを実施する輩は自己を英雄と思い込み、肯定する者がほとんどです。各都道府県の
 迷惑防止条例(嫌がらせ行為)に抵触することを知っていながら、法的な逃げ道を用意しつつ、計
 画的、常習的にストーカー行為を実施します。宗教工作員は自らをストーカーと思わず、このよう
 な行為(ガスライティング犯罪)を実施すれば心を開眼できると盲目的に信じており、自分達(決
 して「自分」とは表現しない共産主義思想です)の力がいかに強いか誇示する(正当化する)のが
 特徴です。その一方で見かけは貧しそうな風貌であったり、在日系、朝鮮系といった特徴的な顔つ
 きが多く見られる(囲まれる)というパターンになります。決して名乗らず加害を続けるこの工作
 員達は、自らの「所属組織」が否定されることに対して強く疑念を抱くのが特徴で、ターゲットが
 反宗教学会活動に参加したケースでは、加害を強めるという傾向があります。

 ちなみにこれら工作員は、『ターゲットが集団ストーカー工作(もしくは工作員、所属組織)を悪
 い目で見るから、私たちも嫌がらせを実施している』等と主張し、嫌がらせを実施する仕組みです。
 良い目で見ても加害は変わることはなく、「人と相談することによって乗り越えられる」等という
 シナリオでの精神的追い込み工作目的で尾行、洗脳しているにすぎません。

[集団ストーカーに関係する人員]

  ターゲット:集団ストーカーの対象者(被害者)

    首謀者:集団ストーカーの依頼者(加害者)
        自らストーカー行為を実施せず、他人に依頼するのみ。
            ※企業、宗教団体、親子関係が主たる首謀者です。その背景には必ずと言っていいほど、
              会社買収や宗教関係などがあります。

 請負工作員:金銭で集団ストーカー行為の請け負う者。悪質な行動が専門
      ※犯罪加担者・個人探偵・犯罪加担バイトによって構成される。別れさせ屋等。
       (一時受け、二次受け、三次受けも存在する)

  プロ市民:集団ストーカーの実行者で、宗教組織に入信したり実行慣れしてる者
      ※あるカルト系宗教団体に加入していることが多い。表向き金銭は受け取らず、自発的
              に集団ストーカーに参加する(させられる)。

 学生工作員:一般の学生で、(他人から指示されて)加わる実行者
      ※「ある風貌の人がいたら『ABと言え』『CDをしろ』」と指示される。

 企業工作員:一般会社の従業員で、(会社から指示されて)加わる実行者
      ※「ある従業員に対して『ABと言え』『CDをしろ』」と指示される。

 店舗工作員:一般店舗の店員で、(本部から指示されて)加わる実行者
      ※「ある風貌の客が来たら『ABと言え』『CDをしろ』」と指示される。

 近隣工作員:ターゲット近辺の住民で、(首謀者から依頼されて)加わる実行者
      ※「ある風貌の人がいたら『ABと言え』『CDをしろ』」と指示される。

[プロ市民の特徴]

 集団ストーカー工作員は屋外型、特に尾行型の場合、通常の日本国教育を受けた明るく幸せな一般
 市民とは到底異なり、その「空気」が特徴です。服装こそ一般市民と同じですが、一般市民がわざ
 とやる演技とは明らかに質が異なる、「工作員」と呼ぶにはふさわしい方々です。これは人間性と
 してではなく、組織性として判断できます。そんな彼らを「プロ市民」と称します。

 同行為に偶然加担してしまった人員とは違い、明らかに以下のような特徴があります。
  ・顔が暗い
  ・下を向いている
  ・際限なくしつこい
  ・挑発的な罵声
  ・尾行行為をニヤける
  ・カルト宗教的な陰湿性
  ・社会通念上低俗
  ・子供さえ利用する  
  ・睨むと怯える
  ・追いかけると逃げる
  ・無理な高笑いをする
  ・場を作り出そうと試みる
    ・女性の場合、地味なメガネをかけた人

 多くの被害者が証言していますが、必ず複数の工作員で実施するのが特徴です。どんなケースに
 おいても工作員単独で集団ストーカーを実施することは一切ありません。いずれも一人では
 何もできないようなみじめな人員です。集団になると愚かになる日本人の典型的なパターンで、
 臆病者が実施する手法です。※日本人の名前(通名)を持っているが、実は本名は異なるという
 人達の活動が盛んです。いわゆる朝鮮顔と呼ばれる種族の方です。

