コンテンツ一覧

概要の解説
 (仕組みを解説します)

 ・手法の実際
 (手法を解説します)

 ・活動の現実
 (問題点を解説します)

 ・裁判と事例
 (裁判事例とリンク集です)

 ・経緯と感想
 (社会問題定義をします)

 ・初めての方
 (初めての方へ)

 ・FAQ(質問)
 (読者から頂く質問です)

更新情報

2010年12月31日

啓蒙チラシ

チラシ(2011年2月開催)



広告

 え、集団ストーカー犯罪
 って子供を使うんですか?

[集団ストーカー wiki] <企業ストーカー(職場ストーカー)>

 企業パワハラで実施される「企業ストーカー、職場ストーカー」(セクシャルハラスメントは除く)
 とは、実はいい加減に実施しているのではなく、あるシステムに基づいたハラスメント手法(集団
 ストーカー)を行使しています。大きく分けて2通りあり、組織内ストーカーと組織外ストーカー
 に分けられます。

 組織内ストーカー:職場ストーカーと言い、ターゲットが勤務している組織でパワハラが実施され
          ます。※同僚が気に入らない、辞めさせたい。

         【工作例】
          ・特定従業員が組織的に暴言(というより奇声)を吐く
          ・トイレに行った事を逐一報告される(トイレに工作員が張り込んでる)
          ・階段の踊り場に不自然な社員がいる
          ・不自然な来客(来客の異常行動)
          ・従業員の連続退職(と埋め合わせのアルバイト)

 組織外ストーカー:企業ストーカーと言い、ターゲットの外出時(通勤途中、もしくは休日行動過
          程)を含めてパワハラを実施します。ターゲット行動を組織内が把握すること
          もありますが、この工作にカルト宗教団体を利用することもあります。他社に
          工作を頼みこむケースも存在します。従業員が(特に宗教が資本となる企業等
          の)不正情報を握っていたりすると、それを抹殺する目的でこの手法を使いま
          す。
          ※社員が気に入らない、不正情報を持っている社員を辞めさせたい。(会社ぐ
           るみの工作)

 本サイトでは、企業ストーカー、職場ストーカーを含めて「集団ストーカー」と呼び、特に組織外
 ストーカーに重きを置いて手法を解説いたします。

このサイトについて

 このサイトは主に企業のリストラ工作等として使われる、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)被
 害に逢われたという被害者を含めて有志一同から頂いた情報を元に構成されています。たまに聞く
 「仕組まれたオカルト」工作というのは、この「自殺強要ストーキング」のことです。

 「今度、ある風貌の人(ターゲット)が来たら『ABと言って』『CDをして』」……あるターゲ
 ットに対して実施するこの連続工作はテクノロジー犯罪(自殺強要ストーキング)と呼ばれる犯罪
 的行為の一部で、通称集団ストーカー犯罪(別名ガスライティング犯罪、企業ストーカー、リスト
 ラストーカー、組織的嫌がらせ、職場ストーカー)と言います。

 この集団ストーカー(不正行為隠蔽システム)のカラクリ(請負側の商売手法)は、
 まず不正行為等に気付いたターゲットを尾行、盗聴した上で、不正情報と尾行、待ち伏せの悪質性
 を隠蔽するため、これらをターゲットに「決して告げない」まま、尾行、待ち伏せを専門にしてい
 る特殊なカルト工作員の不可解な迷惑防止条例違反行為によって、それらしき諜報活動を実施して
 いる事を刷り込み、ターゲットをパニック状態に陥れます。その後、社会阻害等と主張してターゲ
 ットを「統合失調症」に仕立て上げるなどして隔離、孤立させ、追い詰められた先にあるのは、自
 殺か、精神病院への収容等であると考えさせ、決して信じてもらえない怪現象を「人と粘り強く相
 談することによって乗り越えられる」等という、ターゲット破綻手法です。そしてターゲットがこ
 の工作に疑念を感じるようになると、ターゲットが悪人にすり替わるような理由を探し出し、大勢
 でターゲットを責めて囲い込む工作を実施します。そしていつの間にかターゲットの信用がなくな
 る場を仕立て上げ、ターゲットの持っている疑念(不正情報)が消え去るというのが常習工作パタ
 ーンとなります。このために防犯パトロール所属員や宗教学会工作員、時には事情を知らぬ一般人
 を利用します。協力してもらう工作員による一人一人の加害は些細ですが、ターゲットにとっては
 甚大な自殺強要ストーキングになります。しかしこれらメカニズムを一切説明しないまま、伝言ゲ
 ームをしている等という理由をもって、常習として子供を利用して実施する、悪質かつ反社会的手
 法です。

 工作過程においては、首謀者、請負側組織の一方的な「独り相撲」であることが多く、本HPに記
 載してある様々な仕掛けを知ると「だから何?」という単純パターンとなり、ある一定の加害域ま
 で達すると、加害規模と時間を増やしていくだけの「言い訳、ごまかし、やらせの緩衝工作」とな
 るのも特徴の一つです。ただしターゲットが嫌でも一方的に仕掛けられる自殺強要ストーキングの
 一面も有し、時には自殺者が出ることさえあります。亡くなった人は帰ってこないため、ここで追
 求しても仕方がありませんが、まるで交通事故のように一般市民が一定の割合でこの犯罪に引っか
 かり、自殺することがあるこの不可解な無限ループのカラクリを説明するため、犯罪(悪用)防止
 目的記録として残してあります。

 残念ながら一部に偽被害者と言われるネットストーカー工作員からの嘘情報を提供する者がおり、
 100%完全なる正確性は有しないサイトです。しかしながら加害メカニズムを含めてその原理は
 おおよそ統一されており、自殺強要ストーキングと呼ばれる同犯罪とは何かを理解することには役
 立つと考えております。このサイトは他サイトにあるような個別被害を訴える目的で作られたわけ
 ではありません。宗教の力を利用すれば(洗脳等によって)不正を隠ぺいできるという、ずるい、
 汚い手口を推奨しているわけではありません。このような工作を利用する組織は、自らの力がいか
 に強大であるかを誇示する目的がある他、一切自首ができないという臆病者が取る常習手段である
 というメカニズムを解説しています。

 ちなみに「克服」する必要はまったくなく、このような盗聴、諜報システムが常時稼動されている
 体質に問題があります。加害行為によってターゲットを「ひきこもり状態」にさせ、これを「人と
 のつながり」によって解決できるというのが黄金パターンですが、常習として未成年の子供を利用
 してまで尾行させる工作に対しては、厳しく批判しているHPとなっています。

先回り手口のご注意

 当サイトとコンタクト(アクセス)された方の中で、事前にどなたからから先回り(情報回覧制限)
 された上で、『当サイトは「話を作り上げる」等という目的で作られた制限サイト』であると聞か
 された、という手口があるようです。「証拠を撮らなければいけないから、撮らせる」等というこ
 の先回り手法は、「言い訳ストーカー(トゥルーマンショー被害)」という集団ストーカーの陰湿
 性、違法性(企業犯罪)をそぎ落とす目的の手口で、大手企業が首謀(企業ストーカー)の際によ
 く使われ、何件か報告されています。当サイトは制限サイトでもなければ、話を作るなどという謂
 われも一切ございません。


当HPはリンクフリーです。[Link]
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
無料出会い系 | AKB48 | スイーツ | 無料 | リードメール | 人妻 | お小遣い | シンプルエコ | 空気清浄機 | 鰹 通販 | 風水 |