ホーム > 概要の解説 > 概要


概要の解説メニュー

[集団ストーカーの概要]

  集団ストーカーの手法を紹介します。この事象に遭遇した場合は、「集団ストーカー犯罪」の一行
 為であることを認識してください。他人には奇妙な笑い話にも聞こえますが、日本中至る所で起き
 ている犯罪的行為(自殺強要ストーキング)です。請負側の宗教学会による統一的加害手順で、一
 般人には解らないような形での活動妨害工作になります。住居侵入を含めた破壊型から、ゲーム型、
 ファンタジー型と呼ばれる追跡ゲームのようなパターンまで、システム化された手法です。

[集団ストーカーとは?] (集団ストーカー wiki)

 集団ストーカーとは、「不正行為隠ぺいシステム」の事で、不正を覆い隠す目的で実施されます。
 「今度、ある風貌の人(ターゲット)が来たら『ABと言って』『CDをして』」……あるターゲ
 ットに対して実施するこの連続工作はテクノロジー犯罪(自殺強要ストーキング)と呼ばれる犯罪
 的行為の一部で、通称集団ストーカー犯罪(別名ガスライティング犯罪、企業ストーカー、リスト
 ラストーカー、組織的嫌がらせ、職場ストーカー)と言います。尾行、追跡、待ち伏せ、会話、音
 声、騒音、風評被害等を組み合わせてターゲットを孤立させ、

 監視したり、精神的に追いつめる

 のが目的で、物理的暴力は除いて精神的に参る方法ならどんな手段を用いても、ターゲットに
 まとわりつき、悪質で、意図的に統合失調症を作り出す精神虚弱システムです。これを警察に訴え
 ても捜査さえしてくれず、逆に「精神がおかしい」等と言われて精神病院を紹介(事実上は強制拉
 致送還)される社会システムが構築されています。テクノロジー犯罪首謀者はターゲットに対して
 理由を一切通知せず、テクノロジー犯罪を共同実施(協力)してもらう加害者に対してさえ、その
 歴史、メカニズムを正確に知らせずに実施するこの手法は、

 計上すると被害者数が千人にものぼり、
 軽度のものでは二万人いるとも言われています。

 具体的にはこんな行為が活動の一部です。↓

        ∧_∧,、,        __ 
       <#`Д ((二( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(  ○ 
      /⌒\ / / |   ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄^ ̄ ̄ 
      /  \  / ノ    ..||    おい、ターゲットがマンガ喫茶に行くぞ!
      |    /ー''     ..||   先回りして集ストを仕掛けろ!  
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^\   ..||   しつこく付き纏って精神的に追い込め!
    ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ./||\  マンガ喫茶の店員にターゲットの悪口を言いふらせ! 
 ^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     ネットストーカー班に煽らせろ! 
  ―――――――――――――┬―┘     隣の席にカップル工作員を座らせて
                     イチャイチャさせろ!www 

  他人には奇妙な笑い話のようにも聞こえますが、実施理由はある特定従業員に向けたリストラ等で
 す。従業員が(特に宗教が資本となる企業等の)不正情報を握っていたりすると、それを抹殺する
 目的でこの手法を使います。この手法を利用する企業は「集団ストーカー依存症」と呼ばれる組
 織になっていることが多く、複数回の犯行が確認されています。

 「不正行為隠ぺいシステム」だけでなく、「脱会防止システム」でもあり、加入していた組織(会
 社、宗教等)に不利な情報を持ったまま辞めさせない目的で利用されます。不利な情報を持ったま
 までは「社会の一員ではない」等どでっち上げ、先回り工作による収入妨害等を実施したり、「決
 して本人の言う通りにはならない仕組みを作るのが精神病の治療」等と洗脳行為を実施したりしま
 す。周知されるのは「社会阻害(ターゲットの懐疑心を取る目的)」等と高貴な理由ですが、その
 手法は「本人(ターゲット)には絶対言ってはいけない」等と周知させて、ターゲットを可能な限
 り孤立させ、集団ストーカー加害をあたかもその人物1件のみの事象として処理しようと、あの手
 この手を使って工作します。