 これらプロ市民達は、言葉を覚え、自由に話せるようになる4才頃には親から仄めかしするよう強
 制されるため、自らの行為が心から正しいと信じ切っています。そしてマインドコントロールによ
 って、これがコミュニケーションの一手段と認識し、自分達を英雄と思い込んでいます。実際には
 このような手段でしか自分達を表現できない人達、つまりカルトなのです。彼らは小さな嫌がらせ
 をコツコツ実施し、これを積み上げて大きな被害を与えます。嫌がらせが彼らの信仰であり、集団
 ストーカーによって心が開眼したと喜びます。こういう人達を「人間の屑」と呼びます。(人間の
 屑とは単なる侮辱ではなく、宗教用語です。主に集団ストーカーを実施する宗教学会が利用する専
 門用語です)

 一説によると、これら付きまとい活動の費用は非課税の宗教学会収入から排出されていると言われ
 ています。本来納税すべき費用がストーカー行為に支払われる構造です。客を装って偶然に待ち伏
 せしている工作等、宗教工作員が自らの意思で費用を負担していることもあります。

 宗教学会の中にはまともな人もおり、このような行為が誤りであると気付いている人もいます。し
 かし「血の結束」という考え方によって上層部から集団ストーカー行為の参加を強制されるため、
 正当な理由がなくこれを拒んだり、批判したり、不用意に追及したり、脱退したりすると、最悪死
 を意味することがあります。これがカルトの実態です。

 <実被害例(動画)>
  集団ストーカーGang Stalking うざい高校生他
  
  電車内で加担者が「この電車は人が犠牲になって動いている」「たまにうめき声が」などと不審
  なことを言っていた挙句、降車時に妙に意識しながらターゲットを挑発します。撮影を開始する
  と加害をやめるのが特徴です。

[プロ市民による工作の特徴]

 プロ市民による工作の特徴を以下に記します。これが「英雄」の実態で彼らの生態のです。ここか
 ら何を学べばよいのでしょうか。

  1.名乗らず陰でコソコソ加害する生態
    偶然の通行人・客を装い、名乗らずに加害します。

  2.ターゲットから見えないようコソコソ加害する生態
    ターゲットから見えない壁際/別区画等の位置で加害します。

  3.しつこい生態
    同じ工作を千回程度繰り返します。効果がなければ別の工作に移ります。

  4.未成年をも利用する生態
    子供を利用して加害します。これら子供は訓練されています。

  5.深夜・早朝にも尾行する生態
    深夜・早朝まで金魚のフンのように尾行します。

  6.私達の力だ!等と主張する生態
    店舗等の企業はこれらカルト団体の尾行情報を利用して、待ち伏せしているだけです。集団
    でたむろするこの不正な条例違反行為を、自らの力等と表現します。

  7.集団になると強気になる生態
    集団になると強気の加害を実施しますが、一人になると何もしません。

  8.加害に効果がないと残念がる生態
    厭らしい加害を実施し、効果がないと残念がります。そして自らの立場が危ないと判断する
    とすぐ逃げます。

  9.費用をかけたと言い訳する生態
    尾行、待ち伏せを実施しながら、その悪質性、陰湿性を覆い隠す目的で「これだけ費用をか
    けた」等と言い訳しかできない生態。失敗すると同情を得るような場を仕立て上げますが、
    これも定石パターンの「仄めかし」でしか表現しません。

[プロ市民工作員パターン]

 工作員がプロ市民である場合の主なパターンを以下に記載します。

 <パターン1> 途中からバスに乗車する親子
  子供(5歳程度)が走行中のバス社内を走り回り、親に指示されたであろう言葉を仄めかします。
 ※走行中のバスを走り回ることで運転手に注意されるような、馬鹿親子に過ぎません。

 <パターン2> 熟年主婦の井戸端会議
  ターゲット周辺に配置され、ひたすら怪しげな会話を続けます。風潮するような抑揚での会話で、
  単語のみの仄めかしを実施することが特徴。

 <パターン3> 擦れ違い様の若いカップル
  一般カップルは決してしないような、ありえない手の組み方。男女の容姿がアンバランスである
  のも特徴。
 ※幸せなカップルなら二人の世界に入り、仄めかしなど一切しません。
 
