ホーム > 概要の解説 > 首謀者の特徴


概要の解説メニュー

[集団ストーカー首謀者の特徴]

 集団ストーカー首謀者は、事前にこの(リストラ)工作の効果を熟知しており、加害を実行するこ
 とが「有難いこと」であると洗脳する傾向があります。そして工作自体を『自分を写す鏡』と表現
 し、『ターゲットに物を考えさせる試練』であり、「我々はわざわざ工数をかけて、ターゲットに
 『試練を与えてあげた』」と主張し、その違法性、陰湿性を可能な限り削ぎ落とします。

[首謀者のパターン]

 首謀者のパターンを以下に記載します。ここで言う首謀者とは、集団ストーカー工作を依頼した、
 もしくは直接関与した者で、請負側の宗教学会のことでありません。被害者の方から頂く報告では、
 企業の総務課が工作に一枚関与していることを主張されている方が多いです。被害者が何の非もな
 いただの一般社員であるのにも関わらず、企業の不祥事発覚等に組織を一新する等の目的で、一方
 的にこの手法が利用されるケースがあります。集団ストーカーは主として宗教関係者が被害を受け
 てきましたが、1990年頃から一般社員の企業リストラ工作として機能するようになってきまし
 た。

 1.神の声システム
   尾行したり盗聴しなければ分からないことを把握した上で、ターゲットには「決して」告げず、
   一方的に限定的もしくは様々な理由を仕立て上げ(周知させ)て『神になったような気分』で
   実施する傾向があります。
   ※この概念や思想自体が様々な問題を引き起こします。「神」とは名ばかりで、実際には監視
    のことを意味します。出回っているターゲットの悪評等は監視(尾行、待ち伏せ、盗聴等)
    が引き起こした原因であることが多いです。

 2.力の誇示
   首謀者は(他に比べて)自らを『特別な存在』であると考え、力を誇示する傾向があります。
   企業が首謀者の場合、単に『株価を下げさせない』という目的のみでは実施されないことが多
   いです。また実施したことで自分達の社会性意義を主張できるような言い訳を用意しておきま
   す。

 3.常習性
   過去にも集団ストーカーを実施した経験がある組織(集団ストーカー依存症である)がほとん
   どです。そしてその過去の経験を、集団ストーカー自体で挽回しようと考える傾向があります。
   名誉を維持するのに負債を支払う構造です。

 4.嫉妬感
   嫉妬深い、ねっちこい、しつこい、執念深いという性格が見られます。ターゲットになった者
   から決して振り向かれないことも知っていながら、ターゲット視点の低さを指摘するような工
   作を意図的に実施します。

 5.信頼感
   『何故、私たちのことを信じてもらえない』と考える傾向があります。

 6.不条理
   (離反すれば)『世の不条理を教えなければいけない』と考える傾向があります。

 7.自首
   尾行したり盗聴しなければわからない情報を入手しても、決して自首することができない体質
   です。

 8.宗教
   うまくパワハラ“事故処理”する目的で、『特定宗教を利用しよう』と考える傾向があります。
   その宗教を「コンサルタント」と表現し、単なる相談役のような扱いをします。

 9.隠蔽性
   集団ストーカーが自殺強要モビングであったり、社会的問題を有している(迷惑条例違反)こ
   とを知っていながら、不利な情報を制限しつつ、一般人協力者(子供)に工作を依頼する傾向
   があります。また企業内で発生したケースでは、その部門組織を他社へ売却する傾向がありま
   す。責任人事が発令されたとしても、ターゲットには決して告げないまま責任を取ります。

  【手口】
   ・集団ストーカー犯罪(自殺強要モビング等)を実施して多数の退職者を発生した後、わざと
    組織部門を売却させ、世間には会社を売却せざるを得ない状態になったと主張する同情工作。
 
 10.ごまかし、やらせ体質
   言い訳ストーカーを実施して、ごまかす体質があります。

 11.救ってあげた、拾ってあげた
   集団ストーカー終了後、ターゲットを『救ってあげた、拾ってあげた』等という概念を持つこ
   とが多いです。

 12.精神論を重んじる
   朝礼が儀礼的になっている、経営者を事実上神格化する等の体質があります。

 13.自己満足体質
   探偵業者が分析した、首謀者(大企業のケース)の傾向を示します。
   ・大量動員によるしつこい嫌がらせを繰り返すことにどんな利益があるか?
   ・自慰行為的な満足感しか得られないのに、多額の費用を負担する利益があるか?
   名誉を維持するのに負債を支払う構造は、大企業に多いパターンです。「予算を使った」とい
   う実績が大事で、それを言い訳、アピール集団にすることもしばしばです。

 14. 集団ストーカーは正しい
   子供をストーカーにさせるこのシステムを、いつまでも正しいと信じ切り、仄めかしや態度、
   刷り込みでしか自らを表現できません。

[首謀者の責任]