 目的の為なら事情を知らない幼い子供や未成年の学生を利用します。加担者の多くは宗教に入信し
 ている者で、ターゲットに対して激しい嫌がらせ(「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等
 の防止に関する条例」(迷惑防止条例)違反に該当する)行為を実施させ、多数の仄めかしによっ
 てターゲットを操り人形のように操作しようとします。そしてターゲットが知らないうちに、ねず
 み講のように加害者を増やしていく仕掛けです。被害者から見れば深刻な事象ですが、加害側から
 見ればお笑い、茶番のような状況を仕立て上げるのも特徴の一つです。高貴な理由とは正反対で、
 やっていることはターゲットの見えない位置からの騒音加害、主語を省いた挑発的な仄めかし、疎
 外感の仕立て上げを何年も繰り返し、「犯罪」であることを一切否定する場を「(大勢でやってい
 るから)作り出さないといけない!(と主張する)」仕組みです。「ターゲットに『そんなはずで
 はない』と思わせる」というカラクリのため、宗教工作員によって(色をつけて)流される理由は
 大抵が限定されたもの、工作用の嘘であることが多く、一見すると単純そうな加害に見える工作、
 流通理由の裏には、非常に複雑な背景、利権、一般人の想像もしないような非常に巧妙な手口等が
 絡んでいることが多く、「有名人撲殺システム」のために有名な方が自殺したり、死因不明な怪死
 がおこる背景になっていることもあります。また近年問題になっている無差別大量殺人を引き起こ
 す要因になっているとも言われていますが、この点が報道上では一切覆い隠されるのが通例です。

 現在日本では労働者の権利が非常に弱く、加担組織は従業員を利用してこのような異常行動加害を
 実施依頼させる仕組みですが、その弱い労働者自身が「偶然に店舗へ来客してきたターゲットが誰
 で、何をしているのか一切把握できないまま」、この自殺強要ストーキングというメカニズムを知
 らず、あたかも「伝言ゲーム」をしているという言い訳をもって、テクノロジー犯罪に加担させら
 れます。これは自殺強要ストーキングであって、伝言ゲームではありません。この構造は労働者自
 身が自分で自分の首を絞めるだけの存在にすぎません。現在テクノロジー犯罪対策のNPOもあり
 ますが、これは「個別の啓蒙」に留まっているに過ぎません。この犯罪手法を公開することによっ
 て、テクノロジー犯罪(集団ストーカー)システム自体が撲滅されることを期待します。

 専門探偵業者によると「大手企業」が依頼することが多く、人間
  として決して学んではいけないカルト洗脳手法になっています。
 この被害を受けても得る物は何もありません。あるとすれば、首謀者とターゲットとの永遠の決別
 であったり、特定宗教に対しての嫌悪感のみです。

 最後に、この手法が原因による裁判中の戸崎さんの言葉を引用させていただきます。
 「たとえ何人で嘘をついても、嘘は結局つじつまがあいません。そのつじつまをあわせようとする
 人々、それから、つじつまがあわずに沈黙する人々を……明らかに出来ればと思います。」
 この「辻褄合わせ」(ごまかし工作)をしなければいけないのがテクノロジー犯罪の実態です。

[集団ストーカー筋書き]