 <パターン4> 熟年夫婦
  どこにでも出没するのだが、男性工作員がニヤリと気持ち悪い笑いをするのが特徴。

 <パターン5> 二人組の学生
  二人組の場合は、その手の宗教に加入していると思われる学生。

 <パターン6> 一駅で降りてしまう列車乗客
  ターゲットから目の届かない位置にいる工作員のみが仄めかしを実施し、ターゲット付近の乗客
  は一切仄めかしをしません。(壁を作る)
 ※満員電車(誰が痴漢するのかわからない環境)での痴漢行為と類似しており、誰が仄めかしをす
  るのか解らないような、陰湿性を伴う行動。

 <パターン7> 改札口付近に立っている人達
  改札口に立つ人は多くないが、不自然に立っています。

 <パターン8> 飲食店の客
  誰もいない飲食店に入ると、不自然に客が増えてきます。

 <パターン9> 深夜、早朝の道路にいる人達
  本来人がいないはずの場所に、1画ごとに人が張り付いています。

 <パターン10> ホテル周辺を歩く通行人
  ホテル宿泊して窓の外を見ると、その建物周辺をぐるぐる徘徊する工作員が増えています。

 <パターン11> 不自然な通行人
  早朝・夕方のランニングを装い、ぐるぐると行ったり来たりします。指の先まで手を伸ばしなが
  ら、両手をキビキビと動かして速足で歩く動作の俊敏な方は工作員である可能性が高いです。
  ※素人のランニングとは明らかに異なります。

 <パターン12> 高笑いしたり、声の大きいサラリーマンとの擦れ違い
  意図的に風潮させるような抑揚が特徴です。
 ※普通のサラリーマンは大きな声でしゃべりません。

 <パターン13> ニート
  いかにも自分達は力を持っているというような感じで、町中を粋がって歩きます。
 ※普通の二ートは普通に町を歩きます。

 <パターン14> 綺麗系女性の場合
  紙袋(ブランド品が多い)を持って、町中を無言で歩きます。ただし商品を買ったばかりの袋で
  はなく、少々使い古しになっています。

 <パターン15> 自転車
  ありえないほど周囲に自転車が走るケース。一般人を装っているが、りんりんパトロールという
  組織に所属しているプロ市民です。

[緩衝工作員パターン]

 緩衝工作員とは、ターゲットに対して迷惑行為を実施する目的ではなく、一般人への言い訳工作を
 実施したり、仄めかしによる「場」を仕立て上げたりする上級工作員です。集団ストーカーを自殺
 強要ストーキングであることを覆い隠す目的で配置されます。素早く3回呪文を唱える宗教的な手
 法が確認され、工作員は20代後半の男性が多く、その主な緩衝パターンを以下に記載します。

 <パターン1> 店舗交渉係
  事前に協定を結んでいない店舗に対して工作を依頼する目的で、スーツを着た工作員が来店しま
  す。「この辺では大抵やっている」等と勧誘しますが、自殺強要ストーキングであることは一切
  覆い隠します。

 <パターン2> 「早くx、早くx、早くx」
  xとは、ターゲットにして欲しい何らかの行動を素早く伝えます。3連続で仄めかします。単語
  でしか物を言わないため、ターゲットには伝わらないことが多いです。

 <パターン3> 「言っちゃいけない、言っちゃいけない、言っちゃいけない」
  協力店舗に「ターゲットには言ってはいけない」という仕組みを伝えます。3連続で仄めかしま
  す。

 <パターン4> 「何してるかわかってる、わかってる、わかってる」
  工作がうまくいかないことによって、3連続で仄めかします。

 <パターン5> 女性店舗店員(若い)
  このケースは若い女性の店舗店員ですが、緩衝目的でニコやか(ただし少々嫌味っぽさも含まれ
  る)に笑います。ターゲットが誰で何をしているのか知らないことが多いです。

 <パターン6> 「視点が悪い」等と仄めかす工作員
  仄めかしや仕立て上げ場が、あたかもバーチャルリアリティー(ストーリー)のような世界に引
  き込ませるための、洗脳目的で監視する工作員です。仄めかし例としては、「〜をとれ」「レー
  シック」「コンタクト」「メガネ」というキーワードを素早く3連続で仄めかします。