 首謀者の責任について記載します。

 1.刺した瞬間、ごまかそうとしたその瞬間が責任
   集団ストーカーは対象の撲殺システムでもあります。法律で定義されていませんが、精神的な
   殺人犯罪と同じメカニズムになっています。組織内でそれを実行した瞬間(刺した瞬間)がそ
   の責任です。後になって言い訳すれば許されると思っている「勘違い」体質が、いつまでもだ
   らだら集団ストーカーを続ける仕組みになっています。

 2.ブラック定義
   ・法令(労働関連法、派遣法)コンプライアンス無視 
   ・サービス残業や休日返上が当たり前。 
   ・その割に給料が安い、残業代が出ない。 
   ・入社後の離職率が高い。(大量採用、大量退職を繰り返している) 
   ・他人に勧められない。 
   ・体力勝負で数年後にボロボロになってポイ捨てされる。 
   ・病気、倒れる、過労死する、仕事絡みで自殺等が珍しくない。 
   ・給料が上がってくる年齢で突然解雇される。 
   ・労働組合は会社の言いなり。 
   ・社員の吊るし上げ、イジメ、見せしめがよくある。 
   ・親族、友人の冠婚葬祭への出席もままならない。 
   ・社員同士の裏切り(告げ口、チクリ)をさせる。 
   ・会社の諸経費を社員が自腹。(その額が多い) 
   ・理不尽だらけの仕事内容。 
   ・社員を、恐怖感、危機感、不安感で操ろうとする。 
   ・社員は恐怖心で、自由にモノが言えず、オドオドしている。 
   ・金儲けの為なら、当然クビになる社員の不祥事を揉み消す 
   ・突然解雇(労働基準法違反)見せしめ解雇、濡れ衣解雇、悲惨な解雇がある。 
   ・辞めると決めた社員をノイローゼ寸前までいじめて、強制自己都合退職に追い込む。 
   ・辞めた社員の悪口やウソを、残った社員に言う ネットなどで辞めた社員を中傷する。 
   ・「○○に住めなくしてやるぞ!」などの脅し・嫌がらせをすることがある。 
   ・辞めた社員の転職や次の仕事の邪魔・妨害をする。 
   ・辞めた社員に心の傷(トラウマ)が残る。 
   ・労基署や警察署の事情聴取が入る。 
   ・自殺や過労死で遺族に訴えられた過去がある。  

  「ターゲットに問題がある」という言葉、概念、視点を永遠と仄めかし、大勢で洗脳する組織的
  手法なのが特徴です。集団ストーカーは、一度上のような事を実行した上で、何かを考えさせる
  というような言い訳を作り出します。そしてトラウマを改善するために集団ストーカーを実施す
  るのが責任という宗教的思想を持ちます。よく調査してみれば、同じ企業で同じリストラ手法が
  用いられていることがわかります。ターゲットはこの工作に「集団ストーカーメカニズム」が利
  用され、常習性のリストラ工作であることを知ることはありません。

[首謀者の特徴]

 ・法律を守れない
 ・王道を取れない
 ・変にプライドが高い
 ・常習である
 ・自首できない
 ・言い訳、後付け体質
 ・人を呼び寄せるだけの魅力がない

 ・「企業は存続しなければならない」という思想を強く持つ
   ※この思想は集団ストーカー依存症に多い企業です。

[宗教のパターン]

 宗教に関係する集団ストーカーのパターンです。当サイトは宗教と無関係のため詳細は不明ですが、
 良く聞く被害を記載します。宗教と無関係の一般市民が受ける被害は3と4です。

 1. 脱会
   カルト宗教信者が所属宗教を脱会した際、脱会信者を攻撃(脱会防止)する目的で実施します。
   上層部(管理部)の指示と考えられます。例:「あいつを痛めつけてこい」

 2. 宗教対立
   特定カルト宗教と対立する別のカルト宗教信者を、特定カルト宗教側が攻撃(弾圧)する目的
   で実施します。※宗教抗争となり、生命に関わります。

 3. 勧誘
   カルト宗教勧誘を断った一般市民を攻撃(嫌がらせ)する目的で実施します。カルト宗教の勧
   誘は非常にしつこく、一度勧誘対象に(一方的に)選定されると、複数回(5回程度)勧誘さ
   れることも少なくありません。この時利用されるパターンは尾行(つきまとい)と嫌がらせで
   す。そして、『仕組まれたオカルト工作(BMI犯罪の悪用)』によって勧誘対象を委縮させ、
   「特定宗教に入信すれば被害が消える」というパターンです。被害者に女性が多いです。上層
   部の指示ではなく、末端の信者がグループ化して攻撃します。勧誘対象に選ばれた一般市民に
   非はなく、単に勧誘者の友達だった、同じ学校に通っていた、という一般的なパターンです。

 4. 住民トラブル
   カルト宗教信者との住民トラブル。ペットの鳴き声、ゴミ捨て等。逆恨み的な要素です。被害
   者は、相手の住民がカルト信者であることを知る由はありません。

 ※請負側で有名な宗教学会だけでなく、いくつかのカルト宗教がこの手法を利用します。