 集団ストーカーの首謀者は、第三者に対して「今度、ある風貌の人(ターゲット)が来たら『
 ABと言って』『CDをして』」と依頼します。頼まれた第三者の方は、ターゲットと出会った
 契機で依頼されたことを実行します。ターゲットと第三者との遭遇は一回限りの出会いであること
 が多いですが、首謀者が複数の第三者に依頼するためターゲットから見ると連続的に見えます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 多くの場合、その筋書き(目的)は以下の通りです。
  1.ターゲットを一人孤立化させ、何があっても否定的な場を見繕う。 
  2.ターゲットに対して姑息な妨害行為を連続的に実施する。 
  3.ターゲットをキレさせるように仕向け、暴力事件を引き起こさせれば目的完了。
  4.効果なければ統合失調症として扱い、周囲からは異常者と見られるようにする。 
  5.仄めかしという洗脳によりターゲットを「救ってあげた」ことにする。 
  6.自らの集団ストーカー行為が、ターゲットのためになると周知できる。 
  7.集団ストーカー犯罪であることを否定する理由を作り出します。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 その精神的被害は甚大で、生命にかかわる問題となります。こんな単純な話、大したことがないと
  思われがちですが、一般人をも巻き込んだ集団ストーカーを実施し、一般人の知らない所でプロ市
  民によるストーカー行為が継続されるわけです。また多くの方は過去から起きているその歴史を一
  切知らないために実施できる手法です。
 (「裁判と事例」のページを参照下さい)

[集団ストーカー場面]

 以下のような場を作り出し、ターゲットを監視します。

 1.歩行時
     各地の工作員が携帯電話等を用いて連携、ターゲットを尾行しながら付きまとい、ターゲット
   がどこを歩いても全く面識のない人達から、すれ違いざまに個人情報ならびにそれに準ずるよ
   うなキーワード、罵り言葉を浴びせるような状況を作り出します。

 2.店内
   各地の工作員が携帯電話等を用いて連携、ターゲットを尾行しながら付きまとい、ターゲット
   がどこの店に入っても、監視したり嫌がらせの騒音を浴びせるような状況を作り出す目的で、
   客を装った工作員を送り込みます。

 3.自動車
   各地の工作員が携帯電話等を用いて連携、ターゲットを尾行しながら付きまとい、ターゲット
   がどこを走っても尾行車がいる状況を作り出します。ターゲットがバックミラーを見ると、い
   つでもニヤニヤ笑うのが確認できるはずです。

 4.公共交通
   各地の工作員が携帯電話等を用いて連携、ターゲットを尾行しながら付きまとい、電車、バス
   等、どれに乗っても全く面識のない乗客を装った工作員から、個人情報ならびにそれに準ずる
   ようなキーワードを浴びせるような状況を作り出します。

 5.学生・生徒
   小、中、高、大学生などに協力してもらい、ターゲット周囲にいる学生、生徒の集団が皆ター
   ゲットの事を知っていたり、携帯電を持ちながら突然大声で笑ったり、お祭り騒ぎのような状
   況を作り出します。

 6.会社
   ターゲットが勤務する会社、子会社、親会社、取引会社に協力してもらい、個人情報ならびに
   それに準ずるようなキーワードを浴びせるような状況を作り出します。

 7.近隣住民
   ターゲット居住地近辺に集団ストーカーのアジトを確保したりして、近隣住民に協力してもら
   い、ターゲット周囲の人々が皆ターゲットの事を知っていたり、ターゲットが帰宅したり出発
   したりする契機で、個人情報ならびにそれに準ずるようなキーワードを浴びせるような状況を
   作り出します。

 8.自宅
      ターゲットが集合住宅に居住する場合、その上下両サイドをアジト化します。そしてターゲッ
   トが自宅で何らかの行動する契機にて、仄めかしをするよう自宅周辺に工作員を徘徊させるほ
   か、監視させるような状況を作り出します。

 9.公園、観光地等
      ターゲットが観光地に出向いた際に、偶然を装った工作員が仄めかしをする目的で各地に工作
   員を配置させます。神社には工作員がほとんど入ってこないとが報告されています。

 10.インターネット
      ターゲットがアクセスしたネットワークに仕掛けをつくる仕組みです。例えば偽被害者と呼ば
   れる同様な被害者が纏わりついたり、偽のHPを作成したりします。掲示板では煽るような挑
   発行為を仕掛けられたり、刷り込まれたりもします。