 <パターン7> 「ちぇっ、ちぇっ、ちぇっ」と舌打ちする工作員
  工作がうまくいかないことによって、舌打ちしたり、下を向いたりする工作員です。「最悪のパ
  ターン」等とつぶやいたりします。単に一人でつぶやくのではなく、工作員仲間と店舗で「同情」
  を引くような場を仕立て上げますが、これも工作の一つです。彼ら工作員はこのような「場」や
  態度を持って感情を表現する事に長けています。

 ターゲットが集団ストーカーを自殺強要ストーキングであると認識すると、協力店舗に対して「タ
 ーゲットに対して良い事」「この(宗教を馬鹿にする)ような目で見ることはいけない事」である
 ことを強調します。そしてターゲット視点が良くない等と大勢で囲い込み責める仕掛けです。効果
 がなければ、<パターン1>へ戻り、加害規模、人数を増加させる仕組みです。緩衝工作員はこの
 システムで動いている歯車になっています。

[加害工作の指令系統(電子メール)]

 プロ市民(大学生工作員)の携帯電話を覗くと以下のようになります。

  電子メール          リンクをクリック(指令書)   携帯画面の例
 ┏━━━━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━━━━━━┓
 ┃(前半略)         ┃ ┃┌──────────┐┃ ┃┌──────────┐┃
 ┃http://...(リンク)  ⇒ ┃│深夜番組のように... │┃ ┃│この画面を見るまでは│┃
 ┃            ┃ ┃│(以下略)      │┃ ┃│(以下略)      │┃
 ┃まだわかっていないようで┃ ┃│          │┃ ┃│          │┃
 ┃すね。         ┃ ┃│          │┃ ┃│          │┃
 ┃            ┃ ┃│          │┃ ┃│          │┃
 ┃これは教え込まないといけ┃ ┃│          │┃ ┃│          │┃
 ┃ないですね。      ┃ ┃│※毛筆文書の写真  │┃ ┃│※長文メールです  │┃
 ┃            ┃ ┃└──────────┘┃ ┃└──────────┘┃
 ┗━━━━━━━━━━━━┛ ┗━━━━━━━━━━━━┛ ┗━━━━━━━━━━━━┛
 
 屋外型工作員(尾行型)の工作指令電子メール(左の画面)の内容は、筆者にまったく理解できま
 せんでした。集団ストーカー加害を実行する目的があることは読み取れましたが、電子メール前半
 の宗教的文書が難解で記憶することができませんでした。おそらく深夜番組のような工作をする目
 的なのでしょう。日本語文語、口語でもなく、おみくじに書かれているような独特の文体です。人
 を洗脳するような効果のある文章です。

 この電子メールのリンクをクリックすると、毛筆手書き文書を写真に収めたものが表示(右の画面)
 されます。何らかの「指令書」と推測され、教祖的存在の人間が書きあげたものと読み取れます。
 本来日本語とは縦書きのはずですが、この毛筆文書は横書きになっています。故に教祖は元来日本
 人ではない人物だと推測されます。

 この画面を見るまでは…等と書かれた理解不能な携帯画面を見ながら工作目的で町を歩いています。
 ターゲットを見失うと、「この辺にいるはずだ」等と携帯電話で仲間と連絡しています。

 彼ら工作員はこんな文章を毎日受け取り、感化されている特殊な集団です。これを読んでいる時の
 彼らは、恍惚の表情を浮かべているのです。彼らは一般市民を装って暮らしていますが実態は「カ
 ルト」そのものです。彼ら宗教学会工作員の意思はこの指令書なのです。彼らはこの怪文書が法律
 よりも正しいと信じています。よって条例違反を平気で繰り返します。筆者は当初、普通の学生が
 尾行していると思っていましたが、これを見た瞬間に二度と集団ストーカーカルトに加担する者と
 は関係を持ちたくないと思うようになりました。

[時間帯のパターン]

 工作員の時間別パターンを以下に記載します。

 <始発時間> 始発駅から某宗教学会系の中年男性が待ち伏せている
         ターゲットが移動した場合、某宗教学会系学生が急行する

 <出勤時間> 某宗教学会系のサラリーマン、OLが列車で待ち伏せている

 <お昼時間> 特亜と呼ばれるアジア系工作員が尾行し、某宗教学会婦人部が待ち伏せる
         昼食の食堂には、某宗教学会系サラリーマン等が待ち伏せる

 <帰宅時間> 某宗教学会系のサラリーマン、OLが周辺で待ち伏せている

 <深夜時間> 某宗教学会系の学生・ニートがターゲット周辺を夜通し徘徊している

 <土曜祝日> 某宗教学会系の工作員が動員される

[一般市民工作員パターン]

 企業や組織団体から依頼された緩衝目的のストーカー(大抵は自分達の行為がストーカーであるこ
 とを認識していない)で、工作員が一般市民である場合のパターンを以下に記載します。プロ市民
 とは違い、明らかに演技が下手なのが特徴です。一般市民が工作員になっても、ターゲットにほと
 んど影響をもたらしません。工作の大半は、パート・アルバイト等の時給労働者によるもので、組
 織上層部は関与しないことが多いです。
 ※集団ストーカー行為が失敗に終わった場合、火消しのために「言い訳ストーカー」を実施します。
  「言い訳ストーカー」におけるパターンはこの章に含みません。

 <パターン1> 鉄道駅改札員
  ターゲットが鉄道改札口を通る際に、怪しげな顔をします。何らかの工作を実施するパターンも
  あります。同じ駅でもする駅員としない駅員がいます。

 <パターン2> 警察官
  ターゲットが警察官のそばに近づくと、怪しげな一言をつぶやきます。

 <パターン3> 一般店舗(飲食店が多い)店員
  何らかの工作を実施します。客(宗教工作員)が多数来店することを知っていますが、何も干渉
  はしません。工作員の態度の悪さ、横暴さに困り果てる事が多いです。

 <パターン4> 飲食店の客
  本来その時間帯にいないような、場に合わない客がいたりすることが多いです。緩衝としての役
  割で、宗教工作員と一緒にターゲットの会話内容を聞くのが目的です。何もしません。

 <パターン5> いやに態度がでかい中年サラリーマン
   吹聴するような仄めかしで、ふてぶてしい態度を取ったりします。

 <パターン6> 多人数の学生
  多人数の場合は、「ある風貌の人がいたら『ABと言って』」と指示された学生。

 <パターン7> パートのおばさん
  唯一、工作が悪質です。これは宗教工作員から悪評(仕立て上げ)を聞かされているからです。

[集団ストーカーを請け負いやすい組織]

 <パターン1> ブラック企業
  2ちゃんねる掲示板の転職板に掲載されている「ブラック企業就職偏差値ランキング」のリスト
  にある企業が協力側(緩衝目的のストーカー)になりやすい組織です。

 <パターン2> 商店街組織(商工会等)
  常習組織です。宗教学会資本が積極的に組織に関与します。

 <パターン3> 地域猫活動グループ
 「地域猫活動グループ」という組織が公園等を周回する工作員になり得るという情報があります。

 <パターン4> NPO活動グループ
  宗教が資本になっているNPO活動グループです。

[集団ストーカーに参加する人、しない人]

 誰がやっているかが問題ではなく、このようなシステム自体に問題があるのですが、一般人に工作
 を依頼する場合、誰が加害者になり得るかが重要になってきます。加害者となる人は、この統合失
 調症メカニズムを知らない人達です。請負団体は参加しやすい人間を見極めるのを熟知しており、
 集団ストーカーの過去の事例を覆い隠して依頼をします。工作依頼の対象は以下のような傾向があ
 ります。

 ※集団ストーカー行為が失敗に終わった場合、火消しのために「言い訳ストーカー」を実施します。
  「言い訳ストーカー」におけるパターンはこの章に含みません。

 [集団ストーカーに参加する人の特徴]
 宗教学会所属家庭、ニート、プチ体育会系男子学生、おいしくない飲食店店主、アルバイト店員、
 ラーメン屋男性店員、スーパー(パートおばさん)店員、ハンバーガーショップ店員、コンビニ男
 性店員、特ア系、役所員(宗教学会員)、郵便局員、警官