 これら手法を24時間365日実施することで、ターゲットの精神を混乱状態に陥れます。ターゲ
 ットがキレて暴力事件を起こすか、統合失調症になり精神病院に入院するような状況を仕立てあげ
 ます。

[店舗型被害の概要]

 参考:防犯パトロール悪用の集団ストーカー企業リスト@wiki

 ターゲット(被害者)から見ると、以下のような現象になります。別名企業ストーカーと言います。

  1.近所の@クドナルドに入店すると、店員が怪しげな対応をする
  2.近県の@ブンイレブンに買い物に行くと、店員と客が怪しげな対応をする
  3.近所の@オンに食料品を買いに行くと、店長らしき人が怪しげな言葉を仄めかす
  4.近所の@イソーに雑貨を買いに行くと、店員が乱暴な対応をする
  5.近場の@マダ電気に電気製品を買いに行くと、店員がヒソヒソ話をする
  6.近場の@ックカメラに電気製品を買いに行くと、店員が机を叩きつける
  7.近場の@ンキホーテに雑貨を買いに行くと、店員がヒソヒソ話をする
  8.近場の@トリに家具を買いに行くと、怪しげな店内放送がなされる
  9.たまたま立ち寄った@ックオフに行くと、店員が怪しげな対応をする
  10.日々利用する地下鉄に乗車しようと改札を通ると、改札員の表情がおかしくなる
  11.遠くの郵便局に行くと、事務員が怪しむように宛先を確認する
  12.@マト運輸から荷物が届く際、配達員が怪しげな対応をする

 無知な店舗店員を利用して、「異常行動」を実施するよう依頼する仕組みです。
 
 これまで都市伝説と言われてきましたが、仕掛けは店舗レジ付近に客を装った宗教学会工作員を張
 り込ませ、連絡員として利用する仕組みです。被害地域は日本全国報告されていますが、北海道札
 幌市は数ある都市の中でも、同一店舗が数多くのターゲットに対してノイズキャンペーン、アンカ
 リング行為を実施することで知られています。

 集団ストーカーに協力的な企業というのは存在します。多くの被害者からの報告を読むと、某宗教
 学会の資本が入った(もしくはアルバイト労働者に宗教学会員が多い)企業が主たる加害店舗にな
 り得ます。特に協力的な業界は、商品小売販売業(スーパー、精肉店)、飲食店業、交通運輸業で、
 多くの被害者から常習性があると報告されています。

 なお企業が禁止を通達しても、宗教に入信している労働者が勝手に実施する例も多いです。特に飲
 食組合(配下)による集団ストーカー加害が多く報告されています。牛丼、ラーメン、ファミリー
 レストラン、喫茶店等が多く、宗教学会信者が交代制で一日中張り込む手口が特徴です。商店街等
 では、区画角にある店が工作に関与しやすいです。つまり宗教資本は角に店を構えるのです。

 広範囲被害は「言い訳ストーカー」と呼ばれ、あたかも「伝言ゲーム」をしているという理由を仕
 立て上げ、事情を知らぬアルバイト労働者に工作を依頼しますが、自殺強要ストーキングであるこ
 とをごまかしたり、やらせ工作の目的で実施します。

(被害例)
 集団ストーカーに対する防犯 PART6@防犯・詐欺対策 
  378. 真の被害者 [ sage] 2006/01/15(日) 22:04:15 Y91zUb3DO 
  いったいなんなんですか?これは!@ーソン全店に警戒されてるって何ですか? 
  俺、何もしてないのに。 トゥルーマンショーか?訳が分からないよ。 

 その他、TVを使った仄めかし(ターゲットが見ているであろうTV番組中に、そのターゲットの
 みがわかるようなキーワードを番組中に埋め込む)も報告されています。工作料金は1回100万
 円で、仄めかしを実行した出演者には1回5万円が支払われるという相場になっていると囁かれて
 います(TVについての真偽は不明です)。