 先が見えない生活を送っている人は、積極的に参加します。ニートあがりのような威勢良いラーメ
 ン屋アルバイト店員は特に顕著な例です。女性であれば、年齢が高い人や容姿が美しくない人が積
 極的です。彼らは連携しているわけでなく個別店舗で動いているのですが、どの企業、店舗でもそ
 のような体質なのです。つまり「自分の中に貯めこまれている何らかのストレス」を持っている人
 が、集団ストーカー行為の実行によって「怒りを吐き出している」構造なのです。ハンバーガーシ
 ョップ、特定スーパー、役所、郵便局は加害行為に積極的ですが、これはこの組織体質で、多くの
 被害者から報告が上がっています。特ア系とよばれる人達はアンカリングが主たる手法です。集団
 での存在自体がアンカリングになるため、それほど攻撃的ではありません。ただし彼らが攻撃的に
 なると厄介です。警官は仄めかしに参加するケースがあります。憤慨型の工作員は宗教学会員です。

 [集団ストーカーに参加しない人の特徴]
 仕事の一歩先が見える人、職人、おいしい飲食店主、勤勉な人(がり勉タイプ)、美しい人、素敵
 な人、若いスーパー(アルバイト)店員、コンビニ女性店員、地位の高い人、神社、仏閣、公務員

 参加しない人の特徴は、頭がいい人、やさしい人、遠慮がちな人です。美人と見られる女性で嫌が
 らせをする人は皆無に近いです。そんな行為をしなくとも幸せに生きていけるからです。女性から
 見る「素敵な人」も同様です。コンビニ店員は参加する人としない人が顕著に現われます。結論を
 言うと、「自分の中に貯めこまれている何らかのストレス」を持ってない人は参加しません。企業
 によっては頼まれても会社として実施しない意思をもった組織もあります。その場合は個別店員に
 交渉するのですが、積極的な加害にはなりません。地位の高い人は自分で加害行為を実施せず、部
 下にさせます。神社、仏閣が参加することは稀です。工作員も神社の敷地に入ってくる(尾行)こ
 とはあまりありません。加害者組織が推定できます。公務員が参加することもありますが、その行
 為が社会的問題を有していると認識している人は参加しません。

 [集団ストーカーに参加しない組織の特徴]
 組織内の主任、課長がしっかりしており、宗教学会所属社員を押さえつけることができる組織です。
 組織として「うちではそういうことはしない」と方針を掲げ、従業員に周知、徹底することが鍵と
 なります。宗教学会所属社員は当初文句を言いますが、やがてその環境に慣れると工作はしなくな
 ります。人は環境に依存します。

 [人間失格]
 統合失調症を生み出すメカニズムを「知りながら」、それを従業員に「伝えず」に、集団ストーカ
 ー行為を請負団体に依頼、そして従業員に加害を実施させた会社社長です。この社長は、集団スト
  ーカーでしか「自分達を表現できない」のであって、モビング行為を実施し、会社として守るべき
 の、刑法、民法、条例さえ守れない、人間として、最低の、社会性のない会社です。そしてその行
 為によって退職者が出たら、それは社長失格です。

 [年齢層の違いからくるストーカー加害]
 若い人と中年が一緒に働く職場では、若い人の方がはるかに「賢い」です。例えばスーパーの店員
 の場合、中年(パートおばさん)が積極的に加害行為を実施するのに対し、若い人は一切しません。
 若い人は「そんなことしていいの?」と心配そうに訊きます。人は年を取っていくことがいかに愚
 かであることがわかります。

 [老人のみの組織体制]
 老人のみの組織では、積極的な加害は発生しません。ただし、老人単体が路上で監視することはあ
 り、例えばバス停での待ち伏せが主な工作です。その際の目つきはキツイのが特徴です。

自意識過剰な工作員

 宗教学会に所属する男子学生やニートが主たる原動力となっています。工作員は自らの組織をグル
 ープと呼びますが、他グループ間同士の交流、連携はほとんど存在しません。工作員は確信的な事
 情、状況を知らされずに動いているため、同じような仄めかしが永遠と繰り返されます。ターゲッ
 トが精神的に追い込まれる(洗脳される)のも、事情を知らない工作員の軍団が「同じことを言い
 続ける」仕組みがあるからです。行く先々でターゲットを同じあだ名で呼ぶ等の工作がありますが、
 実は同じ宗教学会組織員でも、ターゲットが誰で何をしているのかという情報を共有していません。
 それぞれ別のグループで単独行動しています。

 名乗らない工作員は「自分達がいかに強い存在であるか」を強調しますが、身分を明かすことは一
 切ありません。まずここでターゲットから見切られることになります。特に同じような丸メガネを
 かけた女性だったり、長細い小顔の若いアルバイトヤンキー店員だったりと、特徴的な顔が共通す
 る(種族と言います)ことで工作員であることが判別できることもあります。風貌・空気から彼ら
 の生活水準は非常に低い特徴があります。通常の生活、教育の中で生きてきたとは思えない非常に
 特殊な集団で、宗教に入信していることが多いのです。ここでターゲットに嫌悪感が生まれます。

 工作員はターゲットに被害を刷り込む目的で、必死に思考への介入工作を実施します。これはBM
 I犯罪と呼ばれますが、一般人工作員にはあたかも漫才、パーティーのように振る舞います。彼ら
 工作員は複数のターゲットに同じことを仕掛けているため、集団ストーカー依存症になっています。
 この習慣が工作員側の自意識過剰を生むのです。そして当然ターゲットが(前の工作員が実施した)
 工作内容を聞いている(認識している)であろうと思い込みます。ターゲットがその連続工作を感
 知しないのなら社会悪であるという場を仕立て上げ、ターゲットの事は何でも知っていると仄めか
 します。

 しかし工作活動の99%はターゲットに伝わることはありません。工作員側は必死に「ターゲット
 は認識しているはずだ」等と伝播させ、一般人工作員にも加害協力してもらったりもしますが、タ
 ーゲットから宗教工作員を見れば、マインドコントロールされた「統合失調症患者」となります。
 ターゲットは関わる意思がないため、工作内容の1%しか知りません。工作員側との間に98%の
 ギャップが生まれます。つまり、ターゲットは「何も知らない」(知る必要もない)のです。

 工作員はそれを覆すような場を仕立て上げたりもしますが、後の祭り、加害者側の一人相撲となる
 ことが多いです。工作員による大半の工作は「無駄な努力」なのですが、この単純な加害を何年も
 繰り返すのです。そして工作が失敗すると「チッ」と舌打ちします。

 例として、以下ような中途半端な文節をもつ仄めかしをターゲットから見えない位置で叫びます。
 「私達が何をしてるのか……」「お前は……」「……だ!」(疎外感をもった場の仕立て上げ)
 人に物を言う時はまず名乗るのが社会の礼儀であり、これができないカルト員の繰り返し工作が、
 集団ストーカーの手法です。工作員は工作実施後「これでわかるはず」と認識します(これが「自
 意識過剰」思想です)。しかしターゲットには理解できません。首謀者側は「ならば解るまでやる」
 等と、テクノロジー犯罪の悪質・陰湿性を取りはらうため洗脳手法(例として大規模型集団ストー
 カー)を使い、ターゲットが人間不信になっている等と「嘘」を伝播させ、いつまで経っても違法
 行為の延長(緩衝、ごまかし工作)をグズグズグズグズと続けるのです。そして更にターゲットか
 らの信用を失います。

[何故執拗に集団ストーカーをするのか]

 実際には本人達にしかわかりませんが、語られている情報を以下に纏めます。
 (協力させられた一般人は除きます)

 ・集団ストーカーによって、信者同士の結束が固まる活動になる。宗教活動/無税による教団強化。

 ・防犯パトロール業としての利権(利益、収益)確保。

 ・集団ストーカーではなく、召集(ストーカー)である。工作員は活動員であって、理由は解らず
  も、ただ単純な指令(工作)を受け、実行しているだけである。ターゲットの受ける被害はその
  組み合わせだけである。

 ・集団ストーカーを実施し、相手(仏敵)を困らすことが宗教教義上の得になると考えられている。

[集団ストーカーの為なら……]

 元々2009年頃までは、長年『他宗教の神社仏閣には入ってはいけない』と言われてきた宗教学
 会入信の集団ストーカー工作員ですが、近年集団ストーカーを大規模化する目的で、神社仏閣にも
 入ってよいという事になったそうです。このように自らの理念をも捻じ曲げるのが特徴です。

[貴方の職場にもいませんか?]

 ・会社に来客したお客様に対して嫌がらせを行う従業員
 ・駅前等で派手な服を着て、奇声を上げたり異常行為を日常的に行う従業員

 これらはカルト宗教に加入している従業員です。組織的に嫌がらせを担当する人間です。